FC2ブログ







2017年11月16日(木)

白熱洋酒教室 



著者:杉村 啓、 アザミ ユウコ
発売日: 2015/10/23

評価〔A-〕 飲んでみようかなという気分になりました。
キーワード:アルコール、洋酒、ウイスキー、ラム、ブランデー、BAR、

ただここでちょっと気づいて欲しいのは、洋酒の蒸留酒は世界中で飲まれている、愛好家の多いお酒だということです。苦手意識をなくし、どんな飲み方でも飲めるようになれば、これほどおいしいものはなかなかありません。(本文より抜粋)


著者の日本酒の本を読んだので、今度は洋酒の入門書を読んでみました。

洋酒にどのような種類があるか分からない人のために、人気のある3つの蒸留酒――ウイスキー、ラム、ブランデーを紹介しています。残念ながらワインやビールなどの醸造酒は登場しません。でも、確か著者はビール教室も出していたはず。興味のある方はそちらを読んでみてはいかがでしょうか。

それぞれの原料や飲み方はもちろん、等級や産地、どのような歴史を歩んできたかも少しずつ書かれていてなかなか興味深いです。他には選び方や買い方、さらに楽しむためにBARや工場見学も勧めています。読むだけでも結構楽しいです。日本酒教室同様一つの章も短めで、章末にまとめもありますので、後で読み返す時も便利です。興味をもったのは甘めのウイスキーであるバーボンと、癖が少ないホライトラムかな。

蒸留酒は経験によって美味しさが分かるようになる、という記述に目から鱗が落ちました。後天的味覚か。確かに最初はまずいと思っても、回数を重ねるうちに徐々に美味しく感じるようになるものはあります。緑茶はそうでした。かなり昔にウイスキーもブランデーも味見をしてダメだと諦めたことがあったのですが、またちょっと飲んでみようかなという気分になりました。



スポンサーサイト



[ 2017/11/16 21:43 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年11月16日(木)

Q.E.D.証明終了 48 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/6/17

評価〔B+〕 ミステリと物語、どちらも良いです
キーワード:推理、謎解き

「そいつを捕まえられたら原稿を渡すよ」(本文より抜粋)


有名小説家のエージェント殺害の真相を探る「代理人」と、集団密航船の事件とある少女の行方を追う「ファイハの画集」が収録されています。本書も47巻と同じく、後者は描き下ろしです。

「代理人」は本シリーズではよくあるタイプの事件・・・・・・と思ってたのですが、犯人が意外で面白かったです。著者のミスリードに見事に引っかかってしまいました。なんか違和感があるなぁと思ったところにきちんとヒントが隠されていて、うまくできていると感心しました。解決編を読むと、すぐ最初から確認したくなります。

「ファイハの画集」はモロッコとスペインが舞台の大きな物語です。「代理人」がミステリとして面白いなら、これは物語として面白いです。正直事件の真相よりも、どのように一連の出来事が終結するのか?が気になったのですが、彼女の出した結論は意外で子供らしいものだと感じました。自分だったら・・・・・・と思うと、いろいろ考えてしまいますね。



[ 2017/11/16 21:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)