FC2ブログ







2018年05月09日(水)

青の数学 



著者:王城 夕紀
発売日: 2016/7/28

評価〔B〕 一問も解けなさそうです。
キーワード:数学、数学オリンピック、証明、高校生、

「数学は、数字だけでできているわけじゃない」(本文より抜粋)


数学オリンピックをご存知でしょうか。その名の通り、数学の問題を解くことを競い合う大会なのです。十代のころ少し興味を持ち、どのような問題を解いているのか調べてみたのですが、どのくらい難しいのかも判断できないほどさっぱり分からなかったのを覚えています。本書はそんな学校の数学レベルを遥かに超えた証明問題を解きあう、高校生たちの物語です。

主人公の高校生・栢山(かやま)は、数学で決闘するサイト『E2』を知り、数学にのめり込んでいくわけですが、この相手と競い合うシステムは既にネットにありそうですよね。ただ解くだけでなくルールに基づいて競い合うのは、まるでスポーツのようです。題材が数学と言う珍しいものではあるものの、高校生が部活に熱中している青春ものとみればよくあるお話なのかもしれません。登場人物たちの決闘に対する姿勢の違いが表れていて興味深いです。

ただ、序盤は誰がどの台詞を喋っているのか分かりづらいし、難読名字が登場したりと読みづらさを感じました。読んでいるうちに慣れますが、戸惑いました。また、登場人物が多いので、誰が記憶すべき人物なのか混乱してしまいました。

過激さはなく雰囲気は穏やかですが、主題が主題だけに読む前から拒絶する人もいそうですし、読んでからも好みの分かれそうな青春小説です。数学はある程度知っていたほうが読みやすいです。数学が好きな人の気持ちが分からないと思っている人こそ、読んでみたら面白いのかもしれませんね。



スポンサーサイト



[ 2018/05/09 21:50 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年05月09日(水)

湯神くんには友達がいない 3 



著者:佐倉準
発売日:

評価〔B〕 あくまでコミカルなのが良いです。
キーワード:友達、高校生、学園、

「あなた、俺と向かい合った先に、一体何を得られると思ってるんだ!?」(本文より抜粋)


夏休み編が始まります。

湯神くんはやっぱり一人で楽しく過ごすのかと思いきや、意外と他人と接触しています。予定外の事態となっても、前向きに処理し状況を良くしようとするのは、彼の良いところです。他人の気持ちを考えずに行動してしまうのは、いつもどおりで面白いです。藤沢さんが謝りに来た時の、人間性うんぬんの件は笑った。

登場しないと思っていた彼のご家族が登場したのは、少々驚きました。どんな家族かは読んでのお楽しみということで。

他の生徒たちもそれぞれの夏休みを過ごすのですが、彼以上に心配なのは綿貫さんです。1巻からあまり充実した学生生活を送れていない気がします。報われて欲しい・・・・・・けど、そうなったら面白くなくなるような気もするので複雑な心境です。




[ 2018/05/09 21:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)