FC2ブログ







2018年08月30日(木)

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ 



著者:坂村 健
発売日: 2016/3/10

評価〔B+〕 先の先まで見えていて凄い。
キーワード:IoT、ユビキタス、インダストリアル・インターネット、オープンAPI、ガバナンス、

前述の「閉じたIoT」を超えて、「インターネットのように」なることが、「世の中を大きく変える」にあたり重要なポイントなのである。(第2章より抜粋)


時々目にするIoT(Internet of Things)なる単語、意味は物のインターネットですが具体的にはほとんど知らず、オール電化の家くらいのイメージでした。しかし、本書を読むとインターネットと同様に社会を変えてしまう可能性を持つものだと分かります。

最先端の研究者であり、はじめにでも触れられているように設計者・技術者の意図が書かれているので、より深く知ることができます。既に行われているIoT実証実験の先、全ての物に識別番号をつけて繋げるオープンなIoT、さらには著者の提唱するアグリゲート・コンピューティングまで見据えていて、さすがはTRONの開発者だなあと驚きました。それにしても全ての物に128bit、10進法で39桁の数字をふるのか。SFじみてきたなぁ。

また、単なる解説を超えて、技術的問題点に加え社会的問題点、特に後半では日本の問題点も大きくとりあげられていて、何がどこまでできていて、どの点が他の国に後れを取っているのかが詳しく説明されていて良かったです。失敗しないようにしていると、後で大きな失敗となる。オープンな社会の重要性が理解できました。

理解があやしい箇所もありましたけど勉強になりました。シンクライアントなどの専門用語が解説なく書かれているので、ITの知識がまったくない方には読むのは困難かもしれません。AIとは違ったコンピュータの驚異的発展は興味深かったです。



スポンサーサイト
[ 2018/08/30 21:40 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2018年08月19日(日)

グルメぎらい 



著者:柏井壽
発売日: 2018/4/17

評価〔C〕 グルメ論抗争なのかも。
キーワード:グルメ、SNS、ミシュラン、食文化、

多くのお客さんにとって、今や外食の最大の関心は、食べることそのものよりも、お店や料理人さんに向けられているのです。(本文より抜粋)


最近のグルメブームを好ましくないと感じる食通の批判本です。題名からあまり食事に興味のない人が書いたの思っていましたが、詳しい人による問題提起なので意外でした。

SNSやミシュランの格付けによって、料理人や客の意識や価値観が変化し、本質である味よりも人気や知識・情報などが重要視される傾向は良くないと警鐘をならしています。確かにSNSで称賛されたいためだけに予約の取れない店に行ったり、文化よりも商業優先が透けて見える恵方巻きなどは著者の意見はもっともだと思います。ブロガーの口コミの裏事情なども興味深くためになります。

しかし、それは好みや価値観の違いなのではと思うこともあり、全面的には賛同しかねます。例えば、テーブルにプロジェクトマッピングを施し料理と一体化する店があり否定的に書かれていましたが、食事の場の雰囲気を大切にする人には好まれそうですし、創造的な面白い試みだと感じました。批判する側もグルメなので、食とはこうあるべきという信念が強いので快く思わないのでしょう。また、自分の故郷ばかり褒めるのも少し自慢のようで好きではないです。

グルメにも色々なタイプがいることが分かった1冊でした。




[ 2018/08/19 10:42 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2018年08月19日(日)

うわばみ彼女 5 〔完〕 



著者:後藤羽矢子
発売日: 2018/1/29

評価〔B+〕 題名どおり呑んでばかりで良かった。
キーワード:アルコール、恋愛、同棲、

「それ、お前の基本だよな」(本文より抜粋)


最終巻も彼女がアルコールを呑み、好奇心からつまみを試作する日々です。彼氏がお酒に強くないのは可愛そうですが、彼女の呑み方は酔っぱらって迷惑をかけることもなく、楽しい呑み方で良いですね。

仲が良い時にアルコールの話になるのはもちろん、ちょっとした口喧嘩でもアルコールの話なのがこの2人らしくて笑ってしまいます。そんな二人の結末ですが、概ね予想していたとおりといったところでした。奇をてらわず最後までお酒だったので良かったです。

本書でこの漫画は完結しましたが、続編が連載中とのことでそちらも後で読んでみようかなと思っております。



[ 2018/08/19 10:40 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月11日(土)

うわばみ彼女 4 



著者:後藤羽矢子
発売日: 2017/6/29

評価〔B〕 酒のつまみ漫画。
キーワード:アルコール、恋愛、同棲、

「な・・・何故、この店でそんな選択が・・・」(本文より抜粋)


今までは日本酒が多い印象でしたけど、本書では違う種類のアルコールも話題になります。また、場所を変えてみたりアルコールにひと手間加えてみたりと、趣向を変えているのが良いです。とはいえ、二人らしく楽しく呑んだり食べたりするのは変わりませんので、期待は裏切りません。

