FC2ブログ







2018年11月18日(日)

幽麗塔 3 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2012/7/30

評価〔B+〕 あの謎の人物・・・・・・
キーワード:サスペンス、戦後、

「あのう・・・ここに入ったんじゃないですかね?」(本文より抜粋)


物語はサイドストーリーから本編に戻り、大きく動きます。予期せぬことからある秘密が明るみに出るのですが、ホラー映画のような緊迫感があって良かったです。実際にその場にいたら、そうとう怖いと思います。

暴力的で痛々しい描写がいくつかあるので、苦手な人には読むのが辛いかもしれません。Amazonの書評にも、そのようなことを書いている人もいますし。こうした描写が減るとは思えないので、苦手だったらおすすめしません。

最後のテツオの決断がどうでるのか。次が早く読みたくなる引きでした。



スポンサーサイト



[ 2018/11/18 10:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月18日(日)

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 



著者:阿古 真理
発売日: 2016/10/7

評価〔C〕 現状をもっと語って欲しかった。
キーワード:パン、食文化、主食、

日本にはフランスのように国立のパン学校はないが、チェーン展開する大手製パン会社がある。(本文より抜粋)


食パンをはじめとして菓子パンや総菜パンと、数多くのパンが現代の日本では売られています。日本にパンが入ってきて約150年。どのようにして受け入れられてきたのかが綴られています。

フランスパンの品質が語られているのかと思ったら、前半はパン全般の歴史でした。本格的なパン作りを日本に伝えた人、当時の人気店、製パン会社の原点が分かりやすく説明されていて、様々な要因があって普及したのだと知ることができます。また、日本のパンと特徴やパンブーム、食文化にも触れていて、パン好きにはたまらない一冊かもしれません。パンとキリスト教の考察は、なるほどと感心しました。

歴史の部分が多く、副題のほうが題名にふさわしいです。フランスパンの美味しさの考察は少しだけしかなくて残念でした。また、流行の火付け役となった人気店が紹介されていますが、興味がないので少々退屈でした。グルメの方は、こういう情報を得たら実際に行きそう。

将来は貴重な資料になりそうです。



[ 2018/11/18 10:29 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)