FC2ブログ







2017年10月31日(火)

エンバンメイズ 1 



著者:田中一行
発売日: 2014/11/7

評価〔A-〕 競技が上手いだけじゃダメなんです。
キーワード:ダーツ、賭け事、心理戦、

「・・・・・・お前が噂の“悪魔くん”か。実在する人間だったとは驚いたよ」(本文より抜粋)


裏世界の賭けダーツで迷路の悪魔と呼ばれる烏丸徨が、凄腕ダーツプレイヤーたちと勝負する漫画です。

こうしたゲームでダーツが題材のものは珍しいと思いますが、珍しいのはそこではありません。どのプレイヤーも狙ったところに当たるのが当たり前の凄腕ばかりなので、本来問われるはずのダーツ技術は勝負に影響しません。心理戦がメインになるので、どのような結末になるのか分からないのところが良いです。最初の対決で彼が見せた迷路が強烈で良かったです。

ホラーっぽい表現を使うので、少しでも怖いのがダメな人にはおすすめできません。実は絵柄がそれほど好みではなかったのですが、それを差し引いても面白かったですね。ダーツのルールも細かく覚えてなくてよいのも楽です。テンポも良いし。

読み終わってからすぐ読み返しました。自分が思っていたよりも気に入っていたようです。



スポンサーサイト
[ 2017/10/31 19:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月27日(金)

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます  



著者: 林 公一
発売日: 2013/12/13

評価〔B+〕 本人や関係者の生の声があります。
キーワード:精神科、Q&A、相談、うつ病、統合失調症、

姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。(1章より抜粋)


数年ほど前に、著者のサイト「Dr林のこころと脳の相談室」から転載された文章を読み、衝撃を受けたのを覚えています。それは1章の「家の中にストーカーがいます」でした。今回改めて読んだのですが、やはり怖いです。

選集とあるように、相談サイトによせられた悩みの中から55件を選び収録しています。著者は医療相談は明るい希望だけを伝えるもので、それは事実ではないと主張しています。サイトのほうにも、質問される方へで「事実を回答することを基本方針としております。医療相談ではありません。」「精神科に関係したことなら、どんな質問もOKです。」と書かれています。

相談対象は相談者本人、家族、職場の部下など人生相談同様様々で、内容も統合失調症やうつ病はもちろん、擬態うつ病や独特な嗜好などこちらも様々です。病人の家族を持て余している人や、なかなか病気が治らず不満がある人の長い長い文章を読んでいると、自分の想像していたものよりも苛烈で驚きました。生の声の迫力や訴える力は凄いです。

先生の回答は医者としてむやみに断言せず事実を淡々と述べていて、正確に見極めようとする姿勢に好感が持てます。著者の擬態うつ病の本に興味を持ちました。

相談者によって読みづらい文章があったのが、少々きつかったです。病人本人の主観を知ることができるのは良いのですが、支離滅裂な部分や同じことを何度も繰り返すことがあり、病人の話だと分かっていても混乱します。それが長かったりすると読むのも辛いです。精神科医やカウンセラーは本当に根気を要する仕事ですね。




[ 2017/10/27 20:14 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年10月27日(金)

ナナマルサンバツ 13 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2016/12/31

評価〔A〕 分かってはいたけれど盛り上がりました。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「みんな!次の作戦よ!」(本文より抜粋)


前の巻の強豪対決に決着がつき、文蔵チームの一戦が始まります。

文蔵チームの対決は個々の知識量だけでは簡単に決まらず、ある人物の戦略により意外な展開になります。部活ものではよくあるパターンですが、それでも見せ方が巧みなせいか、最後の一問まで大いに盛り上がりました。競技クイズとしてのレベルは12巻のほうが上ですが、面白さでは本書のほうが上回っていました。

問題の難度も練られているようで、分かりそうで分からない、答えを聞けば聞いたことのある言葉も多く興味深いです。笹島には簡単だったかもしれないけど・・・・・・。某の「俺も言ってみてーわ」に同感。

巻末はあるテーマに沿った35問。結果は14問正解でした。難し過ぎませんかね、これ。



[ 2017/10/27 20:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月19日(木)

