FC2ブログ







2018年08月04日(土)

バビロン 1 ―女― 



著者:野崎まど
発売日: 2015/10/20

評価〔B-〕 検察の職業ものとしても読めます。
キーワード:検察、サスペンス、

「正崎さんっ、なんなんですかその紙・・・・・・ッ!」(P36より抜粋)


検察官の正崎善はある事件の証拠物件の中から、異様な品を発見します。捜査を続けていくうちに、予期しない事態へと発展していく検察ものです。続きもの。現在3冊目まで出ていて、まだ終わらない模様。

個人的に著者はSF作家のイメージが強いので、こうした専門職の人にスポットを当てた物語を書くとは意外でしたけど、検察組織の様子や捜査の現実が細かく書かれていてそれだけでも興味深いです。一見よくある推理小説のようですが、次第にその雰囲気は変化し終盤では違う印象で終わります。

普通でない何かを書くのが上手いのですが、これまでのSF作品以上に現実味を重視しています。そのせいか、より不可解さや不気味さが増しているのではないでしょうか。

まだというか、ようやく事件が始まったばかりなので評価しづらいですが、今のところテンポ良くも意外性もあり面白いです。ただ、これだけ大きな話なので、それに見合った結末でないとがっかりしそう。他の作品と同じように驚きとともに終わるといいなあ。



スポンサーサイト



[ 2018/08/04 22:37 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

死人の声をきくがよい 11 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2018/7/20

評価〔B-〕 少しだけ進展したかな?
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「もしかして思い出してらっしゃいました? 10年前の・・・・・・」(本文より抜粋)


新刊見るたびに副題って意味あるのかなと思っていましたけど、今回は分かるような気がします。

ホラーシーンの激しさは健在ですが、同時に登場人物たちの恋愛も語られていてます。なんだか不釣り合いな感じもしますが、この漫画だとすんなり受け入れられるので不思議です。この手のエピソードが出ると終わりは近いのかなとも思います。

終盤では思わぬ人物の登場で、次の巻ではさらに波乱を呼ぶ展開が起きそうです。二人によって良い方向に進むのか否か。



[ 2018/08/04 22:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

2018年7月の読書メモ 

ギリギリアウト 5〔B〕
ギリギリアウト 6 〔完〕〔B+〕
恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-〔B+〕
うわばみ彼女 3〔B〕
ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか〔A-〕

生徒会役員共 16〔B〕
満願 (新潮文庫)〔A-〕


以上、7冊でした。先月書いたように漫画が多めの一ヶ月となりました。もう少し新書を読んでみようかなと思っていたのですが、読みたい本が特に見当たらなかったので1冊のみとなってしまったのが残念です。しかし、全体的には満足のいく読書でした。

生徒会役員共は発売しているのを知らなくて、今月になってようやく気がつきました。うっかりしていました。見逃さないよう気をつけよう。



[ 2018/08/04 22:34 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)