FC2ブログ







2020年05月27日(水)

魂は、あるか? ~「死ぬこと」についての考察~ 



著者:渡部 昇一
発売日: 2017/9/2

評価〔B-〕 他の宗教も似たような感じなのかな。
キーワード:宗教、魂、パスカル、ウォレス、死後の世界、

そしてこのとき、私は、「ああ、人間には、肉体を超えた何物かがある」と、感じたのです。(序章より抜粋)


魂や死後の世界はどういうものか?は直接論じていません。著者が魂と死後の世界を信じるようになった経緯と理由が、詳細に記されています。話の中心となるのはキリスト教ですが、詳しくなくてもカトリックとプロテスタントという宗派があることは知っている程度の知識で十分読むことができます。

生まれ育った環境やオカルト的な体験が要因になっているのは予想がつきましたけど、パスカルの「賭けの精神」の影響が大きいのは意外でした。このような論理で信仰に目覚めることもあるのですね。この「賭けの精神」は負けることのない賭けと書いてあります。しかし、どうも腑に落ちない気分になり残念ながら感銘しませんでした。

魂を語るうえで進化論に触れた章があります。生物地理学の父、ウォレスは名前も知らなったので興味深く読みました。ここ以外の章でも科学を否定している訳ではなく、科学では説明のつかない大切な部分を繰り返し論じています。

自分の周囲にはあまりいない価値観を知ることができて良かったです。



スポンサーサイト



[ 2020/05/27 22:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2020年05月27日(水)

無能なナナ 6 



著者:るーすぼーい、古屋庵
発売日: 2020/4/11

評価〔A〕 それにしても分厚いです。
キーワード:能力者、学園、サスペンス、アクション

いままでの能力者たちとは違う。(本文より抜粋)


アニメ化決定おめでとうございます。どこまで放送するのでしょうか。できれば2クール(6ヶ月)でじっくり見せてほしいです。

生死をかけた争いの舞台は本土へ。島という限定された空間ではなくなったので今までとは異なるやり取りになるかと思いきや、皆の置かれた状況に大きな変化はありません。

今回のナナの相手は一筋縄ではいきません。ナナの心境の変化もあり、騙しあいは手に汗握ります。圧倒的な能力も派手で良いですが、こうしたやりにくい相手は面白くて好みです。詳しくネタばれにて。

鶴岡の言動を何回も見ていると、話術では論点ずらしが目立ちます。彼の地位や迫力のおかげで話している相手にはそうそう気づかれないのでしょうけど。彼の目的や経歴が明かされる時が来るのでしょうか?



↓ネタばれ
[ 2020/05/27 22:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年05月22日(金)

ルポ 人は科学が苦手 アメリカ「科学不信」の現場から 



著者:三井 誠
発売日: 2019/5/21

評価〔B+〕 実物大のノアの方舟があるとは驚き。
キーワード:科学、宗教、政治、論理的、アメリカ、

温暖化を疑う姿勢は、その人の「知識のあるなし」に由来するのではなく、その人の「思い」から生まれているのだ。(第1章より抜粋)


科学分野でのアメリカといえば、NASAなどを見ても明らかなように世界の最先端を走っているイメージがあります。しかし、進化論を否定し人工妊娠中絶を許さない、科学よりも宗教を重んじる人々が少なくないというニュースも時々耳にします。また、科学に対する不信も深まっているそうです。なぜ科学を信じないのか、科学を専門とする記者が全米各地で生の声を聞いたノンフィクションです。

知識がないから科学者の研究結果を信じないと考えるのは著者も指摘していたように間違いで、結局人は見たいものを見て信じたいものを信じるということなのでしょう。私もネットで自分の反対意見の記事を読もうとはあまり思いません。本書ではその理由として宗教と政治に注目しています。宗教と科学が反発するのは分かります。政治とも合わないことがあるのは驚きでした。政治、政治と言っていますけど、正確には経済的な理由や反エリート主義だと思います。

問題点の列挙だけでなく、科学者たちの反科学に対する取り組みまで調べているのは良かったです。ただ知識を伝えるのではなく、アリストテレスの論理・信頼・共感の3要素をおろそかにせず相手に伝えることが大切なのは賛成です。話はよく分からないけれどあの人の言うことなら信じよう、なんてことは珍しくないですからね。

