FC2ブログ







2020年04月29日(水)

見晴らしのいい密室 



著者:小林 泰三
発売日: 2013/3/22

評価〔C+〕 合うのと合わないものの差が大きい。
キーワード:SF、短編集、時間旅行、仮想空間、

「やはり敵は目に見えない侵略者なんですか?」(忘却の侵略より抜粋)


表題作をはじめ、全部で7つの短編からなる短編集です。本書は注意点があります。著者の既刊「目を擦る女」の3編を他の3編と入れ替えたものなので、「目を擦る女」を既読の方はその点を考慮して読んでください。

分かりやすい物語よりも思考実験のようなややこしい論理の物語のほうが多いです。軸となるアイディアはなかなか面白くて、短編ではなく長編で読んでみたいものもありました。「忘却の侵略」は分かりやすくてオチも好みです。「予め決定されている明日」の世界設定もよく考えつくなあと感心してしまいます。

また、よくあるSFに限らずサスペンスホラーやミステリもあり、幅広い意味でSFと呼べそうなものを詰め込んだのかもしれません。重々しいものやライトノベルのように軽いものもあり、読者はどれかしらは好みのものがありそうです。

「探偵助手」は挿絵がQRコードになっていますので、何か読み込める機器を用意して読んでください。他の人の書評を見るまでQRコードなしでも理解できると思っていましたが、最後のオチがそれでないと読めないので必須でした。

アイディアは良いのですが論理が分かりづらく、読み返すことが多々ありました。結末がすっきりしないものもあり、全体的にそれほど好みではなかったかな。部分的には好きなところはありますけど。後でまた読んだら感想が変わりそうな本です。



スポンサーサイト



[ 2020/04/29 20:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年04月25日(土)

神様ドォルズ 10 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2012/3/19

評価〔B-〕 人が多くない?
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「桐生!! 今、お姉ちゃんが助けてあげる!!」(本文より抜粋)


強大な敵との戦闘が続きます。クライマックスのはずなのですが色々な人物が交代で登場し場面が切り替わるので、盛り上がるところで盛り上がりきらなっていない感じがします。

某が聞きたかった阿幾と匡平の過去の会話が良かったです。阿幾の内面を垣間見ることができて興味深いです。主人公の一人としてもっと物語の中心で目立ってほしいです。

前々から気になっていた案山子の戦闘が分かりづらいのは、アップになるとどの案山子がどれなのか判別しにくいからなのかもしれません。パッとすぐ分かるのは玖吼理と宇輪砲くらいかなあ。

どのような結末になるのか。



[ 2020/04/25 20:50 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月25日(土)

ファンタジスタドール イヴ 



著者:野崎まど
発売日: 2013/9/20

評価〔B+〕 こういうのも書くんですね。
キーワード:近未来、SF、

そうして溜まった欲求は、捌け口を求めて、私を少し病的なまでに、サイエンスの思考へと向かわせた。(第三の力より抜粋)


一人の科学者がどのように育ち、どのように科学の道へと進んでいくのかを一人称で描く近未来の物語。アニメ「ファンタジスタドール」の前日譚です。

まずアニメ本編を見ていなくても、本書だけでも十分楽しめます。ただし、未来の技術や世界を扱いながらも主人公・大兄(おおえ)の個人的な欲望とともに語るので、好き嫌いがはっきり分かれそうです。SFの部分だけ取り出せばよくありそうですけど、彼の心情の揺れが苛烈で印象に残ります。

あとがきという名のエピローグでご婦人が最後に言った言葉を見た瞬間、やはりそうだよなと腑に落ちました。なんかモヤモヤとした感覚を抱えつつ読んでいた気分をしっかり言語化してくれてすっきりしました。

読後、ちょっと興味があったのでアニメを調べてみたら可愛らしい雰囲気で、本書の堅苦しい感じは全然なくて驚きました。



[ 2020/04/25 20:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年04月18日(土)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 8 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2020/2/28

評価〔B〕 珍しく調理に苦戦。
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「口に入れていいか味見して確かめてみます」(43食めより抜粋)


本シリーズを読んでいると、彼女たちが何に挑戦してもそれほど驚かなくなりました。興味は食べられるかどうかよりも美味しいのかどうかのほうに移ってきている気がします。

印象的だったのはよく見るある食材でのジャム作りです。意外というか当然というべきか、調理するのが難しいみたいです。昔の人ってあのように試行錯誤して食べられる形にしていったのではないでしょうか。あくなき好奇心、もしくは食欲です。