アルコールが好きな割に知識を披露することが少なく、どちらかというとつまみのほうが多いです。もしかしたら、お酒が呑めない読者への配慮かもしれません。いや、呑めない人は読まないかな? 料理についてはあとがきにも『男性読者が真似できそうなもの』と書かれていますので、後で作ってみるのも面白そうです。ざつまみですよ、ざつまみ。



[ 2018/08/11 23:53 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月11日(土)

シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感 



著者:中野 信子
発売日: 2018/1/18

評価〔B+〕 協調性の欠点のお話。
キーワード:シャーデンフロイデ、オキシトシン、向社会性、集団、正義感、

攻撃に伴うメリットをなんとしても捻出する必要がありました。それが、社会的排除を執行する際に脳で生み出される「快楽」です。(第2章より抜粋)


題名の単語はドイツ語で、他人の失敗を喜ぶ感情という意味だそうです。誰もが持っている心の動きだけれども、恥ずかしさも覚えます。なぜこのような感情を抱くのかを、脳内物質や心理実験によって分析しています。

この心の働きにはオキシトシンなる物質が関係しているようです。幸せホルモンとも呼ばれるこの物質の働きが、人にどのような影響を与えるのか、欠点はあるのか、そしてシャーデンフロイデとはどのように繋がっていくのかを分かりやすく説明しています。また、動物実験によるとこれの分泌量が多いと、他の個体を認識できる能力が高まるとあったのが興味深いです。私は人の顔を覚えるのが大変苦手なので、分泌量がが少ないのかもしれませんね。

多くの実験や研究が挙げられていてためになります。稲作と稲作以外の地域の集団意識の違いは視点が面白いです。また、本筋から少しそれますが、数種類のジャムを選ぶ実験やある歴史の先生が試みたサード・ウェーブ実験なども良かったです。

本書では危険性と対策の難しさが指摘されていますが、協調性と寛容さのバランスが大切なのではと考えています。昨今のネットでは当事者でもないのに激しく批判する出来事をときどき目にしますので、もう少し寛容になれば息苦しさも緩和されるのではないでしょうか。承認欲求と上手く付き合っていかねば。




[ 2018/08/11 23:52 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

バビロン 1 ―女― 



著者:野崎まど
発売日: 2015/10/20

評価〔B-〕 検察の職業ものとしても読めます。
キーワード:検察、サスペンス、

「正崎さんっ、なんなんですかその紙・・・・・・ッ!」(P36より抜粋)


検察官の正崎善はある事件の証拠物件の中から、異様な品を発見します。捜査を続けていくうちに、予期しない事態へと発展していく検察ものです。続きもの。現在3冊目まで出ていて、まだ終わらない模様。

個人的に著者はSF作家のイメージが強いので、こうした専門職の人にスポットを当てた物語を書くとは意外でしたけど、検察組織の様子や捜査の現実が細かく書かれていてそれだけでも興味深いです。一見よくある推理小説のようですが、次第にその雰囲気は変化し終盤では違う印象で終わります。

普通でない何かを書くのが上手いのですが、これまでのSF作品以上に現実味を重視しています。そのせいか、より不可解さや不気味さが増しているのではないでしょうか。

まだというか、ようやく事件が始まったばかりなので評価しづらいですが、今のところテンポ良くも意外性もあり面白いです。ただ、これだけ大きな話なので、それに見合った結末でないとがっかりしそう。他の作品と同じように驚きとともに終わるといいなあ。



[ 2018/08/04 22:37 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

死人の声をきくがよい 11 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2018/7/20

評価〔B-〕 少しだけ進展したかな?
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「もしかして思い出してらっしゃいました? 10年前の・・・・・・」(本文より抜粋)


新刊見るたびに副題って意味あるのかなと思っていましたけど、今回は分かるような気がします。

ホラーシーンの激しさは健在ですが、同時に登場人物たちの恋愛も語られていてます。なんだか不釣り合いな感じもしますが、この漫画だとすんなり受け入れられるので不思議です。この手のエピソードが出ると終わりは近いのかなとも思います。

終盤では思わぬ人物の登場で、次の巻ではさらに波乱を呼ぶ展開が起きそうです。二人によって良い方向に進むのか否か。



[ 2018/08/04 22:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

2018年7月の読書メモ 

ギリギリアウト 5〔B〕
ギリギリアウト 6 〔完〕〔B+〕
恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-〔B+〕
うわばみ彼女 3〔B〕
ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか〔A-〕

生徒会役員共 16〔B〕
満願 (新潮文庫)〔A-〕


以上、7冊でした。先月書いたように漫画が多めの一ヶ月となりました。もう少し新書を読んでみようかなと思っていたのですが、読みたい本が特に見当たらなかったので1冊のみとなってしまったのが残念です。しかし、全体的には満足のいく読書でした。

生徒会役員共は発売しているのを知らなくて、今月になってようやく気がつきました。うっかりしていました。見逃さないよう気をつけよう。



[ 2018/08/04 22:34 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)