FC2ブログ







2019年06月08日(土)

竜の学校は山の上 



著者:九井 諒子
発売日: 2011/3/30

評価〔B+〕 どの世界も味があります。
キーワード:短編集、オカルト、ファンタジー、現代、

「違った方向から竜を生かす方法を私たちと一緒に考えてみないか?」(本文より抜粋)


現実の中に適度にファンタジーが入り込んでいる物語が目立つ短編集です。公表済み7編と描き下ろし2編の9つが収録されています。

「ダンジョン飯」の著者の短編集ということで手に取りました。完全にファンタジーの世界もありますが、現実感が損なわれない程度にフィクションが混じった数々の話が個性的で面白いです。大笑いしたりタブーを取り上げたりのめり込んだりと強い印象はあまりないものの、読み終わった後ちょっと良いなと思ったり自分に当てはめて考えてしまったりする良さがあります。

序盤の短編の重い雰囲気よりも、終盤のゆるい空気ですが独特の味が出ている短編のほうが好みです。馬人間と猿人間が共存する「現代神話」や、竜が存在する現代日本の「竜の上の学校は山の上」が気に入っています。後者に登場する部長のカノハシさんは格好良いです。最後の彼の疑問に対する答えが印象深い。

著者の違う短編集にも興味がわきました。


スポンサーサイト
[ 2019/06/08 21:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月08日(土)

数学女子 4 



著者:安田 まさえ
発売日: 2014/9/27

評価〔A-〕 なつかしいなあ。
評価〔B+〕 なつかしいなあ。
キーワード:数学科、女性、大学、

「何よ、相談じゃなくて決意表明じゃない」(本文より抜粋)


就職する者も進学する者もついに面接や試験が始まります。

ゆみの意外な心境の変化あり、まなも大胆な決断ありと山あり谷ありです。3巻同様きちんと大学生の生活や心理の変化を描いていて、こうした現実味のある理系の日常を紹介してくれる漫画は少ないと思います。教授たちの気持ちも理解できるし、まなの母の様子もよく見る光景です。高校生や文系だった人にも雰囲気は伝わるはず。数学の難しさは別として。

次で最終巻なので、進路や恋愛も全て決着がつくのでしょうか。スパッと綺麗に終わって欲しいです。


[ 2019/06/08 21:45 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月08日(土)

2019年5月の読書メモ 

「過剰反応」社会の悪夢〔B〕
うわばみ乙女ずかん 1〔B〕
殺人鬼探偵の捏造美学〔B+〕
数学女子 3〔B〕
アスペル・カノジョ 1〔A〕

ナナマルサンバツ 15〔B+〕
裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル〔B〕
非社交的社交性 大人になるということ〔C+〕


以上、8冊でした。最近漫画が多いのでちょっと活字を読むように意識しました。それでも漫画と活字が半々。その活字も小説が多くなっていますしバランスよく読むのは難しいですね。

「殺人鬼探偵の捏造美学」はA-にしようかB+にしようか迷いました。好みと面白さが同じくらいなら判定しやすいのですが、ある部分はすごく良くて、別のある部分はあまりという本は本当に迷います。B++とか作ろうかと考えてしまいます。

レンタルで漫画を借りて読みました。ブログには感想を書きませんが、どの作品をどこまで読んだのか分からなくなりそうなのでどこかに記録したほうがいいのかな。



[ 2019/06/08 21:43 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)