FC2ブログ







2020年02月01日(土)

白熱日本酒教室 1 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2018/9/12

評価〔B〕 漫画になってさらに読みやすくなりました。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「ところで『精米歩合』っていったい何なんですか?」(本文より抜粋)


自分の好きな日本酒を探せることを最終目標とし、日本酒について分類から飲み方、選び方まで幅広く教えてくれる日本酒入門書です。なお本書は同じ題名の新書を漫画化したものです。

1巻では日本酒のラベルを読めることを目標に一から分かりやすく説明しています。精米歩合や吟醸などよく見る単語も難しくないことが分かります。それ以外にも米と米こうじでなぜお酒になるのか、悪酔いしない飲み方、アルコール量の計算方法など知っておくと良いことも色々教えてくれます。アルコール量の計算では日本酒一合とビール540ミリリットルが同じと知り、印象とは違っていて興味深かったです。

どの日本酒から飲めばいいのか見当がつかない人のためにも、著者のむむ先生がおすすめする日本酒がいくつも載っていますので、そちらも試しに飲んでみたらいかがでしょうか。私も飲んだことのあるお酒がありました。

新書のほうを既に読んでいるので目新しさはありませんでしたけど、絵を見ることで知識が整理できたので良かったです。



スポンサーサイト



[ 2020/02/01 21:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年02月01日(土)

あなたの罪を数えましょう 



著者:菅原 和也
発売日: 2018/12/20

評価〔B+〕 どの真相も怖いです。
キーワード:推理、廃工場、

「俺たちはあるボランティアの場で出会いました」(本文より抜粋)


探偵が依頼人とともに廃工場を訪れる現在編と、6人の男女が閉じ込められた過去編が同時進行するミステリーです。

誰かの思惑により次々と害意にさらされていくのはホラーのようです。犯人の意図により残酷な場面が多々ありますので、痛いのや気分が悪くなりそうな描写が苦手な方にはお勧めしません。お気をつけください。一方、現在編では過去編との繋がりをにおわせるところがあり、過去に起きた出来事をうまく推理できるかが鍵となっていきます。

探偵も戸惑ったある出来事のせいか推理ものとしてはあまり面白くはありませんでしたが、読み返すうちに題材の深さが分かってきて面白かったので、どうも評価が難しい推理小説でした。推理を楽しむより物語を楽しむタイプの本なのかもしれません。



↓ネタばれは続きに書きます。
[ 2020/02/01 21:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年02月01日(土)

2020年1月の読書メモ 

残業の9割はいらない ヤフーが実践する幸せな働き方〔B〕
コンシェルジュ インペリアル 5〔B〕
広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス〔B+〕
神様ドォルズ 1 (再読)〔B-〕
神様ドォルズ 2〔B〕

神様ドォルズ 3〔B+〕
なぜ、わが子を棄てるのか―「赤ちゃんポスト」10年の真実〔B+〕
神様ドォルズ 4〔C+〕


以上、8冊でした。最初から漫画が多めになってしまいました。もう少し活字の本が読みたかったのですが、時間がないと漫画ばかり読んでしまいます。

神様ドォルズをまた読み始めました。1巻の感想はいつ書いたのかなとブログを探してみたけれど記事がありません。1巻を読んだのは10年以上前だったようです。アニメを見て途中まで知っているので新鮮さはありませんが、今度は最終巻まで読みます。



[ 2020/02/01 21:13 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)