FC2ブログ







2019年05月28日(火)

非社交的社交性 大人になるということ 



著者:中島 義道
発売日: 2013/5/17

評価〔C+〕 実質エッセイ本です。
キーワード:哲学、現代、哲学塾、若者

だが、この際とくに言っておきたいのは、きみと異質な人々を切り捨てるのではなく「大切にする」ことである。(はじめにより抜粋)


題名の「非社交的社交性」とはカントの言葉で、人間は我慢できないが離れることもできない人々に囲まれて生きているという意味だそうです。少し調べてみたところ著者は人間嫌いみたいなので、そういう人が人間関係をどう思いどう実践しているのか、哲学者から見た人付き合いとはどうなのか興味があって手に取りました。

前半は哲学のエッセイと著者の半生が書かれています。エッセイの部分はカントが中心でまったく知らないことが多く興味深かったです。学問とは少し外れた哲学者の飲み会の話題は何か、なども面白いです。少子化などの社会問題には触れないところがいかにもって感じですよね。

後半は著者が主催する哲学塾について、日頃思っていることや印象に残る出来事を綴っています。特にある種の特徴、言葉を額面通りに受け止め批判に弱い生徒たちの言動を紹介しています。はじめは穏やかに紹介しているのですが次第に辛辣になって、少々戸惑いましたしあまり良い気分ではありませんでした。そして、前半では自分は哲学を続けているので真っ当な社会人とは違うと言っているけれど、後半では生きづらそうに生きる生徒たちに対してもっと真っ当になれと諭しているのが、なんだか皮肉っぽくて印象に残りました。

上記のとおり本書は哲学の本というより哲学者のエッセイです。勘違いしないように注意してください。



スポンサーサイト



[ 2019/05/28 22:19 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2019年05月28日(火)

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル 



著者:宮澤 伊織
発売日: 2017/2/23

評価〔B〕 一番見せたいのはホラーの部分だと思う。
キーワード:都市伝説、ネットロア、SF、裏側、現代、ホラー、

「そうそう、そういえば、くねくねってどういうところに出るお化けなの?」(本文より抜粋)


異世界から連想するのはゲームでよくあるファンタジーの世界ですが、本書に登場する異世界は現代と似ているけれど人はいない得体の知れないそれです。女子大生・紙越空魚(そらを)は異世界探検中に、金髪の女性・鳥子に助けれたことが縁で行動を共にします。日常と非日常を行き来する探検物語です。

ハヤカワ文庫なので近未来SFなのかと思い込んでいましたが、SFのようでもあり、オカルトもののようでもあり何とも断言しにくいです。都市伝説や怪談、ネットの都市伝説であるネットロアを参考にしているのでそう感じるのかもしれません。不思議な現象や存在をつめこんだ人間のいない廃墟の現代、といったところでしょうか。

難しい機械や理論は出ないので気軽に読めます。平凡な場所から一歩踏み出すと謎に満ちた世界と未知の生物(?)というのもワクワクします。しかし、のめり込むほど面白いかと聞かれれば、残念ながらそうでもありませんでした。好きな題材なのですが。もう少し怖くても良かったかな。

文庫本には珍しく挿絵があります。どちらかというとライトノベル寄りのSF小説でした。


[ 2019/05/28 22:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年05月22日(水)

ナナマルサンバツ 15 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2018/3/2

評価〔B+〕 ようやく役者が揃いました。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「ああ・・・まさかここでこんな煽られ方をするとは思わなかった。」(本文より抜粋)


予選の敗者復活戦と全国大会招集とSQはどんどん進みます。今まで盛り上がり続けていたためかどうかは分かりませんが、この巻では一時休憩のような展開です。

予選を勝ち抜いたチームは招集直後からクイズを警戒しているのが面白いです。現実の高校生クイズでも、いつどのような形でクイズが行われるのか分からないので当然と言えば当然なのですが、あの立場になったら凄く気疲れしそうです。全国大会の本選は次の巻になりますが、また熱い戦いが見られそうです。

