FC2ブログ







2018年11月26日(月)

透明のココロ 



著者:琴葉とこ
発売日: 2015/3/6

評価〔B-〕 もう一癖あっても良かったのでは。
キーワード:大学生、短編集、悩み、恋愛、友達、

玲美は大学に入って変わった。変わってしまった。(本文より抜粋)


大学生の男女の悩みをそれぞれ描いた短編集です。

突拍子もないことではなく、十分あり得る出来事や会話がたくさんあります。素直になれなかったり、恋愛の悩みだったり、ふと急接近した相手と戸惑ったり。こういう青春を送ってこなかった気がするので、羨ましいやらまぶしいやら。「クラスカースト」や「さよなら終電」は味があって良い感じ。

全て読み終わってから表紙の登場人物たちの目標や、カバーを外した表紙の直したいところを見るとなんだか納得ですし微笑ましいです。でも、もう少し突っ込んだ心理描写があっても良かったかな、とも思いました。



スポンサーサイト
[ 2018/11/26 18:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月26日(月)

水族館の殺人 (創元推理文庫) 



著者:青崎 有吾
発売日: 2016/7/28

評価〔A-〕 手がかり少なすぎ。
評価〔B+〕 手がかり少なすぎ。
キーワード:推理、学園、文庫化

「一人だけ、こういう問題に強そうな奴を知ってる」(P171より抜粋)


卓球少女・袴田柚乃と駄目人間・裏染天馬のコンビ再び。地元の水族館で起きた凄惨な事件は、容疑者が多く手がかりが極端に少ないものでした。天馬は謎を解き明かすことができるのか? 「体育館の殺人」に続く2冊目です。文庫化。

前作同様、登場人物が多いですがそれをあまり意識させない読みやすさがあります。天馬の趣味のせいもあってか、読んでいて重くなることはなさそう。高校生探偵は捜査に加わる経緯は雑ですが、緻密な推理は健在で面白いです。あの消去法のような推理はまさに合理的で、ひらめきで解いてしまうのとは違って説得力が格段にあります。あそこまで物事を分解して考えられれば、本当に凄いと思います。

アリバイや証言の時間が嫌に正確なことなど多少の違和感はありましたけど、今回も楽しめました。ただ、全体的には前作のほうが質は上だと感じました。結末があっさりだったのが特に。次の作品も出版されているようなので、楽しみです。




[ 2018/11/26 18:29 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年11月18日(日)

幽麗塔 3 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2012/7/30

評価〔B+〕 あの謎の人物・・・・・・
キーワード:サスペンス、戦後、

「あのう・・・ここに入ったんじゃないですかね?」(本文より抜粋)


物語はサイドストーリーから本編に戻り、大きく動きます。予期せぬことからある秘密が明るみに出るのですが、ホラー映画のような緊迫感があって良かったです。実際にその場にいたら、そうとう怖いと思います。

暴力的で痛々しい描写がいくつかあるので、苦手な人には読むのが辛いかもしれません。Amazonの書評にも、そのようなことを書いている人もいますし。こうした描写が減るとは思えないので、苦手だったらおすすめしません。

最後のテツオの決断がどうでるのか。次が早く読みたくなる引きでした。



[ 2018/11/18 10:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月18日(日)

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年 



著者:阿古 真理
発売日: 2016/10/7

評価〔C〕 現状をもっと語って欲しかった。
キーワード:パン、食文化、主食、

日本にはフランスのように国立のパン学校はないが、チェーン展開する大手製パン会社がある。(本文より抜粋)


食パンをはじめとして菓子パンや総菜パンと、数多くのパンが現代の日本では売られています。日本にパンが入ってきて約150年。どのようにして受け入れられてきたのかが綴られています。

フランスパンの品質が語られているのかと思ったら、前半はパン全般の歴史でした。本格的なパン作りを日本に伝えた人、当時の人気店、製パン会社の原点が分かりやすく説明されていて、様々な要因があって普及したのだと知ることができます。また、日本のパンと特徴やパンブーム、食文化にも触れていて、パン好きにはたまらない一冊かもしれません。パンとキリスト教の考察は、なるほどと感心しました。

歴史の部分が多く、副題のほうが題名にふさわしいです。フランスパンの美味しさの考察は少しだけしかなくて残念でした。また、流行の火付け役となった人気店が紹介されていますが、興味がないので少々退屈でした。グルメの方は、こういう情報を得たら実際に行きそう。

将来は貴重な資料になりそうです。



[ 2018/11/18 10:29 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2018年11月14日(水)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 



著者:木元 哉多
発売日: 2018/3/22

評価〔A-〕 沙羅は意外と甘いよね。
キーワード:ミステリ、死後、連作短編集、

「あなたが、あなたを殺した犯人を推理して、みごと言い当てることができたら、生き返らせてあげましょう」(本文より抜粋)


推理小説には様々なタイプの探偵が登場しますが、被害者が探偵役というのはどうでしょうか? 本書では死亡した被害者が、なぜ自分は死んでしまったのかを推理する個性的な推理短編集です。第55回メフィスト賞受賞作。

