FC2ブログ







2019年04月27日(土)

おとの教室 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2016/4/7

評価〔B-〕 芸大卒とそうでない人は結構違うの?
キーワード:音楽教室、楽器、音大、連作短編集

「先生は・・・なんでチェロ始めたんですか?」(本文より抜粋)


音楽が主題の物語ですが、音楽教室の若い先生が主役という一風変わった連作短編集です。全10編。

一編一編が軽快に進むので読みやすいし、音楽教室の雰囲気がよく伝わってきます。主人公である武部都の目を通して描かれ、各話で詳しく紹介される職場の同僚や家族たちが個性的で面白いです。また、著者の他の作品で度々見かける大きな問題を抱え苦悩する人物はいないので、明るく軽やかな印象が残りました。

どの話も味があって良いし全体としてまとまっていますが、さらっと終わって少し物足りない感じがしました。もう少し生徒との関係や音楽家としての彼女を掘り下げて・・・・・・でもそうすると1冊では終わらなさそうなので難しいですね。

この手の専門的な分野の創作物は、実際その世界にいる人たちの感想が聞きたくなります。


スポンサーサイト
[ 2019/04/27 17:13 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月27日(土)

あなたは嘘を見抜けない 



著者:菅原 和也
発売日: 2017/7/20

評価〔B〕 嘘をついているのは誰なのか。
キーワード:廃墟めぐり、オフ会、推理、恋愛、

彼女の死には、なにか裏があったんじゃないだろうか?(P75より抜粋)


一年前に旅先で突然亡くなった恋人・美紀の死に疑問を覚え、高辻は真相を探ることを決意します。同時進行で孤島の廃墟めぐりツアーの様子も描かれ、両方の物語から真相を推理するミステリとなっています。

彼女の旅がネットで知り合った人たちとの旅行という時点で何かありそうな雰囲気でしたが、まんまと著者のミスリードにひっかかってしまいました。題名にある嘘は見抜けませんでした。それでうまく騙されてしまったのは良いのですが、孤島の社宅での事件の謎解きはいまいちすっきりしません。あのように書いているからには可能なのでしょうが・・・・・・詳しい人の意見が聞きたいです。

読後感があまり良くなかったので絶賛はしません。題名の嘘を看破する自信のある方には是非挑戦してもらいたいです。


[ 2019/04/27 17:11 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年04月23日(火)

最後のレストラン 10 



著者:藤栄道彦
発売日: 2017/11/9

評価〔B+〕 同じパターンですが面白いです。
キーワード:料理、偉人、歴史、グルメ、

「多分、ひと口で勝負つくわ」(本文より抜粋)


店の状況が変化し登場人物も増えて、少しずつではありますが変化が見られます。しかし、劇中で某が言っているように、園場はあまり変わっていないように見えます。彼は変わらないけれど、周囲の人々が彼によって変わったのでしょう。

難しい注文をうまくこなす姿は相変わらず格好良いです。漫画としては教訓はほどほどで説教くさくないのが丁度いいと思います。著者の主張が強過ぎると娯楽としては面白くなくなってしまいますので。

残念ながらお見合い相手の好美の出番は少なく、恋愛事情の変化はありません。10巻を超えたので次はそろそろ大きく動くのかな。


[ 2019/04/23 22:39 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月17日(水)

さぐりちゃん探検隊 4 〔完〕 



著者:あきやま 陽光
発売日: 2019/4/4

評価〔B+〕 また探検がみたいものです。
キーワード:探検、写真、

「私だって今までに探検の中でちゃんと成長してるんだから!」(本文より抜粋)


唐突ですが最終巻です。今回も遠出をしてあちこちで色々と体験します。

どの場所も日常とはかけ離れていて魅力的です。前の巻でも書きましたが、国内でも有名でないだけで面白そうなところがたくさんあるのだと思います。行ってみたくなります。しかし、遠出ばかりですと旅行漫画のようで、探検とは少し違うような印象も受けます。昆虫採集のような近場でもできる探検ももっと見てみたかったです。

探検や名所の良さに力を入れたため、それぞれの生徒たちを深く掘り下げることなく終了してしまったのが残念です。特にこの巻では主役の二人以外は目立っていないのが惜しいです。

次の作品は長編が読んでみたいです。


[ 2019/04/17 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月17日(水)

図解・ベイズ統計「超」入門 



著者:涌井 貞美
発売日: 2013/12/17

評価〔A〕 厳密でないのが興味深いです。
キーワード:ベイズ統計、数学、入門書

先生「条件付き確率の問題に出会って困ったら、まずベイズの定理を試してみるといいわ。」(4-1より抜粋)


統計や確率は知っているけれど、ベイズ統計を知っている人はあまりいないと思います。本書ではこの便利で応用の幅が広いベイズ統計を、ベイズの定理から分かりやすく解説する入門書です。

まず会話形式で分かりやすいです。読者が考えそうな質問や疑問もこの会話の中で挙げられ、図や表と共に丁寧に説明しています。数学が苦手な方でも分かるように、数式を文章に置き換えて表現しているのも良いです。データと仮定という言葉で定理を書き換えるのは理解しやすかったです。計算がまったくないわけではありませんが、意味が分かれば難しくありません。統計学の知識がなくても大丈夫そうです。

前半ではいまいち凄さが分からなかったベイズの定理も、後半では様々なものに適用できるのが分かり面白かったです。難病Xの問題や迷惑メールの例を読むとこの定理の利便性や実用性が分かります。使い方次第で人の心理を確率で判断できるのには驚きました。あくまで確率ですけど。

基本的な考え方といくつかの応用例のみですが、ベイズ統計がどのようなものか知りたい方にはおすすめの一冊です。分かりやすい、これに尽きます。


[ 2019/04/17 21:20 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年04月11日(木)