アメリカの取材だけで『人は科学が苦手』と言えるのかは疑問ですが、反科学の人々を理解するのに有益です。



[ 2020/05/22 20:52 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年05月22日(金)

もっと言ってはいけない 



著者:橘 玲
発売日: 2019/1/17

評価〔A〕 問題点を間違わないように。
キーワード:社会学、遺伝学、先天的、進化、脳科学、

もしひとびとの素朴な常識が正しいなら、成長につれて一卵性双生児の類似性は下がっていくはずだが、実際には逆に高まっていくのだ。(2、一般知能と人種差別より抜粋)


受け入れがたい冷酷な真実を数々の実験やデータから明らかにしています。本書は前作「言ってはいけない」の続編ですが、こちらだけ読んでも理解できます。ただ、本書のほうが知能と遺伝と進化に絞って前作よりも論じる範囲を狭めているので、少し読む人を選ぶかもしれません。

タブーとされる知能や人種間の違いについても遠慮せずに書いているのが特徴です。読みながらツイッターなどで発言したら大いに話題になりそうな意見が多かったです。データに基づく結論は刺激的で説得力のあるものでした。著者の個人的な意見に対しては自分の意見とは違うなと思うことが時々ありましたが。

引用した上記の「知能に及ぼす遺伝の影響は年齢とともに増加」をはじめ、「同性愛が残った理由」「遺伝子から分かったサピエンスの移動」「アメリカで成功している高知能集団」「東アジア人は幼形成熟説」など興味深いものが多く読みごたえがありました。同性愛の項目では、男性の同性愛者は一見子孫を残すのに役に立っていないようにみえるけれど、彼らは男性を引き付ける魅力があり彼らの女性の血縁者も同様に男性に対して性的魅力を持つので、結果として自分に近い遺伝子を残す機会に恵まれると説明していて疑問は残りますが面白かったです。

また3章にある、犬種の違いを論じても差別ではないのに人種の違いについては否定される、は斬新で新鮮な意見でした。反発する人は出てくるでしょう。しかし研究は進んでいて、遺伝的には東アジア人とヨーロッパ人の差よりもタンザニア北部の人と西アフリカの人の差のほうが大きいことが明らかになっています。アフリカ内でそれだけ差があるなら一言で黒人と呼ぶには大雑把過ぎます。集団の特性を論じるべきか、論じるならどこで集団を区切るのか。難しいですね。

研究や実験によって自分には不愉快な結論が導かれても認めるのが公平であると考えます。問題をタブーとせず、何がダメなのかどこが不公平なのかを議論していく姿勢が大切なのではないでしょうか。



[ 2020/05/22 20:50 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年05月09日(土)

神様ドォルズ 12 〔完〕 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2013/4/19

評価〔B+〕 予想以上にスパッと終わりました。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「決着は、つけなくちゃならない。」(本文より抜粋)


最終巻らしく案山子が派手に暴れまわります。概ね予想通り戦っていて、初めからこれで決着つければすぐ終わりそうだと思ってしまうくらいの勢いでした。2人の対決を遠くから眺める紫音の感想が、なんか場違いのようだけど合っていて理解できます。

あの人物の「それなりに満足」「ザマミロだ」という台詞が印象に残りました。

村に帰ってきた後、あれだけ人を多く出したのにも関わらずみんな深く掘り下げられることもなく終わってしまったのは残念です。もう2、3巻あったら、他の隻たちの日常や事件も描かれ印象も変わったことでしょう。

最終話(72話)の冒頭に起きた出来事は意外でした。すんなり終わりそうだっただけに。でもまあ、あやふやでなくきちんと幕は下りたので良かったのではないでしょうか。



[ 2020/05/09 11:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年05月09日(土)

神様ドォルズ 11 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2012/9/19

評価〔B-〕 あれの変形が確かに分かりづらい。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「一息つくヒマはないぜ?」(本文より抜粋)


ようやくというかついに阿幾が物語の中心へ戻ってきます。出番が少ないし存在感があまりないなと心配していたので、安心しました。案山子に関することを全て明らかにしてから、改めて匡平と阿幾の個人的な関係へと帰結するのは良かったです。ただ、もう少し阿幾について語ってほしかったかな。

