FC2ブログ







2017年08月29日(火)

ヘンな論文 【電子特別版】 



著者:サンキュータツオ
発売日: 2015/3/25

評価〔B+〕 世の中ひろい。
キーワード:論文、研究、

だって湯たんぽの研究をして、湯たんぽの全貌がつかめたとして、だから何だというのだろう。(十三本目より抜粋)


お笑い芸人兼研究者という珍しい人生を歩む著者の趣味は、変な論文の収集です。変な研究と聞くと真っ先に思い出すのがイグノーベル賞ですが、それに勝るとも劣らぬ独創的な論文が紹介されています。

世間話やあくびの研究あたりは、何に役に立ちそうか分かりそうですが、中には一見真意が読めない論文があって興味深いです。一見謎な論文も、著者がその本質を分かりやすく説明してくれるので心配ありません。学者ですが一般人の目線で説明するのが上手いです。論文説明の合間にあるコラムは分かりやすくてためになりました。4つの分類は理解の助けになります。また、どの論文も著者の情熱が伝わってきます。好きなことを好きなだけ取り組めるのは幸せだなと改めて思いました。

数多く紹介するためか、1本に割ける分量が少なくなってしまったのが残念です。要点は知ることができますが、もっと無駄な、いや研究の細かいところも読みたかったです。あっさり説明されている研究も、あの意気込みならば、元の論文ではもっと情報がつまっているはずですから。

終盤の論文の無断引用、無断転載の問題も、もっと知られて欲しいですね。まだそういうことをする人がいるとは、なんとも悲しい限りです。

電子特別版には、巻末に紹介した論文の著者たちに会いに行った記録「先生訪問記」が収録されています。電子版のほうがお得です。



スポンサーサイト
[ 2017/08/29 22:45 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年08月29日(火)

最後のレストラン 8 



著者:藤栄道彦
発売日: 2016/4/9

評価〔B+〕 前後編の偉人が面白かったです。
キーワード:料理、偉人、歴史、グルメ、

「そのような難問・・・その料理人は答えたので?」(本文より抜粋)


少し前に実写ドラマ化していたそうですね。おめでとうございます。後で確認しよう。

今回のあるお客さんのご注文が、今までの中でも特に難問で興味深かったです。分かったような分からないような、理解するにもそれなりの素養が必要なのかもしれません。そのひとつ前の料理のほうが理解しやすかったです。

園場のお見合いの話も少しずつ進んでいます。彼女のほうの答えは決まっているので、あとは彼次第ということになりそう。大きな話に発展していくのでしょうか? もしそうなるとしても、あと数巻はかかりそう。のんびり見守ろう。

この巻も巻末に成雪が主人公の「小料理屋」が収録されています。が、本編のほうが数段面白いです。偉人たちの良い面の描写が少ないため、あまり魅力を感じないのが残念です。

本シリーズを久しぶりに読みましたけど、やっぱり面白かったです。


[ 2017/08/29 22:41 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)