FC2ブログ







2019年08月07日(水)

ふしぎの国のバード 5 



著者:佐々 大河
発売日: 2018/10/15

評価〔A-〕 良い昔話でした。
キーワード:旅行記、明治、日本、

「運命はいつも自分自身の意志のの中にあるのよ!!」(本文より抜粋)


探検続行を阻む大きな障害を前に、バードと伊藤はどのような決断をくだすのか。

旅自体は進まず主にバードの過去が語られます。彼女はどのような経験をしてきたのか、現在のような生き方はいつ始まったのかが明かされ非常に興味深いし面白いです。現在ではネットで検索すれば簡単に得られるような情報も、当時は誰に聞いてもわからず現地に行ってもそれでも分からないことが多かったと想像できます。

印象深かったのはある冒険家の旅をする理由と、現地ガイドの生き方です。それが終盤の彼女の使命の話に繋がっていて心打たれました。日本の旅が進まなかったのは残念ですが、この過去編が読めて十分満足です。過去編の冒頭を漫画の初めにしても面白かったかもね。

困難に対してどのような解決策があるのか。次の巻に注目です。



スポンサーサイト
[ 2019/08/07 06:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年08月07日(水)

生徒会役員共 17 



著者:氏家 ト全
発売日: 2019/4/17

評価〔B-〕 良くも悪くも。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「コレはドコで体験できる?」(本文より抜粋)


いつもどおりとしか言いようのない内容です。17巻まで読んできた読者ならこれで分かると思います。しかし、前の巻でも思ったのですが、やや勢いが落ちてきているような。慣れてしまったからでしょうか。

表紙が見慣れぬ人ですが彼女は新キャラです。いつもは新しい人は出番が多めですが、彼女はなぜか少なめです。そのため印象が弱く物足りない感じがしました。今後の活躍に期待します。

あらためて最初の登場人物紹介を見ると随分と増えました。あれ、古谷さんの下の名前が書いてある。本編で出ましたっけ? 前から出てました?

恒例となったDVD付き限定版もあります。地上波やネットで配信してほしいなぁ。


[ 2019/08/07 06:51 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年08月07日(水)

2019年7月の読書メモ 

数学女子 4〔A-〕
竜の学校は山の上〔B+〕
PTA不要論〔B+〕
致死量未満の殺人〔A-〕
アイドランク 1〔B+〕

その症状、本当に認知症ですか〔B〕
数学女子 5 〔完〕〔B+〕


以上、7冊でした。最近漫画が多いのでちょっと活字を読むように意識しました。それでも漫画と活字が半々。その活字も小説が多くなっていますしバランスよく読むのは難しいですね。

「殺人鬼探偵の捏造美学」はA-にしようかB+にしようか迷いました。好みと面白さが同じくらいなら判定しやすいのですが、ある部分はすごく良くて、別のある部分はあまりという本は本当に迷います。B++とか作ろうかと考えてしまいます。


[ 2019/08/07 06:50 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)