FC2ブログ







2019年11月10日(日)

雀蜂 



著者:貴志 祐介
発売日: 2013/10/25

評価〔C+〕 前半が単調でなければ。
キーワード:蜂、山荘、アナフィラキシー・ショック、

そのとき、俺の鋭敏な聴覚は、またもやあの音を聞きつけた。(P18より抜粋)


雀蜂に刺されたことはありませんが、一度刺されたことがある人には分かる恐怖なのかもしれません。小説家の安斎は夜中に目が覚めると山荘の中に蜂を発見します。医師からもう一度刺されたら命にかかわるかもしれないと宣告された彼は、危機的状況を逃れようと奮戦します。

蜂に追われる恐怖について何回も同じような展開だったのが残念でした。弱点も分かっている昆虫が相手なので、得も言われぬ不安や未知の恐ろしさはなかったのが原因かもしれません。エピペンなる緊急時用の薬があるのは知りませんでした。

終盤の展開は予想していなかったので驚きました。伏線は感づいていたのですが、真相まで分かりませんでした。ただ、裏表紙の文章で内容をにおわせてしまうのは良くないのではないでしょうか。ネタバレとは言いませんけど、それに近いと思います。

著者の他の作品と比較すると少し物足りなかったです。特に前半は大味でした。次の作品に期待します。



スポンサーサイト



[ 2019/11/10 17:40 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年11月10日(日)

孤独の価値 



著者:森 博嗣
発売日: 2014/11/27

評価〔B〕 程度の問題かと。
キーワード:孤独、人生観、人生論、

言葉ではっきり書くと、孤独を怖れている人は、孤独がどれほど楽しいものか知らないのだ。(本文より抜粋)


メディアでは人と人の繋がり、絆が何かと取りあげられ連呼されています。それでは反対の孤独はどうなのでしょうか。最近では孤独死が問題になっていると聞きますが、寂しいから悪いものなのか、そもそも良いものなのか悪いものなのか。あまり深く追求されない孤独について小説家の著者があれこれ語ります。ひとり入門書。

小説家だけあって集団行動を好む人たちよりも一人でいる状態を好意的にとらえています。発想や創作は1人で行うものだと説き、孤独も悪くないと主張しています。欠点に見える寂しさとは何かも考え、受け入れる手段も考慮しています。エッセイにしては体系的ですがどこかふらふらしているところが、やはりエッセイなのかもしれません。

私は他人から一人でいるのが好きな人だと思われているので、孤独の良さについては概ね同意です。しかし、これでワイワイ騒ぐのが好きな人たちが孤独を愛するようになるかは疑問です。ふと不安や寂しさを感じた時に助けにはなるかもしれませんね。



[ 2019/11/10 17:38 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2019年11月10日(日)

2019年10月の読書メモ 

無能なナナ 5〔A-〕
俺は絶対探偵に向いてない〔B〕
アイデアを盗む技術〔C+〕
女騎士「姫には死んでいただきます。」 1〔B+〕
ストーカーズ 1〔B〕

「時間の使い方」を科学する〔B+〕
アウト&アウト (講談社文庫)〔C+〕
女騎士「姫には死んでいただきます。」 2 〔完〕〔B+〕


以上、8冊でした。なんとか8冊読んだと言った感じです。時間があまり取れないので漫画ばかりになるかと思いましたけど、意外と活字の本も読むことができ、その点では良かったです。

評価がやや低めですが、思い切ってつけないとどれもBになりそうなのでCもつけました。はたして今年中にSやDが出るのでしょうか?


[ 2019/11/10 17:33 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)