FC2ブログ







2019年09月27日(金)

世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方 



著者:山口 直樹
発売日: 2016/7/14

評価〔B〕 大雑把なところが良いです。
キーワード:アルコール、初心者、ワイン、日本酒、カクテル

ワインの味の大部分は品種で決まる。この大原則を理解するだけで、ワイン選びは一気にシンプルになります。(第1章より抜粋)


お酒は好きだけど知識はない人、もしくは最近興味を持ち始めたけれどどれを飲んでいいのか分からない人向けのアルコール入門書です。全てのアルコールを網羅している訳ではなく、ワインと日本酒、それとカクテルに絞って解説しています。

最低限の知識は教えてくれるけれど、初心者に必要なこと以外はあまり詳しく書かれていません。どの項目も3つのポイントでまとめられていて簡潔です。そして、どの種類のお酒が自分の好み・舌に合っているのかが分かるように書かれています。日本酒の好みを卵焼きの好みで分析する図をネットで見たことがあるのですが、この本が元ネタだったようです。知りませんでした。また、バーでのカクテルの頼み方やマナーが書かれていて興味深かったです。ショートとロングの違いすら分かっていなかったので知ることができて良かったです。

問題は章によってページ数が大幅に変わることです。具体的に言うとワインが本の半分以上を占めていて、残りの半分以上が日本酒、カクテルにいたっては30ページありません。個人的には日本酒は知識があったので、もっとカクテルにページを割いてほしかったです。

アルコール初心者はこれでちょっとだけお酒のことを知ってから飲むと、より楽しく酔えそうです。



スポンサーサイト



[ 2019/09/27 21:54 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2019年09月27日(金)

なぜ「それ」が買われるのか? 



著者:博報堂買物研究所
発売日: 2018/12/13

評価〔B〕 個人的に調べ物はあまり苦になりません。
キーワード:買物、商品、SNS、情報、

もはやモノの選択肢が多いということそのものが買物のストレスになっているのだ。(序章より抜粋)


欲しいモノの商品数や情報が多くなりすぎたために、企業が良いものを作っても消費者の要望に応えても買ってもらえない状況で、いかに消費者に選んでもらうかを考えた本です。目線は消費者で、そこから企画・販売へどうつなげるのかを論じています。

誰かやAIにあらかじめ商品を絞ってもらう「枠内の攻略」や、枠づくりの「これでいい/これがいい/これしかない」は分かりやすいです。ある程度譲れない条件があれば絞りやすいですが、こだわりがない場合はそれを考えるのすら手間です。私もネットで「今年のおすすめベスト10」みたいなものを参考にすることがあるので共感できました。しかし、消費者の立場からすれば詳しい友人・知人に選んでもらうのと同じであまり新鮮味は感じませんでした。

印象に残ったのは参加型の「これしかない」です。売る側からの提案のみでなく、SNSとの相性の良い参加型の売り方・イベントならば現代の消費者の心がつかめそうです。楽しそうですしね。

一つ疑問だったのは、皆が皆枠組みを作り同じような枠が数多くできてしまったら、再び情報過多になってしまうのではないでしょうか。枠を選ぶことも誰かに頼らなければならなくなるのでしょうか。また、AIにおすすめしてもらうのもよいですが、新たな出会いや発見はあまり期待できなさそうです。

分析編であった「関心高いがお任せ」の分野で、外国での事例のように日本でも新たな企業が生まれ躍進するかもしれません。なんにせよ何か買うなら満足のいく買物にしたいです。


[ 2019/09/27 21:52 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年09月18日(水)

アイドランク 2 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2018/8/8

評価〔B+〕 幸子の将来が心配です。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

「片手で!?」(本文より抜粋)


アイドルたちが隙あらば呑む酔いドルコメディです。

本書ではやくも登場人物が増え、増々賑やかになっていきそうです。でも目立っているのはやはり全人類の妹かな。表紙で見せている姿からは想像できないほどの活躍ぶりです。中盤で選んだツマミに個性が出るという話題になりますが、全人類の妹は通ですね。酒好きの人はあれをツマミにする人が多いとか。

