FC2ブログ







2018年12月06日(木)

幽麗塔 5 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2013/5/30

評価〔B+〕 死番虫、大胆だよね。
キーワード:サスペンス、戦後、

・・・・・・あいつがやって来た・・・!!(本文より抜粋)


渦中の本の謎が明かされてからは、テンポよく進み面白かったです。

目を引いたのは、そろそろ本性が暴かれそうな丸部道九郎。うーん、あれでは沙都子があのような態度を取るのは仕方ないです。能力と性格が比例していない良い例ですが、実際にいそうですよね彼みたいな人。また、某活動グループも妙な現実味があって興味深いです。細かい点も丁寧に作られているので、古いのにも関わらずあまり違和感を感じません。

天野とテツオから丸部親子へと主導権が移っていきそうですが、もう1つ2つ大きな転機がありそう。



スポンサーサイト
[ 2018/12/06 21:49 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年12月06日(木)

幽麗塔 4 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2013/1/30

評価〔B+〕 昭和でジェンダー論。
キーワード:サスペンス、戦後、

「あんな谷底に、村が・・・」(本文より抜粋)


地下での事件後、天野とテツオは一冊の本に注目し、新たな手掛かりを求めて動き出します。

またも本編からずれてサイドストーリーへと突入しますが、ただのサスペンスではなくジェンダー問題と絡めて展開していくのがなんとも新鮮です。時代が現代でしたらよくありそうですが、昭和とジェンダーの組み合わせは目新しく、あれこれ考えてしまいます。シリーズとしては進まないので良くなかったですが、これ単体で見ると興味深い事件でした。

事件の結末は、うーん、なんかすっきりしないなあ。いや、分かるのですがもっと分かりやすく終わってほしかったです。



[ 2018/12/06 21:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年12月06日(木)

2018年11月の読書メモ 

know (ハヤカワ文庫JA)〔A-〕
幽麗塔 1〔B〕
幽麗塔 2〔B〕
閻魔堂沙羅の推理奇譚〔A-〕
なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか〔C〕

幽麗塔 3〔B+〕
水族館の殺人 (創元推理文庫)〔B+〕
透明のココロ〔B-〕


以上、8冊でした。小説、新書、漫画とそれなりに読むことができて満足です。

久しぶりに評価に幅があった一ヶ月となりました。B+とA-はいつも迷いますね。迷わないくらい面白いとAですけど、他のA-の本と比べたりすると悩みます。とうとう12月。高評価をつけたくなるような本が読めるといいなあ。



[ 2018/12/06 21:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)