2017年08月20日(日)

グランドマンション (光文社文庫) 



著者:折原 一
発売日: 2015/11/11

評価〔B〕 世相を反映したマンションでミステリー。
キーワード:連作短編集、推理、マンション、文庫化

彼は極度に神経質で、ちょっとした物音が気になる性格だった。車の走行音や屋外の子供の遊ぶ声などはそれほど気にならないのだが、室内の物音、この建物内の騒音にはことのほか敏感だった。(音の正体より抜粋)


グランドマンション1番館の住人達が事件を引き起こす、または巻き込まれる連作短編集です。推理物なので裏表紙にはミステリー連作集と書いてあります。雑誌連載後書き下ろしを追加して刊行された単行本の文庫版です。

各短編にはテーマとなる社会問題、ストーカーや振り込め詐欺などが盛り込まれています。住人同士は交流があまりなく、その近所付き合いの希薄さが事件の遠因になっていることもあって、現代風でなかなか現実味があるなあと思ってしまいました。推理小説ではありますが、こうした推理以外の要素もしっかりしていると、読んでいて引き込まれます。

それぞれ推理のヒントとなる伏線の描写が巧みでした。結構色々な描写に目を光らせて読んでいたのですが、あっさり騙されてしまいました。読者の目を真相からそらすのが上手いなぁ。しかし、物語としては強烈な印象は残りませんでした。何故だろう。また、裏表紙に大どんでん返しと書かれているのも、どういった種類の謎が仕掛けられているか予想がつくので良くないですよね。ま、これも気がつかなくて騙されたわけですが。(笑)

斬新さやインパクトはそれほど感じませんでしたが、うまくまとまった連作短編集だと思います。



スポンサーサイト
[ 2017/08/20 21:01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年08月12日(土)

Q.E.D.証明終了 46 



著者:加藤 元浩
発売日: 2013/10/17

評価〔B〕 どっちも殺人事件でした。
キーワード:推理、謎解き

「この問題は“問いかけ”ではなく“メッセージ”のような気がしたんです」(本文より抜粋)


とある演芸場で起きた日常の謎を解く「初恋」と、過去の事件の真相をおう「巡礼」の異なるタイプが収録されています。同じタイプよりこういうほうが好きです。

「初恋」は寄席の楽屋で何が起こったかを推理する話ですが、推理そのものよりも、落語の師匠が説く芸とは何か?のほうが印象に残りました。落語家に限らず、創作者や表現者は大変ですね。

「巡礼」は出版されなかったノンフィクションについてです。第二次世界大戦中に起きた事件と、某の不可解な行動が謎となっています。燈馬はまるで見てきたように真相を言い当てますが、難しいですよねこれ。自分が彼だったらどうするか、考えされられるエピソードでした。

また、終盤燈馬が可奈のためを思って配慮する場面は、本シリーズ初めのころの彼だったらしなさそうなことでしたので、内面も変化していることがうかがえます。46巻ですからね。



[ 2017/08/12 18:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年08月12日(土)

なぜ、それを好きになるのか? 脳をその気にさせる錯覚の心理学 



著者:竹内 龍人
発売日: 2014/3/10

評価〔B+〕 無意識と誤解の産物です。
キーワード:心理学、好意、視覚、

自分の行動や認知の理由を何かのせいにすることを帰属と呼びます。人間の面白いところは、この帰属が常に正しいというわけではないところです。(第2章より抜粋)


強烈にではなく、ぼんやりとした感じで好きなものはありませんか? なんとなく好きだけど上手く説明できないのはなぜでしょうか。実験心理学の研究から、そうした好きという感情の仕組みに迫ります。

堅苦しくない文章で、脳の情報処理の仕組みから順を追って説明しています。視覚の重要さから始まり、どのように無意識として反映されるかまでを分かりやすく書かれています。単純接触効果は他の心理学の本を読んで知っていましたけど、その先の「処理の流暢性による誤帰属」は知らなくて驚きました。理由があって好きになるのではなく、好きなんだと理由づけしてしまうとは・・・・・・。

具体的な例も、色や絵画、異性の表情など様々な形で挙げています。応用編として、なんとなく好かれるために注意すべきことや、自分から苦手なものを好きになる方法も書かれていて、自己啓発書や実用書のようでもありためになります。特に、勉強(学習)に関する記述は新鮮でした。成績の良さの原因は知能指数ではなく自制心の強さ、自制心も疲弊する、はそうかもしれないと感じました。

好きを解明する読みやすい本でした。



[ 2017/08/12 18:45 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年08月03日(木)

萌え家電 家電が家族になる日 



著者:大和田茂
発売日: 2015/6/25

評価〔C+〕 将来の予測をもっと読みたかったです。
キーワード:家電、電気電子工学、テクノロジー、科学読み物、AI、

人間が人間以外のモノと対話するなんて寂しすぎる、と思う方もいるかもしれない。しかし実際には、人間とは人間以外のもの、たとえば機械に対するコミュニケーションであっても、人間に対するときと同じような反応をしてしまう性質がある。(第1章より抜粋)


家電と言えば高性能や新機能が売りでしたが、最近ではかわいい家電の人気が出てきました。一見役に立たない機能が、どうして利用者に好かれるのか。萌え家電の歴史を辿り、日本の文化やAIを踏まえて考察しています。

身近な具体例として挙げられたものは、AIBOやルンバ、SiriやMMDと知っていることが多かったので、あまり新鮮さはありませんでした。しかし、知っているとはいえ、こうした人間の相手としての家電や道具が結構あって、確かに萌え家電への流れが起きつつあるのかもしれないと感じました。ロボットに近いけれど、本書で扱っているのは人型に限らない人間味のある機械と言ったところ。

萌え家電の人気の秘密を考察した最後の章が、興味深かったです。特に、人間がどのようなものに生き物を感じるのかは、簡潔ながらも分かりやすくて面白いし、外見が人間そっくりではなくデフォルメされたもの(萌え絵)が好ましい理由も説得力があり頷けます。現状よりも、こうした分析や将来の予測についてもう少し読みたかったです。

コンピュータやAIが進化していくと、最後はやはり人間そっくりのロボットに行き着くのでしょうか。本書からロボットやAIの本を読んでいくのもいいかも。私は逆でしたけど。




[ 2017/08/03 22:16 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2017年08月03日(木)

Q.E.D.証明終了 45 



著者:加藤 元浩
発売日: 2013/6/17

評価〔B〕 どっちも殺人事件でした。
キーワード:推理、謎解き

「この問題は“問いかけ”ではなく“メッセージ”のような気がしたんです」(本文より抜粋)


大学のメディア研究会関係者がアパートで殺された「金星」と、美少女に告白された男子高校生が事件に巻き込まれる「初恋」の2本です。どちらの事件も殺人事件なので、推理漫画らしい1冊です。

「金星」で使われたあるトリックが、他の推理物で見たことのあるものだったので犯人がピンときました。ま、それだけで他は分かりませんでしたけど。印象に残ったのは、犯人の逮捕後の言動です。某は動機が理解できないと言っていますが、数は少ないながらもいそうです。嫌な場面ですがリアリティを感じました。

「初恋」は「金星」と似通った話ですが、最後が他の推理漫画と違って本シリーズらしいかもしれませんね。



[ 2017/08/03 22:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)