なにはともあれ彼女たちはどんどんアルコールを飲みます。飲んでばかりで中毒なのかと疑ってしまうくらいです。ギャグとツッコミに勢いがあって、飲むのがダメな人でも雰囲気を楽しむことができそうですよ。


[ 2019/09/18 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月18日(水)

子どもの脳を傷つける親たち 



著者:友田 明美
発売日: 2017/8/8

評価〔B〕 実践するのは難しそうです。
キーワード:医学、育児、教育、脳、マルトリートメント、虐待

こうした過度なストレスを受け続けることになると、その苦しみを回避しようとするかのように、「脳が変形していく」のです。(第二章より抜粋)


虐待や育児放棄であるネグレクトなどの言葉をニュースで耳にすることがありましたけど、マルトリートメントは初めて知りました。日本語では不適切な養育と訳され、大人に加害の意図にかかわらず不適切な行為は全てマルトリートメントになるそうです。虐待もそうですし、夫婦げんかを見せたり、一人ぼっちにさせたりするのもそうです。この馴染みのない概念を詳しく説明しています。

驚いたのはマルトリートメントを受けた子どもは、精神的だけでなく物理的に脳に影響が出ることです。マルトリートメントの種類によって、脳の一部が減少するというのです。脳の損傷は治る可能性があるのが救いです。

しかし、悪影響が出るとはいえマルトリートメントから自由になるのはかなり難しそうです。育児をしていれば苛立つこともありますし、手が回らなければ少しの間一人にさせてしまうこともありそうです。全ての養育者がアンガー・マネジメントで対処できるのでしょうか。それに育児だけでなく介護もしなければならない養育者は多そうですし・・・・・・時間的経済的余裕があれば良いのですが。

私は養育者ではありませんけど、まず大人たちの意識から変えることが重要だと感じました。



[ 2019/09/18 21:35 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年09月08日(日)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 7 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2019/8/28

評価〔B〕 絵柄が少しだけ変わった?
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「海外では古くから食用としている地域があり、万能薬と信じられていたそうです」(37食めより抜粋)


この漫画を読んでいると、人間の食への好奇心と探究心は尽きることがないのかなと様々な感情がわきあがりました。

今回もあれこれ食べています。番外編では話には聞いていたけれど見たことのなかった食材が写真付きで掲載されていて、驚くとともに興味深く読みました・・・・・・いやー、私は遠慮したいです。

いつもどおり味は正直に書いてあって好きです。著者が実食しているだけありますね。さすが。なんかそのうち食べたことのないものまで挑戦しそうな勢いです。




[ 2019/09/08 21:34 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月08日(日)

山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か 



著者:羽根田 治
発売日: 2010/1/15

評価〔B+〕 実は危険な面もある趣味です。
キーワード:遭難、救助、登山、ハイキング、中高年、

次は自分の番かも──テレビや新聞で遭難事故を見たときに、まずはそう考えることから始めてみてはいかがだろうか。(第4章より抜粋)


最近、富士山の登山道が登山客で度々渋滞となっているという話を聞きました。富士山が人気なのもありますが、他の山でも多くの登山者がいるそうです。特に中高年の方々が多いとか。それを裏付けるかのように遭難のニュースもちょこちょこ目にします。本書では、どうして遭難は起きてしまうのか遭難するとどうなってしまうのかを具体例を挙げて注意を喚起しています。

趣味としての登山・ハイキングの発端から遭難や救助の歴史を統計データも交えて説明しています。次から次へと不幸な事故を読んでいると、なんて山は恐ろしいところなんだと怖くなってきますが、そうならないような対策や準備も載っています。迷ったら先に進まず引き返す、なんてのは単純なことですが覚えておいたほうが良いです。遭難者は手を振って知らせる、関係ない登山者は手を振らないなんてのも重要です。

戦後の登山の動向を読んでいると、若いときに登山ブームを体験した年代が定年後にまた山に戻ってきているようなので、新規の参加者が爆発的に増えている訳ではないみたいです。年配のバイクツーリングに似ていますね。若い頃の趣味はまたやりたくなるのでしょうか。

