FC2ブログ







2019年12月22日(日)

アイドランク 4 〔完〕 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2019/11/9

評価〔B+〕 ぶれない漫画でした。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

「スラム感が半端ないわね」(本文より抜粋)


呑んでばかりのアイドランクのアイドルたち。今回も相変わらず呑んでいます。完と書かれていませんけど本書が最終巻です。

最終巻にも関わらずアイドランク以外の酒のみアイドルが新登場します。サキたちに負けず劣らず個性的で、個人的にはナンバー3の人が面白いです。もっと活躍するところが見たかったです。

最後までアイドル活動よりお酒ばかりのんでいたのは良かったです。テンポも良く面白かったのでこれで終わってしまうのは残念です。また違う面白い作品を期待しています。



スポンサーサイト



[ 2019/12/22 23:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年12月22日(日)

結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル 



著者:荒川 和久
発売日: 2015/11/19

評価〔C+〕 やはり趣味人が多かった。
キーワード:独身男性、ソロ男、未婚、消費、

いつの間にか、独身男性はもはや少数派の一言では片づけられないボリュームにまで成長している。(はじめにより抜粋)


未婚率と離婚件数の増加により単身世帯が増えています。その中でも独身男性は数が多いのにも関わらず独身女性に比べてメディアに取り上げられることも僅かで、イメージばかり先行しています。では実際はどうなのでしょうか。本書では自由・自立・自給の価値観をもつ独身男性を「ソロ男(そろだん)」と呼び、その実態にせまります。

アンケートを行って既婚男性との違いを明らかにし、生の声も掲載して身近にいそうだなと感じられたのは良かったです。しかし、アンケート対象者が南関東のみで人数も数百人だったので、日本全体を反映しているようには思えませんでした。また、既婚男性の回答と数パーセントしか違いがなくても、これがソロ男の特徴だと断言しているのは疑問です。違いはあまりなかったと結論づけても、それはそれで良かったのではないでしょうか。著者の仕事上、消費行動の違いを重視するのは分かるのですが。

とはいえ、ソロ男がいくつかのタイプに分類されたり、意外にも異性を意識している点は興味深いです。映画を見るのが好きな人が多いのは何か理由があるのかもしれませんし、書籍にお金をかけたがるのも意外でした。できれば各項目をもう少し掘り下げて欲しかったです。



[ 2019/12/22 23:14 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)