FC2ブログ







2019年06月19日(水)

致死量未満の殺人 



著者:三沢 陽一
発売日: 2015/9/17

評価〔A-〕 分かりそうで分からないです。
キーワード:推理、クローズドサークル、ハウダニット、

「それでは、皆さん、弥生さんに何らかの恨みを持っていたわけですね?」(本文より抜粋)


雪山の別荘で起きた殺人事件を被害者の同級生たち4人が推理します。単なるクローズドサークルものではなく、冒頭である人物が別の人物に自分が犯人だと自白するのが特徴的です。第3回アガサ・クリスティー賞。

殺害方法を推理する所謂ハウダニットものです。ハウダニットという言葉を知ってからこの類の小説を読むのは初めてかも。犯人も動機も分かっているので推理する部分が少なく自分でも解けるかもと思って推理するのですが、犯人以外の同級生のように真相は分かりませんでした。怪しいなと目をつけていた動作が鍵となっていたのは良かったのですが、それが犯行とどのように繋がっているのかを見破れなかったので悔しいです。裏表紙に書かれているようにどんでん返しがあります。終盤まで読んでここからどう読者を騙すのか興味がありましたが、読んでみてなるほどと感心しました。

ただ、最後に明かされた事実は少々半端だったように感じました。もっと納得できる強い伏線が欲しかったです。また、事件発生まで長く冗長に感じたり、分かりにくい専門用語も出てきて読みにくいと思う人もいそうです。

推理すべき点が狭く明確なせいか、推理してみたくなる面白さがありました。それと登場人物が推理小説のわりに少なかったのも個人的には良かったです。


ネタばれ一言↓
スポンサーサイト



[ 2019/06/19 19:59 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年06月19日(水)

PTA不要論 



著者:黒川 祥子
発売日: 2018/5/16

評価〔B+〕 私も不要に一票。
キーワード:学校、PTA、役員、教師、教育、

これほどの負担と労力とストレスを強いられながら、意味が見出せない組織が戦後70年も延々と続いている。あるのが、当たり前とされて・・・・・・。(第六章より抜粋)


子供の頃は、PTAは保護者と先生がなんだか集まって何かしているよく分からない組織でした。大人になってから体験談を聞いたり読んだりしてみると、どうも問題が多い組織のようですね。

役員になると多くの時間を犠牲にして活動しなければならないのですが、その活動が本当に子供たちの教育に役立っているのか分からないものがあります。本書で挙げれた先生たちへのお茶くみやベルマーク集計は大いに疑問です。家庭の事情は一切考慮せずに時間と体力を捧げなければならないのが辛いです。

一番酷いのは任意加入なのに、古参の参加者がさも強制加入であるかのように説明していることではないでしょうか。自分たちが苦労したのだからあなた達もしなさい、と中学生の部活動の悪習のようです。義務ではないのですから、参加したい人が行うボランティア制が理にかなっています。しかし、何らかの理由で未加入でいると、その人の子供が大人からいじめられる可能性があるというのですから酷いものです。

PTAを必要であると主張する本部役員の弁も載っていますが、他人事のようであり賛同できません。理解しがたい意見もありましたし。もっと現場でうまく行っている、こうした場合に必要だという意見が聞きたかったです。その上で要か不要か考えてみたかったです。

誰のための組織と活動なのか。本部の人々も原点に戻って考え直してもらいたいです。



[ 2019/06/19 19:53 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)