FC2ブログ







2019年06月24日(月)

その症状、本当に認知症ですか 



著者:神谷 達司
発売日: 2016/4/30

評価〔B〕 医師でなくても知っておくと良いこと。
キーワード:認知症、アルツハイマー病、加齢、誤認、介護、

認知症にあまりくわしくない医師が診断する機会が非常に多くなり、結果として誤診につながっていると思われます。(本文より抜粋)


高齢社会の問題の一つとして認知症があります。一度なってしまうと完治することはないやっかいな病気です。有名となってしまった病気ですが、正しい知識を持っている人はどのくらいいるのでしょうか。題名にあるように誤診の危険性も含めて、専門医の立場から認知症について解説した一般向け入門書です。

違いが分からなかった認知症とアルツハイマー病の違いや、疑問に思っていた認知症のもの忘れと加齢のそれの違いが書かれていてためになります。アルツハイマー病は認知症の一種ですが、認知症は状態を表す言葉だそうです。また、症状が似ている病気が多いことや、専門知識のない医師の診察により誤診が多いことにも触れています。誤診しやすいケースや事例を挙げているので分かりやすいです。誤診を防ぐために家族ができることは、医師に患者の普段の様子を正確に伝えることだと説いています。

病気の違いを要点を絞って説明しているのは良かったです。アルツハイマー患者が立体を模写できないのは興味深いし、何かの役に立つかもしれません。しかし、正確に説明しようと専門用語ばかりとなってしまったところは、素人には分かりづらかったです。
専門家でない限りはそこまでの知識は要らないかな。

最後の章では認知症発症の危険性を下げる対策が書かれています。だいたいは予想したとおりでしたが、アロマセラピーや肥満が影響あるとは知りませんでした。こうした対策は頭の中に入れておこうと思います。



スポンサーサイト
[ 2019/06/24 19:19 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年06月24日(月)

アイドランク 1 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2018/5/10

評価〔B+〕 幸子は明らかに飲み過ぎです。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

すいません! ほんっとすいません! 酒飲んでます! 超美味しいですココ!!(本文より抜粋)


アイドルが美味しく可笑しくアルコールを呑むお酒漫画です。

呑んでいる場面が多いです。表紙よりは裏表紙のイメージのほうが本編に違いです。美味しそうに飲む姿は楽しそうですし、専門家ぶる人はいないし、食べ物に対する過剰なコメントもありません。グルメ漫画の一種ですが気軽に読めます。

もちろんもう一つの要素、アイドルの要素も程よくあり、うまく笑いに繋げています。アイドルとお酒のバランスが良いのでしょうか。テンポよく飲み、いや話が進むので勢いがあります。

どのお酒も高価でなく庶民的なものばかりだと思いますので、試しに自分で呑んでみるのも良いかもしれませんね。



[ 2019/06/24 19:13 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月19日(水)

致死量未満の殺人 



著者:三沢 陽一
発売日: 2015/9/17

評価〔A-〕 分かりそうで分からないです。
評価〔B+〕 分かりそうで分からないです。
キーワード:推理、クローズドサークル、ハウダニット、

「それでは、皆さん、弥生さんに何らかの恨みを持っていたわけですね?」(本文より抜粋)


雪山の別荘で起きた殺人事件を被害者の同級生たち4人が推理します。単なるクローズドサークルものではなく、冒頭である人物が別の人物に自分が犯人だと自白するのが特徴的です。第3回アガサ・クリスティー賞。

殺害方法を推理する所謂ハウダニットものです。ハウダニットという言葉を知ってからこの類の小説を読むのは初めてかも。犯人も動機も分かっているので推理する部分が少なく自分でも解けるかもと思って推理するのですが、犯人以外の同級生のように真相は分かりませんでした。怪しいなと目をつけていた動作が鍵となっていたのは良かったのですが、それが犯行とどのように繋がっているのかを見破れなかったので悔しいです。裏表紙に書かれているようにどんでん返しがあります。終盤まで読んでここからどう読者を騙すのか興味がありましたが、読んでみてなるほどと感心しました。

ただ、最後に明かされた事実は少々半端だったように感じました。もっと納得できる強い伏線が欲しかったです。また、事件発生まで長く冗長に感じたり、分かりにくい専門用語も出てきて読みにくいと思う人もいそうです。

推理すべき点が狭く明確なせいか、推理してみたくなる面白さがありました。それと登場人物が推理小説のわりに少なかったのも個人的には良かったです。


ネタばれ一言↓
[ 2019/06/19 19:59 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年06月19日(水)

PTA不要論 



著者:黒川 祥子
発売日: 2018/5/16

評価〔B+〕 私も不要に一票。
キーワード:学校、PTA、役員、教師、教育、

これほどの負担と労力とストレスを強いられながら、意味が見出せない組織が戦後70年も延々と続いている。あるのが、当たり前とされて・・・・・・。(第六章より抜粋)