また、本書ではこの漫画の題名に関するエピソードが出てきます。あのシーンが一番の見どころかもしれません。クイズに関しては本当に笹島は格好良いなあ。

恒例の巻末クイズは50問。私の苦手な分野でした。正解は11問、意外にも14巻の時よりは当たってました。




[ 2019/05/22 20:43 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年05月22日(水)

アスペル・カノジョ 1 



著者:萩本創八、 森田蓮次
発売日: 2018/7/11

評価〔A〕 なんか圧倒的でした。
キーワード:アスペルガー、人間関係、

彼女の眼球に捕まると意識がフワッとする。(本文より抜粋)


表紙を見た感じでは少し変わった形の恋愛ものと言う印象でしたけれど、読んでみたら軽いラブコメなんかではなく何か凄いものを読んでしまったという気持ちになりました。

題名から分かるようにアスペルガー症候群の人を描いた物語です。世界を揺るがすような大事件もなければ超能力もありません。現代の若者たちの日常を描写しているだけなので、見た目に派手な場面もありません。しかし、アスペルガー症候群の少女・斉藤の言動が、ただただ突出しています。彼女が魅力的とか面白いとかではなく、その存在感に引き寄せられてしまうのです。こんなに極端な行動をとる人がいるのかなと戸惑っていたのですが、どこか整合性が取れていていかにも実在しそうな様子に惹きつけられました。他の書評の言葉を借りると『あまりにも生々しい』のです。

アスペルガー症候群は知識としてはある程度は知っていました。相手の言葉を鵜呑みにしてしまい、人間関係が苦手な人々。本書はそんな半端な理解とぼんやりした印象を吹き飛ばしてくれます。私はアスペルガーの人に会ったことがないのですが、実際に会ったらどのような心情になるのか分かるような気がするくらい彼らを的確に表現していると思います。彼ら彼女らがこの本を読んだらどのような感想を持つのでしょうか。興味があります。

斉藤と正しく理解し意思疎通できているもう一人の主役・横井は凄いです。彼のような良き理解者がいれば、彼女のような人たちも生きやすくなるのにね。アスペルガーの描写が圧倒的でしたので、読み終わってから恋愛ものでもあることを思い出しました。次の巻からは恋愛らしくなるのかな。



[ 2019/05/22 20:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年05月11日(土)

数学女子 3 



著者:安田 まさえ
発売日: 2012/4/7

評価〔B〕 T島ってどこだ。
キーワード:数学科、女性、大学、

「数学は大の得意だったのですよ?」(本文より抜粋)


穏やかな大学生活も学年が上がるにつれ忙しくなるのはどの学科も同じようです。

試験勉強をしたり、友達と旅行したり、アルバイトしてみたりと実に日本の大学生らしい大学生活が描かれています。なかなか実態に近いんじゃないかな。進路を模索する場面なんかも良い感じです。よくある単なる日常系ではなく、今まで以上にしっかりとした数学科4コマ漫画になっています。

登場人物たちの掘り下げも忘れてはいません。お金が好きなギャンブラーさえこの意外な価値観が、ある出来事とともに語られます。また、同じく個性の強いA教授の意外な一面も明らかになります。いや、意外でもないか。いやいや個人的なイメージとしては意外でした。まなと同じ感想です。両者の見方が少し変わりました。

まなは劇中では馬鹿にされているけれど、大学の数学は難しいのに、数学科で留年なく進級できているのは凄いと思います。次もがんばれ。


[ 2019/05/11 22:16 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年05月11日(土)

殺人鬼探偵の捏造美学 



著者:御影 瑛路
発売日: 2017/11/22

評価〔B+〕 なるほどなるほど。
キーワード:推理、探偵、殺人鬼、

とても美しかった記憶はあるのに、どうしてもその顔が思い出せない。(第一話より抜粋)


美形で人気の精神科医・氷鉋(ヒガノ)が、副業で探偵業をしさらに裏では殺人鬼・マスカレードとして暗躍する一風変わった推理ものです。

事件のアリバイやトリックが一番の見せ場ではなく、事件の全体像が最大の謎です。誰がどのような動機で動いているのか、誰の言っていることが本当なのか。劇中で触れているミスディレクションが、誰から誰へのものなのか。目まぐるしく事態は変化してたびたび事件の見え方が変わってくるので、面白くて一気に読んでしまいました。

