FC2ブログ







2019年01月10日(木)

幽麗塔 8 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2014/7/30

評価〔B+〕 財宝探しよりも・・・・・・。
キーワード:サスペンス、戦後、

「顔を隠す必要もないだろ、『死番虫』。」(本文より抜粋)


何人もの犠牲者を出してきた幽麗塔の財宝探しもようやく最終盤となりました。少し前からだけど、沙都子の役どころがお嬢さんではなくお笑いになってきているような。

丸部の推理が合っているのか?誰が一番怪しいのか?財宝はあるのか?などいくつもの謎がありましたが、それらに答えが用意されています。もっと出し惜しみするかと思っていたけれど、意外とあっさり素直に終わりました。

全て終わったからもう語るべきことはないのではと思いながら読み続けたら、あの人物の口から予期せぬ計画が語られて驚きました。いやもう何言ってるの、聞かされた某でなくても――は?ですよ。前半の驚きを忘れそうになりました。終わったと思ったらまだ山場は残されていました。どうなってしまうのでしょうか。



スポンサーサイト
[ 2019/01/10 21:19 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年01月10日(木)

教えて 劉老師! 2カ国語声優の日常 



著者:劉セイラ
発売日: 2018/5/18

評価〔B〕 KOFを久々にやりたくなってきました。
キーワード:声優、中国、外国人、

兄さんって……どういうもの!?(本文より抜粋)


アニメや漫画が好きで日本に来る外国の方はたくさんいますが、それらを仕事にまでしてしまう人はなかなかいないと思います。中国に生まれ今は声優として活躍している著者は、その少数派であろう人たちのひとりです。彼女の感じた文化の違いや誤解を楽しく紹介しています。さらっと書いてあるけど、北京外国語大学卒業って凄い頭良さそう。

アニメで知っている日本と現実を比較して戸惑ったり喜んだりするのは、定番かもしれませんが面白いです。どこの国の人でもオタクはやはりオタクなのかもしれませんね。日本の文化は中国由来のものが多いですが、伝わるまでに変わってしまったのか、少しずつ違うのが興味深いです。例えば、緑の帽子の意味。例えば、ゼスチャー。後者はどういった経緯であの形になったんだろうか。中国の中でもさらに違いがあるのがややこしいし面白いです。それと、ひとりっ子政策の影響が少し出ているのは意外でした。

声優ならではのエピソードもあり、声の収録の方法に違いがあるとは知りませんでした。どちらが良いとは言えないけれど、慣れないと大変そう。あちらでは実写ドラマも声優が声を当てているそうで、なんだか不思議です。役者さんは声にあまり思い入れがないのでしょうか。

終盤のKOFの約束は良い話でした。今後のさらなる活躍を期待しています。



[ 2019/01/10 21:17 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)