これからも味の感想は正直に書き続けてもらいたいです。



[ 2020/04/18 15:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月18日(土)

ざつ旅-That's Journey- 2 



著者:石坂 ケンタ
発売日: 2020/2/10

評価〔B+〕 師匠の友人、個性強い。
キーワード:旅、無計画旅行、漫画家、

視点が増えたのかも。みんなと旅することで・・・。(本文より抜粋)


旅の行き先をSNSで決めるちかの緩い旅。同行者に最終目的地を決めてもらうなど、ところどころ計画的にはなりますが基本的には変わりません。新たな登場人物も出てにぎやかになってきました。

きっかけは一人旅でしたが、だんだん友人や知人と行く旅が増えてきました。もう一人旅はしないのかなと気がかりでしたが、2巻でもしていて安心しました。色々な旅を見せてほしいです。

意外だったのは終盤の第9旅です。あれは安くないのであまり興味なかったけれど、なんだか予想以上に快適そうで試してみたくなりました。覚えておこう。



[ 2020/04/18 15:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月14日(火)

予想どおりに不合理:行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 



著者:ダン アリエリー , Dan Ariely他
発売日: 2013/8/23

評価〔S-〕 先延ばしの章は耳が痛かったです。
キーワード:行動経済学、選択、決断、無料、買い物、

ふたつの品物からひとつを選ぶとき、わたしたちは無料のほうに過剰に反応してしまうことが少なくない。(3章より抜粋)


合理的もしくは論理的に動いているつもりでも、人間は不合理に行動していることがある、というのが本書の核です。その不合理の規則性を知ることで好ましくない癖を取り除ける可能性があり、よりよい人生よりよい社会へを得ることができます。

著者の専門は行動経済学です。判断・意思決定科学ともいうと序盤に書かれていて、私としてはこちらのほうがしっくりきますが、本書の中では行動経済学で統一されています。

何かを選択する時に、選択肢からの決断に至るまでの思考の流れを考察しています。自分では合理的と思っていても指摘されると不合理だと気づくので不思議です。実体験と照らし合わせても自分も同じ選択をしそうで、納得のいくものが多かったです。例えば、大きく値引きした商品と小さな値引きで無料になった商品なら後者を選んでしまうなどです。合理的に考えるならば前者のほうが得なのですが、後者のほうが魅力的に見えます。興味深いですね。

行動経済学なのでお金に関することを扱っています。しかし、それだけではなくプレゼントを受け取ったときの反応や所有物を合理的に鑑定できない理由など日常的な意思決定にも触れていて、親近感のある話題も取り上げられていて興味を引きます。時には個人的な買い物について、時には社会的なジレンマや問題点と、幅広く応用のきく内容が挙げられていて知的好奇心を満たしてくれます。その個性的な研究はイグ・ノーベル賞を取るほどです。「医師の出す偽薬は高い価格のほうが効果が高い」がこの人の研究だったとは驚きと同時に納得です。

また、不信や不正など社会的に影響の大きい決断の研究も、無料などの個人的な研究同様に興味深いものでした。特に、あまり違いがないだろうと考えていた不正行為と現金と現金引換券の実験は意外な結果になり、権力者や富裕層の陥りやすい不正の構造が理解できました。

不合理にならない対策もいくつか書かれています。2章のアンカリングの罠に陥らない方法では、前の知識は捨て今の相場を調べることを以前から自分で行っていてちょっと驚きました。どの意思決定にも共通するのは、一番の対策はこの不合理を意識して買い物や決断をすることです。知っていれば間違えません。

教授の知的好奇心を満たすために何度も実験対象となったMITやハーバードの学生たちがなんか面白いです。彼ら彼女らは実験に参加してお得な買い物だったとしか思っていないかもしれませんけど。楽しそうに研究していていいなあ。著者の今後の研究に期待しています。

最後になりますが翻訳本にある読みにくさがないのも良かったです。他のハヤカワ・ノンフィクション文庫で感じた冗長さや持って回った言い方がなかったと思います。著者は読みやすい文章を心掛けていたようですし、訳者の能力の高さのおかげかもしれませんね。



[ 2020/04/14 23:39 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年04月14日(火)

さあ、地獄へ堕ちよう  (角川文庫) 



著者:菅原 和也
発売日: 2014/8/23

評価〔C-〕 いろんな趣味嗜好、価値観があるものです。
キーワード:サスペンス、ホラー、青春、嗜好、

真っ黒な壁紙に、ゴシック体の白い文字で、それだけが書かれていた。他には何もない。無機質すぎるホームページ。(本文より抜粋)


