FC2ブログ







2019年04月06日(土)

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 



著者:梶谷 真司
発売日: 2018/9/27

評価〔A-〕 考えること自体が目的です。
キーワード:哲学、対話、考える、自由、

私たちは「問う」ことではじめて「考える」ことを開始する。思考は疑問によって動き出すのだ。(第一章より抜粋)


哲学の本はたいてい有名な理論や概念を紹介していますが、本書はそれらの難解な専門用語や研究者は一切出てきません。では何が書かれてるのかというと、哲学は専門家だけのものでなく、誰にとっても楽しくかつ必須であることの説明です。興味がある人にむけてではなく、興味がない人こそが対象の参加型哲学の入門書です。

哲学的思考を知る取り組みとして、「哲学対話」が挙げられています。10人ほどの集団で自由に話をするのですが、ただのお喋りとは一味違います。人の意見を否定しないのは良いとして、結論を出さなくて良い点や分からなくても良い点が斬新です。第一印象はアイディアを出すブレインストーミングに似ていると思いましたが、詳細を読んでいくとそれとは違う独特のものだと分かりました。

気になった箇所をいくつか。年齢も立場も違う人たちが、果たして自由に発言できるのでしょうか。生徒が先生に、部下が上司にまったく気兼ねなく自由に発言できるのか疑問です。また、第二章で自由を妨げるのが他者なら自由にしてくれるのも他者であると解いていますが、何度読んでもピンときません。共感する喜びとは違うのでしょうか。もう少し詳しく解説してほしかったです。

第二章の2に『考えることで自由になれる。そして共に考えることで共に自由になれる』のが哲学の意義としています。参加者の感想が肯定的なものが多いみたいなので、機会があれば見学して参加してみたいです。

スポンサーサイト



[ 2019/04/06 21:19 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕 



著者:有田イマリ
発売日: 2019/1/22

評価〔B+〕 読後感は悪くなかったかな。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「さて、答え合わせをしようか」(本文より抜粋)


首謀者との賭け、茜の作戦の結末が描かれます。最終巻です。

村の秘密や首謀者の意図など明かされた真実もありますが、全てがすっきり終結するわけではないのが残念でした。まだまだ物語は続くので半端な印象を受けますが、個人的に知りたかった事柄は分かったので不満よりは満足のほうが大きいです。あまりに半端なところで終わってしまうと物足りなさばかりが目立ってしまうので、切りが良いのが救いです。

あとがきを読む限りでは考えなしの結末とは思えないので、できればこの事件の全貌を見たかったですね。辻褄を合わせるのは容易ではないけれど、著者ならできそうですので。

駆け足で終わった感もあるので、きちんと理解できていない箇所が多そうです。後で1巻から読み直します。


少しだけネタばれ話↓
[ 2019/04/06 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

2019年3月の読書メモ 

恐怖の構造〔C〕
死人の声をきくがよい 12 〔完〕〔B-〕
はっぴぃヱンド。 3〔B+〕
はっぴぃヱンド。 4〔B〕
生贄のジレンマ〈上〉〔B-〕

生贄のジレンマ〈中〉〔B+〕
風ヶ丘五十円玉祭りの謎〔B+〕
生贄のジレンマ〈下〉〔C-〕


以上、8冊でした。とにかく前の月よりは多く読もうとがんばった結果がこれです。珍しく小説が多いですね。

「生贄のジレンマ」は以前から気になっていました。この著者の小説は1冊で完結しないものが多かった印象があるので、一気に読もうと決めていました。今回読むことができて良かったです。

「死人の声をきくがよい」の突然の完結は驚きました。いつまで続くんだろうとぼんやり考えていたので。

来月以降は漫画と小説ばかりでなく新書も読む予定です。あくまで予定です。

[ 2019/04/06 21:17 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)