FC2ブログ







2020年03月27日(金)

捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書 (講談社文庫)  



著者:加藤元浩
発売日: 2019/2/15

評価〔B〕 表紙が著者じゃない!
キーワード:推理、元アイドル、文庫化、

そうだ。この事件の犯人を捕まえればいいのだ。(第三章より抜粋)


元アイドルと変わった経歴の七夕菊乃が密室殺人事件に挑むライトノベルチックな推理小説です。推理漫画家である著者の初の長編小説です。

本書の大半の読者が著者の「Q.E.D」や「C.M.B」は既読で、そちらから興味を持った人々だと思います。主人公の菊乃を見ていると確かに著者らしさを感じ、事件もその雰囲気が出ています。ただ、菊乃の事件が裏表紙にある「小説でしかできないこと」かというと少々疑問です。読解力不足のせいかもしれませんが、小説である必要性が感じられませんでした。それらしく感じたのは捜査報告書でしょうか。

また、序盤は菊乃の少女時代とアイドル活動が描かれているのですが、読み終わってみると少々冗長だと思いました。繋がりが見えて面白いと思うよりも、長いなあという感想のほうが強かったです。この部分は別の本か短編にしたほうがすっきりして良かったのではないかな。

「Q.E.D」の著者なので期待しすぎていたのかもしれません。すごく良かったともすごく悪かったとも言えないので、次の作品も読む予定です。



スポンサーサイト



[ 2020/03/27 20:10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年03月27日(金)

コンシェルジュ インペリアル 7 〔完〕 



著者:藤栄道彦、いしぜきひでゆき
発売日: 2017/11/20

評価〔A-〕 介護業界に入る人に読んでほしいです。
キーワード:介護、介護士、福祉、ケア・マネージャー、完結

「下手すれば健幸都市どころかインペリアルが消えて無くなるよ」(本文より抜粋)


様々なお年寄りやその家族を通じて優菜の成長とともに介護の現場を描いてきましたが、最後は個人的ではなくもう少し大きな話を扱っています。

劇中で優菜が「なんなんでしょうね。この他人事感・・・・・・」と言っているのですが、これはかなり重要な場面でした。私も老後や介護は考えなければならないけれどまだまだ先のことだから後回し、と思っているところがあります。本書の最後まで読むとこの台詞の重要性が分かるので読んでもらいたいです。

欲を言えば、もっと成長して指導する立場となった優菜を見てみたかったです。まあひとつの節目を迎えたと言えそうなので、終わるにはよい時期だったのかもしれませんね。

何回も書いてる気がしますが最後にもう一度書きます。ボスが格好良かったです。



[ 2020/03/27 20:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月21日(土)

家裁調査官は見た  ―家族のしがらみ― 



著者:村尾 泰弘
発売日: 2016/7/14

評価〔B〕 カウンセラー以外の側面も見たかった。
キーワード:家庭裁判所調査官、家族、臨床心理士、家族心理士

家族がうまく機能せず、まとわりついて足を引っ張る意味での「しがらみ」に姿を変えるときに見られるものに「家族神話」がある。まずこのことからお話ししていこう。(第4章より抜粋)


家裁調査官は家庭裁判所調査官の略称で、家庭裁判所のみにいる特殊国家公務員だそうです。裁判所の関係者はたいてい法律の専門家ですが、彼らは心理学、社会学、教育学などを修めた人に関する専門家です。その調査官を17年務めた著者が経験から学んだこと、特に家族のしがらみについてどのように対処していけばよいのかを書いています。

最初のうちは家裁調査官ならではの経験が語られますが、後半になってくるとカウンセラーや心理士と同じような仕事内容で、著者の仕事の独自性があまり見えなくなっていったのが残念です。もう少し家裁調査官とは何をして、カウンセラーとはどこが違うのか深く掘り下げてほしかったです。それとも働く場所が違うだけでほとんど同じ仕事なのでしょうか。

家族問題の内容そのものは夫婦の不和やDV、幼少期の恨みと考えさせられる事例が多かったです。死んだ家族の影響が残り苦しんでいる人がいることが多いのは驚きました。でもそういうものかもしれません。しがらみからのがれるための方法として、物語を書き換えるナラティブ・セラピーなどが紹介されています。ロールレタリング法は効果が得られるのかちょっと信じがたいですが、文字に書き起こすと冷静になったり心理状態に変化が起きるそうなのできっと効果があるのでしょう。不思議な治療法です。

馴染みのない職業の人の意見は興味深かったです。



[ 2020/03/21 22:08 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年03月21日(土)

家守 (角川文庫) 



著者:歌野 晶午
発売日: 2014/7/25

評価〔B+〕 物語の構成が良いです。
キーワード:推理、短編集、家、サスペンス、

「とにかく視線を感じるのよ。痛いくらいに感じるの」(転居先不明より抜粋)


家をテーマにしたミステリ短編集です。光文社文庫のものを再文庫化しています。

ミステリですが読んでいてサスペンスよりだと感じました。単純に事件のトリックを考える短編よりも、何か不可思議なことが起きていて物語がどう流れていくのか不明瞭なまま進んでいくものが複数あって印象に残ったせいでしょう。どれも家が関係していますが、この家とは建物のことだったり血を分けた家族のことだったり様々です。読み終わってみると確かに家の話だったと少々感心してしまいました。

雰囲気も手法も違うので甲乙つけがたいですが、好みなのは最後の「転居先不明」です。サスペンス風に始まり殺人事件へ進んでいきます。これだけだとよくありそうですが、終盤が捻られていてなんとも言えない余韻が残ります。トリックの部分だけでいうなら4作目の「鄙」も良いのですが、総合的にみると転居先不明のほうが面白かったです。