どんでん返しがある物語は珍しくありませんけど、本書は一体何回ひっくり返ったのでしょうか。終盤で再び出てくるあの文章の意味が分かった時は、本当に驚きましたし感心しました。あれ、きちんと全て見抜いた人は凄いです。

個人的にはミステリにしては登場人物が少なく、いちいち容疑者を覚える必要がないので読みやすかったです。巻頭で20人くらい名前が書かれているのを見ると、読む気がそがれます。

思っていた推理ものとは違っていましたけど、このようなタイプの本も結構好みです。


ネタばれを少しだけ↓
[ 2019/05/11 22:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年05月04日(土)

うわばみ乙女ずかん 1 



著者:後藤羽矢子
発売日: 2018/12/26

評価〔B〕 聖酒めぐりは渋い。
キーワード:アルコール、恋愛、

「これが・・・本物のギムレット・・・」(本文より抜粋)


新婚の遠藤夫婦が恋人時代同様、お酒とおつまみで楽しく過ごすアルコールものです。「うわばみ彼女」の続編にあたります。

彼らがアルコールが縁で知り合った人々と楽しみます。前作に登場した人も再登場しますし、少しだけ賑やかになりました。しかし、のんびりした雰囲気は変わらないので、前作が気に入った読者は概ね楽しめます。

前と違うのは、彼女が日本酒好きなので呑むものに偏りがありましたが、今回は新たな登場人物たちのおかげで色々なアルコールがとりあげられています。個人的に馴染みのないものが多かったので興味深かったです。

巻末のおまけ漫画を読むに、著者の生活が本書そのもののような気がしてきました。楽しんで描き続けてほしいです。



[ 2019/05/04 21:47 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年05月04日(土)

「過剰反応」社会の悪夢 



著者:榎本 博明
発売日: 2015/5/10

評価〔B〕 受け手も過剰にならずに。
キーワード:社会問題、炎上、クレーマー、

何を期待されていたのかもよくわからないし、何が気に入らないのか、何を怒っているのかと戸惑うばかりである。勝手な思い込みによる期待なのに、裏切られてたといって過剰反応するのである。(第3章より抜粋)


今までは特に何の問題もなかったことが、少数の意見により組織や会社が対応を強いられる出来事があります。少数派としてはまっとうな意見なのかもしれませんが、感情的になってしまいネットで取りあげられることも少なくありません。どうしてこのような出来事が起きてしまうのか、原因は何なのか、について分析します。

まず列挙されている過剰反応の事件の数に驚きました。一度は目にしたことがあるのに忘れていた事件も多く、ネットではすぐ新しいニュースが飛び込んでくるので長く記憶に残らないのが原因なのでしょう。一つひとつ反論しています。概ね納得できる意見でしたが、心理構造を読み解くための心理実験の結果などの客観的な根拠があればなお良かったと思います。

対策が知りたくて読みましたが、劇的に効く対処法はなかったのは予想はしていましたが残念です。和解できた成功例をもっと挙げて欲しかったです。実際に話し合って解決していくのが一番効果的なのかもしれません。社会を構成する一人ひとりが意識と行動を変えていかなければならないと再認識しました。



[ 2019/05/04 21:46 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年05月04日(土)

2019年4月の読書メモ 

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕〔B+〕
考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門〔A-〕
数学女子 2〔B〕
山田秀樹短編集 とある女子大生の日常にみる〔C〕
図解・ベイズ統計「超」入門〔A〕

さぐりちゃん探検隊 4 〔完〕〔B+〕
最後のレストラン 10〔B+〕
あなたは嘘を見抜けない〔B+〕
おとの教室〔B-〕


以上、9冊でした。漫画と小説ばかりですが予定していた数は読むことができて良かったです。ここ数か月同じようなことばかり言っているような。もう少し余裕を持って読書できればいいのですが・・・・・・これがなかなか難しい。

漫画を2つ完結まで読みました。途中でほったらかしにすることも多々ありますけど、こうして最後まできちんと見届けられると、心残りもなくすっきりします。なるべく最後まで読もうと思って買い始めるのですが・・・・・・これもなかなか思うようにいかないのです。


[ 2019/05/04 21:44 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)