桁外れの力を持つ案山子との戦闘もそうですが、盛り上がる場面でどこか盛り上がりきっていない気がするのが残念です。個人的な感覚なので読む人によっては面白かったとなりそうですが、私としては少々不完全燃焼に見えました。うまく言葉にできません。

この2人の決着は大いに盛り上げて、綺麗に終わってもらいたいです。



[ 2020/05/09 11:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年05月05日(火)

ナナマルサンバツ 17 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2019/3/4

評価〔B〕 前の巻のほうが盛り上がっていたかな。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「『最高に面白い『遊び』の真剣勝負をしようやないか!』」(本文より抜粋)


全国トップレベルの選手たちが次々と正解する様は圧巻です。問題文のかなり最初のほうでボタンを押していて、そこでも答えが分かるものもありましたが、実際に正解するのは相当難しいでしょう。知識と反射神経のどちらも必要です。

2組の最後の問題は、背景に書かれているように既に1巻で一度出ています。最初読んだときは気づきませんでした。後から気づいて驚き、なんかしみじみとしてしまいました。

話を進めるために次々と敗退するチームがでてくるのが惜しいです。もう少し活躍が見たかったところもあっただけに残念です。テンポの良さを重視しているのかもしれませんね。

今回も巻末クイズを解いてみたけれど、50問中は13問しか正解できませんでした。苦手なジャンルとは言え、もう少し点を取りたかったです。クイズガチ勢はこういうのを楽々正解しそうだからすごい。


[ 2020/05/05 16:38 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年05月05日(火)

「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術 



著者:宮竹貴久
発売日: 2014/3/20

評価〔B+〕 あの手この手で生き延びています。
キーワード:進化生物学、処世術、

状況が変わるのか、変わらないのか、そのときどきの環境に合わせた「変化」と「選択」が求められるのだ。(第2章より抜粋)


昆虫を始めとして様々な生き物の生態や行動から、現代社会を生き残る技を学びます。主に自分より力の強い者や立場が上の者に対してどうすれば生き延びていけるのか、その手法(対捕食者戦略)を考察しています。

題名や裏表紙からは処世術の本のように見えますが、実際は生物の生態の紹介が大部分なので、実用にはあまり向かないと感じました。しかし、生物の本としてみると興味深く、弱者には弱者の生き方があるのだなと感心しました。先送りにも触れていますが分量はそれほど多くありません。変容、擬態、寄生と多種多様な生態に触れています。

著者の専門である死んだふりは何の役に立つのかピンとこなかったのですが、敵が動くものに先に反応するという詳細を知ってかなり面白かったです。会議で指名されないように上司と目を合わせないあれと同じだと説いていて分かりやすかったです。授業の先生の指名も一緒ですね。また、食物連鎖の考え方よりも新しいフードウェブ(食物網)や、托卵で有名なカッコウ戦略も騙される側も変わりつつあるのも興味深かったです。

子孫を残せば満点といった進化生物学の視点は、競争社会の上昇志向とは異なり多少違和感がありますが理解できます。一見後ろ向きにも思えるこうした戦略は、人間の社会でも有効なのかもしれません。



[ 2020/05/05 16:35 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2020年05月05日(火)

2020年4月の読書メモ 

白熱日本酒教室 3 〔完〕〔B+〕
神様ドォルズ 9〔C+〕
さあ、地獄へ堕ちよう  (角川文庫)〔C-〕
予想どおりに不合理〔S-〕
ざつ旅-That's Journey- 2〔B+〕

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 8〔B〕
ファンタジスタドール イヴ〔B+〕
神様ドォルズ 10〔B-〕
見晴らしのいい密室〔C+〕


以上、9冊でした。活字の本も読みましたが漫画のほうが1冊多かったです。全体的に悪くない印象でしたけど「予想どおりに不合理」を除くとCが多いですね。

「予想どおりに不合理」は久しぶりに出たSです。A+と迷いましたが思い切ってS-にしました。どこからSなのか自分でもよく分かっていません。満足度かな。だいたいの感覚でつけています。

「見晴らしのいい密室」も迷いました。こちらは満足した短編よりもそうでなかったもののほうが多かったので、迷った結果Cとなりました。個々の評価はまた別です。例えば「忘却の侵略」だけだったらAです。




[ 2020/05/05 16:33 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)