少々暗めで派手さはありませんが物語としてみると興味深いものが多かったです。



[ 2020/03/21 22:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年03月14日(土)

直感はわりと正しい 内田樹の大市民講座 



著者:内田 樹
発売日: 2017/7/7

評価〔C〕 大きなテーマが多いです。
キーワード:エッセイ、教育、メディア、政治、国際、

おっしゃるとおり、煙草は体に悪い。だが、アルコールもジャンクフードも体に悪いことには変わりはないだろう。(第6講より抜粋)


雑誌に連載されていた900字のコラムを採録したエッセイです。題材は仕事論から政治論まで幅広く取りあげています。

あとがきにあるとおり、冒頭のテーマからは読者が予想しない終わり方をしないように捻って書かれているのが良いです。嫌いなものがはっきりしているので分かりやすいし一貫性があります。また、政治などでは近未来の予測を具体的に書いていて面白い試みだと思いました。自分に先見の明があるのか分かるし、その時の感情までよみがえってきそうで興味深いです。

このようなエッセイでは自分にない物の見方や考え方を少しだけ求めながら読むのですが、残念ながら共感や感心よりも異議や不賛成、もしくは違和感のほうが多かったです。それに、他のエッセイよりも違う気がするんだけどと思う回数が多かったです。読んでいてお金に苦労したころがなさそうと思ってしまいました。

異なる意見の人の言い分や価値観を知ることができたのは良かったです。



[ 2020/03/14 21:57 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2020年03月14日(土)

神様ドォルズ 8 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2011/2/18

評価〔B-〕 阿幾の存在感が薄いのが残念。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「このまま進む以外、道はないだろう?」(本文より抜粋)


ようやく最終地点が見えてきたような気がします。

玖吼理の隻である詩緒が主役のように見えますが、阿幾が心情を吐露する場面を見てこの物語の中心は匡平と阿幾なのだなと改めて思いました。その割には阿幾の出番が少なめなのがなあ・・・・・・。終盤は彼が中心となるのでしょうか。

何が悪いというわけでもないのに、いまいち盛り上がっていないように感じます。なぜだろう? 寄り道が多かったのか、登場人物が多かったのか。次からはアクションシーンが増えそうです。



[ 2020/03/14 21:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月04日(水)

白熱日本酒教室 2 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/3/10

評価〔B+〕 好きな味を探すのに役立ちそう。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「とにかく数が正義!」(5時間目より抜粋)


2巻では日本酒がどのように造られているのかを紹介しています。麹(こうじ)や仕込みなど聞いたことはあるけれどよく分からないといったことが分かりやすく説明されています。テレビなどで見かける大きなタンクの中を棒で突いている(櫂入れ)理由もわかります。

酵母、乳酸菌、発酵など言葉だけでは分かりづらいところも漫画だと分かりやすいです。生酛や山廃は新書版のほうをよんでもいまいちピンとこなかったので詳しく書かれていて良かったです。忘れたら6時間目のまとめを見れば大丈夫。あまり聞きなれない貴醸酒やしぼり方のヤブタ式などにも触れています。日本酒は本当に奥が深いですね。

一時話題となったとっくりを使ったお酒の注ぎ方についても触れています。著者の意見に賛成です。



[ 2020/03/04 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月04日(水)

ざつ旅-That's Journey- 1 



著者:石坂 ケンタ
発売日: 2019/9/27

評価〔B+〕 実際にツイッターやってるよ。
キーワード:旅、無計画旅行、漫画家、

「本当にでたんだ・・・旅に・・・」(本文より抜粋)


アイデアにつまった漫画家の卵・鈴ヶ森ちかが、思いつきで当てのない旅に出かけます。

旅行ものといえば各地の名物料理や観光地を訪れ紹介するものですが、本書はその題名の通り無計画で雑で緩い旅です。読者に何かを紹介するのが目的ではなく、ちかの気晴らしのほうに重点が置かれている感じです。特に大事件が起きることもなく、ちょっとだけ日常から離れた雰囲気を描いています。

私は旅に出るときは目的をはっきりと決めてから出発するので、彼女を見ていると行き当たりばったりの旅行の魅力的です。お金と時間があればそういう旅も良さそうです。ただ、彼女の行き先の決め方は思い切っていて真似するには躊躇してしまいます。

絵は正直うまくはないと思いますけど、それを補う何かがあります。のめり込むほどではないにしろ、もう何回も繰り返し読んでいます。もうちょっと本が厚ければなあ。



[ 2020/03/04 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月04日(水)

2020年2月の読書メモ 

あなたの罪を数えましょう〔B+〕
白熱日本酒教室 1〔B〕
神様ドォルズ 5〔B-〕
コンシェルジュ インペリアル 6〔B〕
ゆるす力〔B〕

神様ドォルズ 6〔B+〕
オカルトトリック〔B+〕
神様ドォルズ 7〔B〕
オカルトトリック Smoke And Mirrors〔B〕


以上、9冊でした。2月も漫画が多めでした。神様ドォルズばかり読んでいる気がします。やはりもう少し創作物以外のものも読んでおきたいです。

オカルトトリックがライトノベルで、オカルトトリック Smoke And Mirrorsが小説となっているのは、あとがきに後者はライトノベルではないと明記されているからです。ラノベの次に近い小説に分類しました。




[ 2020/03/04 21:29 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)