山田秀樹短編集 とある女子大生の日常にみる 



著者:山田 秀樹
発売日: 2009/10/24

評価〔C〕 ギャグが激しいです。
キーワード:ギャグ、短編集、

「ねぇ久美ちゃん、たまにはこういうのどう?」(本文より抜粋)


4つの物語からなる短編集ですが、表題作のみ6つの連作短編集という変則短編集です。全部で6編。

ギャグの勢いが凄いです。スラップスティックそのものといったところ。特に最初のブルマのあれはなんだか圧倒されました。笑えるのかと言われると、私はあまり合わなかったような・・・・・・。ギャグ一辺倒で1冊終わるのかと思っていたら、最後の2編はガラッと雰囲気を変えて恋愛ものです。最後まで読むと感想や評価に迷う1冊だと分かりました。

うーん、どちらかというと後者のほうが印象に残ったかな。ギャグと恋愛どちらが上手かったかは別として。また、著者は表題作の6話目が漫画っぽくなったと評していますが、絵柄だけで言えば3話や4話あたりのほうが好みでした。



[ 2019/04/11 21:03 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月11日(木)

数学女子 2 



著者:安田 まさえ
発売日: 2011/5/27

評価〔B〕 どこに進むか迷うよね。
キーワード:数学科、女性、大学、

「ゼミって何をするんですか?」(本文より抜粋)


オープンキャンパス、学園祭、研究室配属ともりだくさんです。展開の速い漫画です。

女子が数人でワイワイさわぐ漫画は単なる日常ものになりがちですが、きちんと数学や数学科について触れているのでそれらの新たな一面を知ることができて面白いです。

まなの研究室の専門はあれか……なかなか難しそうだなあ。確率と統計が分かれているのが大学らしいです。高校ですとまとめて一つの分野でしたし。

数学科の学生のイメージは暗号解読女子・ともでしたけど、読んでいくうちにパチンコ女子・さえこが一番数学者らしいと感じました。性格と意欲と才能は関係ないところとか。この調子で数学科の様子を見てみたいです。


[ 2019/04/11 21:02 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 



著者:梶谷 真司
発売日: 2018/9/27

評価〔A-〕 考えること自体が目的です。
キーワード:哲学、対話、考える、自由、

私たちは「問う」ことではじめて「考える」ことを開始する。思考は疑問によって動き出すのだ。(第一章より抜粋)


哲学の本はたいてい有名な理論や概念を紹介していますが、本書はそれらの難解な専門用語や研究者は一切出てきません。では何が書かれてるのかというと、哲学は専門家だけのものでなく、誰にとっても楽しくかつ必須であることの説明です。興味がある人にむけてではなく、興味がない人こそが対象の参加型哲学の入門書です。

哲学的思考を知る取り組みとして、「哲学対話」が挙げられています。10人ほどの集団で自由に話をするのですが、ただのお喋りとは一味違います。人の意見を否定しないのは良いとして、結論を出さなくて良い点や分からなくても良い点が斬新です。第一印象はアイディアを出すブレインストーミングに似ていると思いましたが、詳細を読んでいくとそれとは違う独特のものだと分かりました。

気になった箇所をいくつか。年齢も立場も違う人たちが、果たして自由に発言できるのでしょうか。生徒が先生に、部下が上司にまったく気兼ねなく自由に発言できるのか疑問です。また、第二章で自由を妨げるのが他者なら自由にしてくれるのも他者であると解いていますが、何度読んでもピンときません。共感する喜びとは違うのでしょうか。もう少し詳しく解説してほしかったです。

第二章の2に『考えることで自由になれる。そして共に考えることで共に自由になれる』のが哲学の意義としています。参加者の感想が肯定的なものが多いみたいなので、機会があれば見学して参加してみたいです。

[ 2019/04/06 21:19 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕 



著者:有田イマリ
発売日: 2019/1/22

評価〔B+〕 読後感は悪くなかったかな。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「さて、答え合わせをしようか」(本文より抜粋)


首謀者との賭け、茜の作戦の結末が描かれます。最終巻です。

村の秘密や首謀者の意図など明かされた真実もありますが、全てがすっきり終結するわけではないのが残念でした。まだまだ物語は続くので半端な印象を受けますが、個人的に知りたかった事柄は分かったので不満よりは満足のほうが大きいです。あまりに半端なところで終わってしまうと物足りなさばかりが目立ってしまうので、切りが良いのが救いです。

あとがきを読む限りでは考えなしの結末とは思えないので、できればこの事件の全貌を見たかったですね。辻褄を合わせるのは容易ではないけれど、著者ならできそうですので。

駆け足で終わった感もあるので、きちんと理解できていない箇所が多そうです。後で1巻から読み直します。


少しだけネタばれ話↓
[ 2019/04/06 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

2019年3月の読書メモ 

恐怖の構造〔C〕
死人の声をきくがよい 12 〔完〕〔B-〕
はっぴぃヱンド。 3〔B+〕
はっぴぃヱンド。 4〔B〕
生贄のジレンマ〈上〉〔B-〕

生贄のジレンマ〈中〉〔B+〕
風ヶ丘五十円玉祭りの謎〔B+〕
生贄のジレンマ〈下〉〔C-〕


以上、8冊でした。とにかく前の月よりは多く読もうとがんばった結果がこれです。珍しく小説が多いですね。

「生贄のジレンマ」は以前から気になっていました。この著者の小説は1冊で完結しないものが多かった印象があるので、一気に読もうと決めていました。今回読むことができて良かったです。

「死人の声をきくがよい」の突然の完結は驚きました。いつまで続くんだろうとぼんやり考えていたので。

来月以降は漫画と小説ばかりでなく新書も読む予定です。あくまで予定です。

[ 2019/04/06 21:17 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)