このシリーズは、講談社の「閻魔沙羅からの挑戦状 犯人を当てれば現金5万円!」で知りました。問題も本書と同じく被害者が推理するものでしたけど、情報が限定された状況で被害者と一緒に頭を捻るのが面白いです。本来ヒントはありませんが、彼らの推理がヒントとなるので、自分で解きたい方は霊界の案内人・沙羅がスタートと言った時点で推理すると良いでしょう。事件自体は他の推理小説と比べて易しめです。ミステリマニアには物足りなさそう。

霊界での二人の会話は短いものの、思いのほか人情味があって良かったです。沙羅は冷酷なように見えますが易しいよね。彼女が本人の気づかなかった、もしくは見て見ぬふりをしていたことを指摘する場面は印象に残りました。

推理の難易度だけ見るとインパクトに欠けますが、被害者に推理させる形式はかなり面白いです。変わった推理小説をお探しなら試しに読んでみてはいかがでしょうか。



[ 2018/11/14 21:09 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年11月08日(木)

幽麗塔 2 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2012/2/29

評価〔B〕 サイドストーリー編?
キーワード:サスペンス、戦後、

「お前に一週間時間をやろう」(本文より抜粋)


大きな目標を達成するために、違う小さな事件の解決に努める、なんだかRPGのような展開になってきました。それはそれで退屈せずに面白いのですが、あまり脇道にそれると「なぜこの人たちはこんなことをしているんだ?」と混乱してしまうかもしれないので、おおもとの事件と適度に織り交ぜてほしいですね。

事件を追えば追うほど関係者が増え複雑になってきますが、こうした寄り道のような事件に登場した人が重要人物であることも多々ありますので、頭の片隅に置いて読み続けようと思います。




[ 2018/11/08 21:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月08日(木)

幽麗塔 1 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2011/11/30

評価〔B〕 みんな怖いし怪しいです。
キーワード:サスペンス、戦後、

「もし君が、僕についてくれば、金も名誉も女もすべて手に入るけど?」(本文より抜粋)


うだつがあがらない青年が、突如現れた謎の男性に危機を救われ、幽霊が出ると噂される塔と関わっていくことになるサスペンスです。創作ではよくありそうな始まり方ですが、戦後間もない頃の神戸とよく合っていて引き込まれます。

サスペンスらしく不穏な雰囲気に満ちていて、猟奇的な場面や扇情的な場面があるので、人を選ぶ作品かもしれません。しかし、謎が謎を呼び、また登場する人物は皆怪しいので、好奇心が刺激され早く次が読みたくなる漫画でもあります。謎を解こうにもまだまだ序盤なので、物語はこれからといったところです。

本書は、黒岩涙香の小説「幽霊塔」のオマージュらしいです。私は黒岩涙香は名前しか知りませんでしたが、この漫画を完結まで読んだらそちらを読んでみるのも良いかもしれませんね。



[ 2018/11/08 20:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月04日(日)

know (ハヤカワ文庫JA) 


著者:野崎 まど、 シライシ ユウコ
発売日: 2013/7/24

評価〔A-〕 起こりうるのでしょうか。
キーワード:SF、近未来、京都、情報庁、

「科学が求めるものはなんだ?」(1. birthより抜粋)


情報技術が格段に発展した2081年の京都、情報庁のエリートの御野・連レルは、恩師の縁によってひとりの少女と出会います。少しの間だけ保護者になってほしいと言う彼女に、戸惑いながら彼は行動をともにすることになります。

あらすじだけ書くとなんだか恋愛もののようですが、れっきとしたSFです。超情報化社会を分かりやすい形で見せているので、物理や情報工学の知識がなくても十分楽しめます。序盤はゆったりしていて捉えどころのない雰囲気でしたが、少女とあってから波乱に富んだ展開で引き込まれます。後半は、読んでいて連レルと同じような反応をしてしまうと思います。他の書評でも書かれている方がたくさんいた、あのダンスシーンがやはり印象的です。実写化してもアニメ化しても映えるものに・・・・・・いや、こういう作品は下手に映像化しないほうがいいかもしれませんね。

事件の真相は意外でしたけど、改めて考えると全ては繋がっていることが分かり、題名もこれが最適なような気がしてきます。非常に興味深い主題。エピローグのような将来になるのだとしたら、是非見てみたいものです。




[ 2018/11/04 18:05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年11月04日(日)

2018年10月の読書メモ 

さぐりちゃん探検隊 3〔B〕
精神医療に葬られた人びと ~潜入ルポ 社会的入院~〔B〕
ナナマルサンバツ 14〔B+〕
終わりの志穂さんは優しすぎるから〔B〕
ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン〔C〕

無能なナナ 4〔B〕


以上、6冊でした。時間にあまり余裕がないことは分かっていましたが、また少なかったのが残念。しかし、小説とライトノベルを読むことができたのは良かったです。

11月の目標は10月よりも多く読む、です。活字を読みたい気分なので、なにか興味を引く本が見つかるといいなあ。



[ 2018/11/04 17:54 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)