FC2ブログ







2020年05月27日(水)

魂は、あるか? ~「死ぬこと」についての考察~ 



著者:渡部 昇一
発売日: 2017/9/2

評価〔B-〕 他の宗教も似たような感じなのかな。
キーワード:宗教、魂、パスカル、ウォレス、死後の世界、

そしてこのとき、私は、「ああ、人間には、肉体を超えた何物かがある」と、感じたのです。(序章より抜粋)


魂や死後の世界はどういうものか?は直接論じていません。著者が魂と死後の世界を信じるようになった経緯と理由が、詳細に記されています。話の中心となるのはキリスト教ですが、詳しくなくてもカトリックとプロテスタントという宗派があることは知っている程度の知識で十分読むことができます。

生まれ育った環境やオカルト的な体験が要因になっているのは予想がつきましたけど、パスカルの「賭けの精神」の影響が大きいのは意外でした。このような論理で信仰に目覚めることもあるのですね。この「賭けの精神」は負けることのない賭けと書いてあります。しかし、どうも腑に落ちない気分になり残念ながら感銘しませんでした。

魂を語るうえで進化論に触れた章があります。生物地理学の父、ウォレスは名前も知らなったので興味深く読みました。ここ以外の章でも科学を否定している訳ではなく、科学では説明のつかない大切な部分を繰り返し論じています。

自分の周囲にはあまりいない価値観を知ることができて良かったです。



スポンサーサイト



[ 2020/05/27 22:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2020年05月27日(水)

無能なナナ 6 



著者:るーすぼーい、古屋庵
発売日: 2020/4/11

評価〔A〕 それにしても分厚いです。
キーワード:能力者、学園、サスペンス、アクション

いままでの能力者たちとは違う。(本文より抜粋)


アニメ化決定おめでとうございます。どこまで放送するのでしょうか。できれば2クール(6ヶ月)でじっくり見せてほしいです。

生死をかけた争いの舞台は本土へ。島という限定された空間ではなくなったので今までとは異なるやり取りになるかと思いきや、皆の置かれた状況に大きな変化はありません。

今回のナナの相手は一筋縄ではいきません。ナナの心境の変化もあり、騙しあいは手に汗握ります。圧倒的な能力も派手で良いですが、こうしたやりにくい相手は面白くて好みです。詳しくネタばれにて。

鶴岡の言動を何回も見ていると、話術では論点ずらしが目立ちます。彼の地位や迫力のおかげで話している相手にはそうそう気づかれないのでしょうけど。彼の目的や経歴が明かされる時が来るのでしょうか?



↓ネタばれ
[ 2020/05/27 22:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)