FC2ブログ







2020年03月04日(水)

白熱日本酒教室 2 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/3/10

評価〔B+〕 好きな味を探すのに役立ちそう。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「とにかく数が正義!」(5時間目より抜粋)


2巻では日本酒がどのように造られているのかを紹介しています。麹(こうじ)や仕込みなど聞いたことはあるけれどよく分からないといったことが分かりやすく説明されています。テレビなどで見かける大きなタンクの中を棒で突いている(櫂入れ)理由もわかります。

酵母、乳酸菌、発酵など言葉だけでは分かりづらいところも漫画だと分かりやすいです。生酛や山廃は新書版のほうをよんでもいまいちピンとこなかったので詳しく書かれていて良かったです。忘れたら6時間目のまとめを見れば大丈夫。あまり聞きなれない貴醸酒やしぼり方のヤブタ式などにも触れています。日本酒は本当に奥が深いですね。

一時話題となったとっくりを使ったお酒の注ぎ方についても触れています。著者の意見に賛成です。



スポンサーサイト



[ 2020/03/04 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月04日(水)

ざつ旅-That's Journey- 1 



著者:石坂 ケンタ
発売日: 2019/9/27

評価〔B+〕 実際にツイッターやってるよ。
キーワード:旅、無計画旅行、漫画家、

「本当にでたんだ・・・旅に・・・」(本文より抜粋)


アイデアにつまった漫画家の卵・鈴ヶ森ちかが、思いつきで当てのない旅に出かけます。

旅行ものといえば各地の名物料理や観光地を訪れ紹介するものですが、本書はその題名の通り無計画で雑で緩い旅です。読者に何かを紹介するのが目的ではなく、ちかの気晴らしのほうに重点が置かれている感じです。特に大事件が起きることもなく、ちょっとだけ日常から離れた雰囲気を描いています。

私は旅に出るときは目的をはっきりと決めてから出発するので、彼女を見ていると行き当たりばったりの旅行の魅力的です。お金と時間があればそういう旅も良さそうです。ただ、彼女の行き先の決め方は思い切っていて真似するには躊躇してしまいます。

絵は正直うまくはないと思いますけど、それを補う何かがあります。のめり込むほどではないにしろ、もう何回も繰り返し読んでいます。もうちょっと本が厚ければなあ。



[ 2020/03/04 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月04日(水)

2020年2月の読書メモ 

あなたの罪を数えましょう〔B+〕
白熱日本酒教室 1〔B〕
神様ドォルズ 5〔B-〕
コンシェルジュ インペリアル 6〔B〕
ゆるす力〔B〕

神様ドォルズ 6〔B+〕
オカルトトリック〔B+〕
神様ドォルズ 7〔B〕
オカルトトリック Smoke And Mirrors〔B〕


以上、9冊でした。2月も漫画が多めでした。神様ドォルズばかり読んでいる気がします。やはりもう少し創作物以外のものも読んでおきたいです。

オカルトトリックがライトノベルで、オカルトトリック Smoke And Mirrorsが小説となっているのは、あとがきに後者はライトノベルではないと明記されているからです。ラノベの次に近い小説に分類しました。




[ 2020/03/04 21:29 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)