FC2ブログ







2018年03月07日(水)

日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら咲く季節の味 



著者:つるみ犬丸
発売日: 2016/9/24

評価〔B+〕 いろんな酒があるもんです。
キーワード:日本酒バー、唎酒師(ききさけし)、

「──変わった人でしたね。あんな注文、初めてでしたよ」(プロローグより抜粋)


近所にあったら試しにいってみたい日本酒バー、冴蔵(さくら)と楓の物語。

日本酒という専門的なものを扱っているのにもかかわらず、難しくなく説明されているので読みやすいです。醸造アルコールについては知っていたので、冴蔵の気持ちはよく分かりました。私でしたらその場で言ってしまいそう。

前の巻では四季の創設者が話の中心にいましたけど、今回の物語の軸となるのはまた違った難題です。こういうやっかいごとは、実際ありそうだし色々と大変そうですね。でも、解決の方法はこの物語らしくて合っていました。

今回も登場人物の境遇や心情を反映した日本酒が登場し、なるほどなと感心しました。どういった過程でその酒が生まれたのかも紹介されることもあり、ますます興味を引かれました。ただし、前回に比べると酒の傾向にややかたよりがあった気がします。

綺麗にまとまって終わりましたけれど、もう少し波乱万丈でも良かったかな。小説の雰囲気とは合わないけどね。



スポンサーサイト



[ 2018/03/07 21:12 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年03月07日(水)

湯神くんには友達がいない 1 



著者:佐倉準
発売日: 2012/11/16

評価〔B+〕 いなさそうで案外いそう。
キーワード:友達、高校生、学園、

「俺はウジウジと過去の人間関係に脳の容量を使うつもりはない!」(本文より抜粋)


友達がいないと書かれた場合はたいていいるものですが、本書の場合は湯神くん本人が必要ないと言いきっているので、この題名は合っています。一方、主人公兼語り手の綿貫ちひろは、転校ばかりで親友ができなかったため、この学校では仲の良い友達を欲しがっています。境遇は似たようなものですが、彼は自信満々に楽しく過ごし、彼女は悩みながら焦りとともに学生生活を送る──二人の違いが際立って面白いです。

クラスメイトからは偏屈と評されている湯神ですが、彼の意見を聞くと共感はともかく理には適っています。素行が悪いわけでも意地悪でもなく、自分の価値観に合うことだけしていて、笑ってしまうけれど清々しいです。周囲の人にとっては、彼の勉強の成績や運動の能力も高いので面倒くさいところなのでしょう。

恋愛漫画になってしまいそうな展開でも、彼は相手の気持ちを考えずに我が道を行くので、あまり嫌な気分にならない面白い漫画として楽しめそうです。




[ 2018/03/07 21:09 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年03月07日(水)

2018年2月の読書メモ 

日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら薫る折々の酒〔B〕
Q.E.D.証明終了 50 〔完〕〔B+〕
じょしよん〔C+〕
本が好き子さん〔C〕
世界は素数でできている〔B〕

誰も調べなかった日本文化史 土下座・先生・牛・全裸〔B+〕


以上、6冊でした。2月が28日しかないとはいえ、少なめでした。

読書をしていなかったのと言われればそうではなく、借りた漫画を読んでいました。ですから、実はそれほど不満のない一ヶ月でした。ブログとしては物足りないかもしれませんけど。

3月は後半はゆっくり本が読めそうなので、2月のぶんも読む予定です。



[ 2018/03/07 21:05 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)