SMバーに勤める主人公のミチは偶然とある裏のサイトの存在を知ります。同時期に周囲で衝撃的な事件が起き、彼女はその謎を解くためにサイトを調べ始める暗黒青春ミステリです。第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作。文庫化。

ミチの職場のSMバーの様子から始まり、見慣れない世界や人々が次々に描写されていきます。共通するのはどこに行っても不気味で異様な痛々しいものであること。文章だからか色々と痛そうな場面を想像してしまい、細かい記述を読むのが嫌になることもありました。グロテスクなものが嫌いな人はダメでしょう。しかし、ただ痛そうで終わるのではなく、そのような文化について細かい説明や彼らの意見も書かれていて、その点では興味深い内容でした。

ミステリと分類されていますけど、推理というよりはサスペンスやホラーと表現したほうが適していると感じました。意外な真実や伏線を回収する場面もあり推理といえば推理なのでしょうが、その部分はあまり面白くありませんでした。推理ものを求めて手に取ったので不満が残ります。

裏表紙の説明が暗黒青春ミステリではなく暗黒青春小説でしたら、期待するものと内容が合っていてもう少し満足できたのかもしれません。



[ 2020/04/14 23:36 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年04月02日(木)

神様ドォルズ 9 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2011/7/19

評価〔C+〕 ここにきて人が多くなったなあ。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「何はともあれ、事態の把握と収拾が現在の緊急の命題だ。」(本文より抜粋)


皆が空守村へと集まり、ここで様々な因縁や関係に決着がつきそうです。

案山子の戦闘は盛り上がるところなのでしょうが、どうも分かりづらく迫力にかけます。アニメで見たときはそうは感じなかったので漫画で表現するのが難しいということでしょうか。戦闘以外の恋愛や復讐も今一つ派手に盛り上がらないのが残念です。

村の有力者たちが多数登場して混乱すると思います。表紙カバー裏には枸雅家と日向家の家系図が書かれているのでこちらで確認しながら読むと理解しやすくなります。もっと複雑なのかと思いきや意外と狭い世界でした。

大決戦や大事件が起きそうでなかなか起きないのが本シリーズ。はたしてクライマックスはどのようになるのか。



[ 2020/04/02 20:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月02日(木)

白熱日本酒教室 3 〔完〕 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/10/12

評価〔B+〕 巻末おまけまんがも良かったです。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「全体的に温度が高いと甘味や旨味を強く感じるんですね」(本文より抜粋)


前の2冊ではお酒の種類や作り方を見てきました。今回、この最終巻ではお酒の飲み方や買い方、保管の仕方まで説明しています。

日本酒度など知っていると便利な言葉から、どの料理とどのお酒が合うのか実践的なものまで今までどおり丁寧に解説してあります。このシリーズは専門的なことも平易に書かれているのが良いです。13時間目の買う時の味の目安は便利です。ここを読むだけでも日本酒を選ぶ基準ができて選びやすくなりそう。

同じお酒でも温度によって味が変わるのは本当に興味深いです。個人的には冷や(常温)や冷酒が好みなのですが、著者は燗酒を強く勧めています。そこまでお勧めなら今度温めて飲んでみようかな。

新書版を既読なので復習を兼ねて読みました。忘れかけていた知識が多々あり勉強になりました。新書も漫画もどちらも良いのですが、活字を読むのが苦手な方はこちらの漫画版をちょっと読んでみると日本酒にはまるかもしれません。




[ 2020/04/02 20:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月02日(木)

2020年3月の読書メモ 

ざつ旅-That's Journey- 1〔B+〕
白熱日本酒教室 2〔B+〕
神様ドォルズ 8〔B-〕
直感はわりと正しい 内田樹の大市民講座〔C〕
家守 (角川文庫)〔B+〕

家裁調査官は見た  ―家族のしがらみ―〔B〕
コンシェルジュ インペリアル 7 〔完〕〔A-〕
捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書〔B〕


以上、8冊でした。小説も新書も読んだのでだいたい予定通りの読書で満足です。あともう少し数が読めれば。

コンシェルジュ インペリアルを最後まで読了しました。現実に即したお仕事漫画で、派手さはありませんが視野を広げるにはとても良かったです。シリーズ全体としてもA-くらいです。



[ 2020/04/02 20:40 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)