FC2ブログ







2019年10月23日(水)

「時間の使い方」を科学する 思考は10時から14時、記憶は16時から20時 



著者:一川 誠
発売日: 2016/7/15

評価〔B+〕 公私ともに使えそう。
キーワード:時間、実用、サーカディアンリズム、目標勾配、

この規則性は、総合的な印象は、最も明確であった際の印象強度と最終段階での印象強度によって決定されているということで「ピーク・エンドの法則」と呼ばれています。(第9章より抜粋)


時間を科学するのではなく、使い方を科学的に考察する本です。学問というよりは実用書っぽいです。

心理学の研究によって分かってきた人の心の時間的特性が紹介されています。ひとつの項目を深く掘り下げるのではなく、いくつもの項目が列挙されていて雑学の本のようです。主観的な時間の長さ、身体変動のリズム(サーカディアンリズム)、作業効率を高める手段など様々な面から研究しているのが分かります。各章はコンパクトにまとまっていて読みやすいですし、「はじめに」でも書かれているように自分の興味がある章から読んで試してみるのも良さそうです。

印象に残ったのは上記の引用の「ピーク・エンドの法則」です。事後の印象はピークとエンドの中間になりやすく、持続時間は影響しないとのこと。確かに終わってみれば長時間嫌なことがあった時よりも、ごく短時間すごく嫌なことがあった時のほうが嫌です。楽しいときもそうかもしれません。関連して楽しい時間を長引かせる方法、すなわち細部に注意して、代謝を上げ、刺激を受けることの3つも覚えておいたほうが得しそうです。

他にも時間を作り出す技術、優先順位を決めるなどもすぐにでも使えそうな技術がいくつも書かれています。ちょくちょく読み返したい本です。



スポンサーサイト



[ 2019/10/23 21:06 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年10月23日(水)

ストーカーズ 1 



著者:ハナツカシオリ
発売日: 2018/12/22

評価〔B〕 するのもされるのもゴメンです。
キーワード:ストーカー、恋愛、連作短編風、

私は佐伯くんのことをなんでも知っている。(第1話前編より抜粋)


何やら不穏な題名ですが、重く怖い恋愛劇ではなく軽めのラブコメの連作短編集風です。同じ人物がずっと登場するのではなく、いくつかの物語が並行して進んでいきます。一人ではないのでストーカーズ。

基本的に遠くから見ているだけだったりネットで調べたりしているだけなので、微笑ましいといえば微笑ましいです。恋する女の子があの人はかっこいいなあーと想うのは普通の恋愛漫画のようです。しかしそこはストーカー、ポストやゴミを調べている場面になると一気に危険なかおりがします。内容紹介文の「ちょっと怖くて、ちょっと面白い、純愛サスペンス」は巧いですね。

面白いですがストーカー行為を笑えるかが評価の分かれ目です。実際に被害にあった人や周囲の人が被害にあったことがある人は素直に楽しめなさそうです。明るく軽めに書いていますが違法ですし。創作と割り切って読むことができるなら、珍しいラブコメとして楽しめると思います。

すぐアイデアに詰まりそうな題材ですが、明るく楽しく描いてほしいです。



[ 2019/10/23 21:04 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)