FC2ブログ







2018年04月07日(土)

湯神くんには友達がいない 2 



著者:佐倉準
発売日: 2013/4/18

評価〔B〕 意外と鉄壁の精神ではないのが良い。
キーワード:友達、高校生、学園、

「もらった事も出した事もない奴の言葉なんて重みがないな」(本文より抜粋)


友情のみを語るのかと思っていたら、恋愛関係も絡めてきて驚きましたけど、そこはやはり湯神くんです。一筋縄ではいきません。また、彼が所属している野球部の地区予選が始まります。2巻は恋愛編と野球編です。

予想通りと言いますかやっぱりと言いますか、相変わらず彼は自分の信念どおりに行動します。まったく恋愛に興味がないのかと思いきや、悩む場面もあって単に我が侭な人でないことを再認識させてくれます。かといって思いやりの人でもないですけど。

彼の意見は協調性がないけれど一理あるのが分かるので、周囲の人たちも協力したいようなしたくないような態度になってしまいます。傍目には面白いけれど、実際にいたらなかなか扱いに困る人です。

スポーツ編なのに清々しさを感じなかったのが素晴らしいです。この調子で突き進んで欲しいです。



スポンサーサイト
[ 2018/04/07 21:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年04月07日(土)

哲学の練習問題 (河出文庫) 



著者:西 研
発売日: 2012/11/3

評価〔A〕 考えることは簡単なようで難しいです。
キーワード:哲学、本質、人生、社会、

人は意外なほど、ほんとうは自分は「何が」気になっているのか、をわかっていないもの。そこを見つめようとする勇気と、つきつめて根っこからわかろうとする意志から「考えること」ははじまる。(プロローグより抜粋)


教科書のような題名ですが、あまり専門用語を使わず素人でも読めます。しかし、分かると思って読んでいると、いつの間にか難しい問題へと突入しているので油断なりません。抽象的な概念が数多く登場します。

四章でも言及されていますが、唯一の真理や美はなく、本書を読めばてっとり早く全て分かるという訳でもありません。むしろ上記の引用のとおり、深く突き詰めて考えることの大切さを痛感するばかりです。生き方や人との関係の本質についてそれぞれ考えるきっかけを与えてくれる内容で、練習問題という題名がぴったりです。

ネットで時々見かける宇宙の果てはどうなっているの問題が取り上げられていて、それに対する解答(もしくは証明)が非常に面白かったです。宇宙を考えているのに、いつのまにか人間について考えているのが奇妙な感じです。また、異文化交流は違うから面白いのではなく、違いの中に共通性を見出すことが理解に繋がると書かれていて印象深かったです。まるっきり違う文化には本当に違和感しか覚えないのでしょうか。興味深いです。

各章の終わりには参考文献(推薦図書?)が挙げられていますので、気になった主題はさらに追いかけてみるのも楽しいかもしれません。こうした記述は読者の視野を広げる一助となるので、どんどん書いて欲しいです。




[ 2018/04/07 21:43 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2018年04月07日(土)

2018年3月の読書メモ 

湯神くんには友達がいない 1〔B+〕
日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら咲く季節の味〔B+〕
おとなのほうかご 3〔B+〕
一番線に謎が到着します 若き鉄道員・夏目壮太の日常〔C+〕
土佐日記(全)〔C〕

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 4〔B〕
ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち〔A-〕

以上、7冊でした。先月に引き続き少なめでした。やや新書が少なくなってきているかな。

最後の「ネットリンチ」は厚い本なので、時間がある時に読もうと読み始めたら、他のことに時間を取られ下旬はこれを読むので手いっぱいでした。もう1、2冊何か読もうと思っていたのですが、うまくいかないものですね。

4月は3月よりは時間が取れそう・・・・・・といいつつもう1週目が終わるのにようやく2冊。せめて3月と同じくらいは読みたいです。



[ 2018/04/07 21:41 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)