FC2ブログ







2020年02月25日(火)

オカルトトリック Smoke And Mirrors 



著者:八槻翔 、 はぎや
発売日: 20??/??/??

評価〔B〕 似たような話、読んだことあります。
キーワード:奇術部、科学、オカルト、外伝、夢診断、

私が知りたいのは、この世に超能力者がいるのかどうかだけ。(第一章より抜粋)


高校生の折原いのりはある人物の異能の力を見て、その能力が本物の超能力かどうか知りたくなります。その人物の周囲の人に接するうちに、自分の悩みと向き合っていくこととなっていきます。本書は前作「オカルトトリック」の外伝です。

オカルトと科学が何度も交錯するあやふやな雰囲気は前作と同じです。今回は長編のためか進行もゆっくりで心理描写も多めです。このあたりはテンポの良かった前作のほうが好みでした。端的に言うといのりの成長物語だと思いますが、どことなくサスペンスやミステリーっぽいです。

まえがきにも書かれているように、オカルトトリックを読んでいなくても楽しめます。しかし、著者が記述しているように前作から呼んだほうがより楽しめます。前作ではそれほど出番が多くなかった登場人物たちが深く掘り下げられていて、前作を補完するようで面白かったです。



スポンサーサイト



[ 2020/02/25 21:39 ] 小説 | TB(0) | CM(0)