FC2ブログ







2018年01月02日(火)

エンバンメイズ 6 (完) 



著者:田中一行
発売日: 2016/12/7

評価〔A〕 すっきり終わって良かったです。
キーワード:ダーツ、賭け事、心理戦、

「オレは、人生を始めるためにここまで来た」(本文より抜粋)


地獄の砂時計を使用したゲーム。そして、ついに施設を牛耳る者と、レインボウの異名を持つ最強のプレイヤーが登場します。ページ数増量の最終巻です。

ルールは簡単なのに、内容が厳し過ぎる最後のゲーム。あれって現実でもできるのでしょうか? 180点が当たり前の百発百中の凄腕ばかりでダーツの腕に差はなさそうですが、ゲーム中のミヤコの発言を見るに、やはり差はあるみたいですね。

面白い漫画は幕をどう下ろすのか難しいのですが、本シリーズは引き伸ばすことなく、きちんと決着をつけて終了するのが良かったです。どのゲームもテンポ良く進んで楽しめました。

シリーズとしての評価もAです。対決もので面白いものは何かない?と尋ねられたら、自信を持ってこの漫画をおすすめします。次も面白いワクワクする漫画を期待しています。




ネタばれ感想↓
スポンサーサイト



[ 2018/01/02 19:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年01月02日(火)

へんなねえさん 



著者:吉富昭仁
発売日: 2013/10/10

評価〔B+〕 ピノチュピ、仕事それで良いのか。
キーワード:短編集、SF、ギャグ、現代、

ある日突然・・・俺に姉ちゃんが出来た。俺はこの15年間ずっとひとりっ子だったはずだが・・・。(本文より抜粋)


個性的な少女たちが好き勝手遊ぶ、奇想天外な短編集です。

題名どおり変な美少女が登場し、不思議な出来事を楽しんでいます。ジャンルとしては日常もの・・・・・・のように見える軽めのSFかな。それと、結構性的な描写があります。エッチな、では済まなそうなので、その方面が苦手な方はやめておいたほうがいいかも。あっさり描いてありますが。

著者も、あとがきで変な漫画を描いてしまったとあるくらい、すぐには似たようなものは思い浮かびません。独特の雰囲気。

どの短編も1回で終わらず続きがあります。最後には意外な事実が明かされるのですが、それが予想よりも練られていたので感心しました。まさか、感心するとは思ってもみなかったです。




[ 2018/01/02 19:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)