後半は山岳救助隊の声と遭難した登山者の声の両方が書かれていて、両者の登山や遭難救助の意識の差に驚きましたし残念な気持ちになりました。安易な救助要請やほとんど他人まかせの登山者の存在は困りものです。登山の危険性の啓蒙活動や入山料を取るしかないのかな。

あとがきでも触れていますが、著者が山を愛し過ぎていて少々怒りの書となってしまいましたけど、その気持ちも分からなくはないです。ちょっとしたハイキングでもツアー登山でも、山は危険な場所となり得ることを再認識しました。



[ 2019/09/08 21:31 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

夫婦という病 



著者:岡田尊司
発売日: 2018/3/3

評価〔A〕 既婚者だったらSです。
キーワード:夫婦、結婚、出産、離婚、恋愛、

そこで一番変わった点は、互いの非に目を向けるのではなく、互いの失敗に対して優しさや寛容さを取り戻したことだ。(第十五章より抜粋)


夫婦やパートナーとの関係をより良くかつ安定したものにするために、精神科医である著者が21のケースを通して解決策を模索します。

前半は夫婦が上手くいかなくなっていく様を何回も見るので疲れてきます。お互いにもう少し思いやることができたならと思うのですが、感情的になってしまうのも良く分かります。様々なパターンが挙げられているのでどれかに当てはまる夫婦も多いのではないでしょうか。

基本的には対人関係を支える愛着に注目し、安定―不安定と回避―不安の軸で男女を分類して特性を掴み問題の解決をはかっています。愛着スタイルを踏まえた上で原因と対策を説明しているので、分かりやすく頭にすんなり入ってきます。

後半は一度は不安定になった関係が持ち直した例が描かれています。我慢以外の解決策が提示されているので、どれか一つは実践できそうな方法が見つかるかもしれません。

読んでいるうちに現在の夫婦制度は現代人の価値観に合っているのだろうか、合ってない人もいそうだな、と思い始めましたが、終盤では結婚という形にこだわらない関係や生き方について述べられていて興味深かったです。一夫一婦制ばかり考えが囚われていましたが、違う可能性を示しているのが良かったです。現代の倫理観とは離れていて驚きましたけど。一夫一婦制に向いている人ばかりじゃないからね。

個人的に価値観が合わない対策や関係もありますが、夫婦やパートナーとの良い関係を保ちたいもしくは改善したいと思っているなら一読の価値はあると感じています。これから親密になる二人にも役に立つでしょう。

巻末の科学者の方の解説も良かったです。


[ 2019/09/02 21:59 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

敗者復活戦! 2 



著者:辻灯子
発売日:

評価〔C〕 穏やか過ぎるのも・・・・・・。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「この辺りに疎遠にしている祖父母の店があるはずなんです」(本文より抜粋)


元キャリアウーマンを月穂と高校生アルバイトのニーナたちが描く、古書店での日常4コマ。

1巻は人物紹介でこの2巻から何か大きく進展するかなと期待していたのですが、予想よりも何も起きません。月穂をはじめ段々と人物が掘り下げられていくのは良いのですが、生活の中で起きる出来事が現実のそれとあまり変わりなく、よく言えば共感できる、悪く言えば退屈に感じました。もう少し漫画っぽくおもしろ可笑しいやり取りが欲しかったです。

次で最終巻ですが大きな事件は起きるのでしょうか。


[ 2019/09/02 21:57 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

2019年8月の読書メモ 

生徒会役員共 17〔B-〕
ふしぎの国のバード 5〔A-〕
ふしぎの国のバード 6〔B+〕
数学的決断の技術〔A-〕
閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット〔B+〕

岡本倫短編集 Flip Flap 新装版〔B+〕
生徒会役員共 18 〔B-〕


以上、7冊でした。もう一冊くらい新書か小説を読めるかなと思っていたのですがダメでした。なんだか4コマ漫画が増えてきた気がします。

読もう読もうと思っていた『岡本倫短編集 Flip Flap 新装版』がようやく読めて満足です。この他にも気になっている漫画があるので、どんどん読んでいきたいです。

先日、サイコろまんちかの1巻を再読しました。巻末のケース0の「傍観者効果」は何度読んでも面白いし上手いなあ。良かったです。



[ 2019/09/02 21:55 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)