FC2ブログ







2017年10月19日(木)

日本以外全部沈没 パニック短篇集 



著者:筒井 康隆
発売日: 2006/6/24

評価〔C〕 確かに勢いはあります。
キーワード:短編集、SF、高度成長期

「ブワナ・ヤス。ミサイルの仕入れ、あなたも来てほしい」(「アフリカの爆弾」より抜粋)


表題作を含む11編の、パニックを主題とした短編集です。

まず題名のインパクトが凄い表題作ですが、元ネタは小松左京の「日本沈没」です。しかし、それを未読でも十分楽しめます。私も読んでいませんし。時代は経済高度成長期の頃でしょうか、当時の有名人が次から次へと登場します。今では昔の人ですが、この頃に読んだらもっと面白かったことでしょう。他の短編「新宿祭」「農協月へ行く」など、この時代の影響を強く受けたものが多めでした。

滅茶苦茶な設定ばかりですが、どこか現実味があり、社会風刺のようでした。皮肉が効いている、とでも言うのかな。どれもテンポが良く、ドタバタ劇のようでした。「アフリカの爆弾」はあまり時代を感じさせない内容ですし、「黄金の家」は短編らしい切れがあって良かったです。

しかし、結末は投げっぱなしで、この後も暴走は続きます的なものが多かったのが残念でした。綺麗にオチがついているのもあるので、もう少し終わりが良ければなあ。



スポンサーサイト
[ 2017/10/19 22:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年10月19日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 3 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2017/8/10

評価〔B+〕 雑食以外にも話に動きが?
キーワード:グルメ、食材、

「我々雑食探究者にも、触れてはいけない領域というものが存在します」(17食めより抜粋)


そろそろ日本人が食べている姿を見たことない食材ばかりとなってきた3巻です。

思い返せば身近にいるのに、食べようとしたことのない生き物がいます。その一例が、劇中で唐揚げにされてしまったアレ。味の感想も特徴が伝わってきて良かったです。しかし、この生き物も地域によっては家庭で普通に食べられていて、そう考えると日本も結構文化が多様だなと思います。

また、この巻では、桐谷さんに匹敵する新しい人物が登場します。見ようによっては彼女以上の人物なので、今後も活躍が期待できます。サラブレッドだしね。

なんかもう、生きているものは何でも食べられるのでは? そういう心境にさせてくれました。



[ 2017/10/19 22:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)