FC2ブログ







2020年03月14日(土)

直感はわりと正しい 内田樹の大市民講座 



著者:内田 樹
発売日: 2017/7/7

評価〔C〕 大きなテーマが多いです。
キーワード:エッセイ、教育、メディア、政治、国際、

おっしゃるとおり、煙草は体に悪い。だが、アルコールもジャンクフードも体に悪いことには変わりはないだろう。(第6講より抜粋)


雑誌に連載されていた900字のコラムを採録したエッセイです。題材は仕事論から政治論まで幅広く取りあげています。

あとがきにあるとおり、冒頭のテーマからは読者が予想しない終わり方をしないように捻って書かれているのが良いです。嫌いなものがはっきりしているので分かりやすいし一貫性があります。また、政治などでは近未来の予測を具体的に書いていて面白い試みだと思いました。自分に先見の明があるのか分かるし、その時の感情までよみがえってきそうで興味深いです。

このようなエッセイでは自分にない物の見方や考え方を少しだけ求めながら読むのですが、残念ながら共感や感心よりも異議や不賛成、もしくは違和感のほうが多かったです。それに、他のエッセイよりも違う気がするんだけどと思う回数が多かったです。読んでいてお金に苦労したころがなさそうと思ってしまいました。

異なる意見の人の言い分や価値観を知ることができたのは良かったです。



スポンサーサイト



[ 2020/03/14 21:57 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2020年03月14日(土)

神様ドォルズ 8 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2011/2/18

評価〔B-〕 阿幾の存在感が薄いのが残念。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「このまま進む以外、道はないだろう?」(本文より抜粋)


ようやく最終地点が見えてきたような気がします。

玖吼理の隻である詩緒が主役のように見えますが、阿幾が心情を吐露する場面を見てこの物語の中心は匡平と阿幾なのだなと改めて思いました。その割には阿幾の出番が少なめなのがなあ・・・・・・。終盤は彼が中心となるのでしょうか。

何が悪いというわけでもないのに、いまいち盛り上がっていないように感じます。なぜだろう? 寄り道が多かったのか、登場人物が多かったのか。次からはアクションシーンが増えそうです。



[ 2020/03/14 21:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)