日本以外全部沈没 パニック短篇集 



著者:筒井 康隆
発売日: 2006/6/24

評価〔C〕 確かに勢いはあります。
キーワード:短編集、SF、高度成長期

「ブワナ・ヤス。ミサイルの仕入れ、あなたも来てほしい」(「アフリカの爆弾」より抜粋)


表題作を含む11編の、パニックを主題とした短編集です。

まず題名のインパクトが凄い表題作ですが、元ネタは小松左京の「日本沈没」です。しかし、それを未読でも十分楽しめます。私も読んでいませんし。時代は経済高度成長期の頃でしょうか、当時の有名人が次から次へと登場します。今では昔の人ですが、この頃に読んだらもっと面白かったことでしょう。他の短編「新宿祭」「農協月へ行く」など、この時代の影響を強く受けたものが多めでした。

滅茶苦茶な設定ばかりですが、どこか現実味があり、社会風刺のようでした。皮肉が効いている、とでも言うのかな。どれもテンポが良く、ドタバタ劇のようでした。「アフリカの爆弾」はあまり時代を感じさせない内容ですし、「黄金の家」は短編らしい切れがあって良かったです。

しかし、結末は投げっぱなしで、この後も暴走は続きます的なものが多かったのが残念でした。綺麗にオチがついているのもあるので、もう少し終わりが良ければなあ。



[ 2017/10/19 22:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年10月19日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 3 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2017/8/10

評価〔B+〕 雑食以外にも話に動きが?
キーワード:グルメ、食材、

「我々雑食探究者にも、触れてはいけない領域というものが存在します」(17食めより抜粋)


そろそろ日本人が食べている姿を見たことない食材ばかりとなってきた3巻です。

思い返せば身近にいるのに、食べようとしたことのない生き物がいます。その一例が、劇中で唐揚げにされてしまったアレ。味の感想も特徴が伝わってきて良かったです。しかし、この生き物も地域によっては家庭で普通に食べられていて、そう考えると日本も結構文化が多様だなと思います。

また、この巻では、桐谷さんに匹敵する新しい人物が登場します。見ようによっては彼女以上の人物なので、今後も活躍が期待できます。サラブレッドだしね。

なんかもう、生きているものは何でも食べられるのでは? そういう心境にさせてくれました。



[ 2017/10/19 22:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月11日(水)

違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい! 



著者:齋藤 孝
発売日: 2009/10/10

評価〔B〕 ちょっと立ち止まって考えてみては。
キーワード:違和感、経験知、観察、

違和感は、自分と対話するきっかけだ。自分がおかしいと感じている、自分のやろうとしていることに疑問を感じる。(第三章より抜粋)


何かに対して違和感を覚えた時、もやもやした気分になりますが、積極的に解決しようと行動する人は多いのでしょうか。私は自分でも理由がよく分からないので、対処が難しく放っておくことが多いです。そんな違和感を、仕事や私生活、人生に活かそうと試みたのが本書です。

まず、違和感は自分の経験知がもととなって発生しているという考えは、分かりやすいし同意です。何か土台となる知識や価値観があって、それとズレがあるものを見たり聞いたりすると、違和感を感じるのでしょう。また、違和感があったら、観察することが重要であることもうなずけます。よく観察し、自分の中に解決するヒントがないか探してみるのがよいと説いています。放っておかず突き詰めて考えてみるのが、違和感をうまく活用する方法のようです。

本書で挙げている具体例は多岐に渡りますが、違和感とはあまり関係なさそうなものもあり、牽強付会に感じるものもありました。新しいアイディアを生むために使えるとありますが、基本的には危険の兆しを発見し、危機を回避するのに役立てるほうがしっくりきます。

近頃、あまり違和感を覚えませんが、機会があったらうまく活用してみたいです。



[ 2017/10/11 21:29 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年10月11日(水)

ナナマルサンバツ 12 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2016/8/2

評価〔B+〕 予選だけど盛り上がります
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「年長者としてそしてクイズ研として、あなたたちに教えて差し上げます」(本文より抜粋)


SQ関東第2ラウンドが始まります。

例会では出番のなかった麻ヶ丘の登場から始まり、因縁の対決、強豪同士の一戦と見どころが目白押しです。部長クラスのクイズの強さもそうですが、他の部員も単なる脇役ではなく、戦術に個性があって盛り上がります。どのチームのナンバー2も、皆強いです。