子供の頃は、PTAは保護者と先生がなんだか集まって何かしているよく分からない組織でした。大人になってから体験談を聞いたり読んだりしてみると、どうも問題が多い組織のようですね。

役員になると多くの時間を犠牲にして活動しなければならないのですが、その活動が本当に子供たちの教育に役立っているのか分からないものがあります。本書で挙げれた先生たちへのお茶くみやベルマーク集計は大いに疑問です。家庭の事情は一切考慮せずに時間と体力を捧げなければならないのが辛いです。

一番酷いのは任意加入なのに、古参の参加者がさも強制加入であるかのように説明していることではないでしょうか。自分たちが苦労したのだからあなた達もしなさい、と中学生の部活動の悪習のようです。義務ではないのですから、参加したい人が行うボランティア制が理にかなっています。しかし、何らかの理由で未加入でいると、その人の子供が大人からいじめられる可能性があるというのですから酷いものです。

PTAを必要であると主張する本部役員の弁も載っていますが、他人事のようであり賛同できません。理解しがたい意見もありましたし。もっと現場でうまく行っている、こうした場合に必要だという意見が聞きたかったです。その上で要か不要か考えてみたかったです。

誰のための組織と活動なのか。本部の人々も原点に戻って考え直してもらいたいです。



[ 2019/06/19 19:53 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年06月08日(土)

竜の学校は山の上 



著者:九井 諒子
発売日: 2011/3/30

評価〔B+〕 どの世界も味があります。
キーワード:短編集、オカルト、ファンタジー、現代、

「違った方向から竜を生かす方法を私たちと一緒に考えてみないか?」(本文より抜粋)


現実の中に適度にファンタジーが入り込んでいる物語が目立つ短編集です。公表済み7編と描き下ろし2編の9つが収録されています。

「ダンジョン飯」の著者の短編集ということで手に取りました。完全にファンタジーの世界もありますが、現実感が損なわれない程度にフィクションが混じった数々の話が個性的で面白いです。大笑いしたりタブーを取り上げたりのめり込んだりと強い印象はあまりないものの、読み終わった後ちょっと良いなと思ったり自分に当てはめて考えてしまったりする良さがあります。

序盤の短編の重い雰囲気よりも、終盤のゆるい空気ですが独特の味が出ている短編のほうが好みです。馬人間と猿人間が共存する「現代神話」や、竜が存在する現代日本の「竜の上の学校は山の上」が気に入っています。後者に登場する部長のカノハシさんは格好良いです。最後の彼の疑問に対する答えが印象深い。

著者の違う短編集にも興味がわきました。


[ 2019/06/08 21:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月08日(土)

数学女子 4 



著者:安田 まさえ
発売日: 2014/9/27

評価〔A-〕 なつかしいなあ。
評価〔B+〕 なつかしいなあ。
キーワード:数学科、女性、大学、

「何よ、相談じゃなくて決意表明じゃない」(本文より抜粋)


就職する者も進学する者もついに面接や試験が始まります。

ゆみの意外な心境の変化あり、まなも大胆な決断ありと山あり谷ありです。3巻同様きちんと大学生の生活や心理の変化を描いていて、こうした現実味のある理系の日常を紹介してくれる漫画は少ないと思います。教授たちの気持ちも理解できるし、まなの母の様子もよく見る光景です。高校生や文系だった人にも雰囲気は伝わるはず。数学の難しさは別として。

次で最終巻なので、進路や恋愛も全て決着がつくのでしょうか。スパッと綺麗に終わって欲しいです。


[ 2019/06/08 21:45 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月08日(土)

2019年5月の読書メモ 

「過剰反応」社会の悪夢〔B〕
うわばみ乙女ずかん 1〔B〕
殺人鬼探偵の捏造美学〔B+〕
数学女子 3〔B〕
アスペル・カノジョ 1〔A〕

ナナマルサンバツ 15〔B+〕
裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル〔B〕
非社交的社交性 大人になるということ〔C+〕


以上、8冊でした。最近漫画が多いのでちょっと活字を読むように意識しました。それでも漫画と活字が半々。その活字も小説が多くなっていますしバランスよく読むのは難しいですね。

「殺人鬼探偵の捏造美学」はA-にしようかB+にしようか迷いました。好みと面白さが同じくらいなら判定しやすいのですが、ある部分はすごく良くて、別のある部分はあまりという本は本当に迷います。B++とか作ろうかと考えてしまいます。

レンタルで漫画を借りて読みました。ブログには感想を書きませんが、どの作品をどこまで読んだのか分からなくなりそうなのでどこかに記録したほうがいいのかな。



[ 2019/06/08 21:43 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)