因縁の対決での最後の一問や、御来屋に出題された連想4分割問題は、いかにもクイズ研究会らしい戦いで良かったです。いやー、特に前者はなかなか真似できません。凄かったです。

恒例だけど変わった巻末クイズは10問中3問正解でした。像は誰の像か知っていたのですが、作品名を間違えてしまいました。た・・・・・・勘違いしていたようです。

もう放送終了してしまいましたけど、アニメ化おめでとうございます。結構イメージと合っていたと思いますよ。続編があればこのスクウェア編でしょうね、きっと。



[ 2017/10/11 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月04日(水)

Q.E.D.証明終了 47 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/2/17

評価〔B+〕 2話とも本シリーズらしさが出ていました
キーワード:推理、謎解き

「あのときなんで私を信じてくれたの?」(本文より抜粋)


研究施設で発生した機密漏洩未遂事件の犯人を捜す「陽はまだ高い」と、ある中学校で起きた出来事とある人の発言の真意を探る「坂道」の2本です。後者は新作描き下ろしです。

「陽はまだ高い」は数学絡みの事件です。懸賞問題にもなっているNPクラスが、簡単ではありますが説明されていて興味深かったです。どうやってそれを行ったか?を推理するのですが、ヒントはきちんと示されていますけど難しかった。

「坂道」はいわゆる日常の謎です。上記の事件とは違って燈馬よりも可奈に焦点となるエピソード。推理ものとしても物語としても楽しめます。燈馬は不自然な行動や発言から推理していますけど、気がつかなければとらえどころがなく、アリバイ崩しよりも難しいかも。




[ 2017/10/04 21:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月04日(水)

個人情報ダダ漏れです! 



著者:岡嶋 裕史
発売日: 2013/9/18

評価〔B〕 自分の情報は自分で守ろう。
キーワード:個人情報、ネット、スマホ、セキュリティ、

ビッグデータなどというものは大量の資金と人手を投入して分析する価値のあるものしか適用されず、したがって自分がその分析対象になることはないと油断していると、いつしかネット世界の有名人になっているかもしれません。(本文より抜粋)


企業の個人情報流出のニュースを時々目にします。忘れた頃に起きるものです。他の組織に渡した情報はしっかり守ってもらうとして、自分が保持している情報は大丈夫でしょうか? 知らないうちに誰かに見られているかもしれません。ネットが発達した現代だからこそ知っておきたい、セキュリティ基礎知識の入門書です。

分かりやすくQ&A形式で書かれています。質問も難しいものではなく、「会社でアニメサイト見たら怒られた。なんでバレたの?」などいかにもありそうな出来事ばかりです。単に結論だけでなく、ネットやコンピュータの仕組みから説明してくれるので、より深く理解できます。

難解な法律の記述はなく、個人情報という硬い言葉から想像していたよりも堅苦しくありません。著者の趣味がちょくちょく語られ、ざっくばらんな感じです。

ネットはそれなりに知っているつもりでしたが、知らないこともいくつかあり、特に野良アクセスポイントの罠(ハニーポット)は勉強になりました。セキュリティが甘い初心者ではなく、情報を読み取る上級者の可能性があるんですね。知りませんでした。

入門書ではありますが、ネットの専門家でなければ、知識を確認するために読んで損になることはないでしょう。



[ 2017/10/04 21:50 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年10月04日(水)

2017年9月の読書メモ 

世界八番目の不思議 2〔B-〕
ラットマン (光文社文庫)〔B+〕
さ迷える心臓 二宮ひかる作品集2〔B〕
老人喰い 高齢者を狙う詐欺の正体〔B+〕
儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)〔B+〕

世界八番目の不思議 3 (完)〔C+〕
商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史〔B〕
生徒会役員共 15〔B〕
死人の声をきくがよい 10〔B+〕
キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!〔B-〕


以上、10冊でした。なんか久しぶりに1ヶ月10冊読んだ気がします。多く読んだわりには、評価Bがほとんどで安定していました。あまりばらつきはなかったということでしょう。

「儚い羊たちの祝宴」は迷った末にB+で。気に入った短編のみで評価したら、AかA+かもしれません。



[ 2017/10/04 21:41 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)