2017年07月30日(日)

男が働かない、いいじゃないか! 



著者:田中 俊之
発売日: 2016/3/18

評価〔B〕 男らしさとは何なのか。
キーワード:男性学、生き方、仕事、

家族に対する責任を果たし、苦難を乗り越えて働き続けるのが「男らしい」男だと言う人もいるでしょう。その考えを否定しません。しかし、それはあくまで個人的な好みの問題であることを理解してください。男だからという理由で、すべて男性が背負う必要はないのです。(第1章より抜粋)


ここ数十年で女性の社会進出が進み、生き方の選択肢は増えました。一方、男性はどうでしょうか。変化がないとは言いませんが、昔ながらの職場で仕事一辺倒の人が多い印象があります。そうした生き方に疑問を投げかけ、より豊かな人生を歩むため若者向けに書かれた男性学の入門書です。もちろん、中高年の方々が読んでもためになります。

よく見たり聞いたりするような意見や問いかけに対し、著者が答える人生相談のような形式ですので、少しずつ読んでも一気に読んでも大丈夫です。一つの質問につき回答が5ページほどで、気軽に読むことができます。研究や統計を使わないのは、入門書だからでしょうか。

題名にもあるように、働かない男性を肯定していますが、働いている男性を否定している訳ではありません。男性だからこうすべきと決めつけないで、違う生き方も模索してみることの価値を訴えています。男性のことなので仕事や職場のことが多いですが、結婚や社会全体についても扱っています。「女性をリードできないとダメですか」あたりは、男女ともに意見が分かれそうですね。

基本的には働き始めた男性向けの本ですが、それ以外の人、上の世代の男性や女性が読んでも参考になるでしょう。男だからと強要されずにすむ社会になるといいなあ。




スポンサーサイト
[ 2017/07/30 11:57 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2017年07月30日(日)

世界八番目の不思議 1 



著者:宇島葉
発売日: 2015/12/14

評価〔B〕 少々変わった2話連作短編集。
キーワード:短編集、

「ぶっちゃけ脱衣婆ってどうよ」(本文より抜粋)


SFからファンタジーまでジャンルごちゃまぜ、なんでもありの短編集です。基本的にコミカルで、ちょっとカクカクした感じの特徴ある絵です。

2つの短編が1つのエピソードを構成しています。1つのエピソードがPartAとPartBに分かれている、と言ったほうが分かりやすいでしょうか。しかし、PartBが捻ったものが多く、面白いし巧みだと感じました。

どれも非日常ですが、壮大な感じや危機感はあまりなく、変わった日常として進行していきます。何が起きても日常は続くみたいなギャグ漫画です。強烈な話が読みたい人には向きません。でもこういう本のほうが、繰り返し読んじゃうよね。パイ投げの話が好き。

本書は分量が少ないのが不満です。価格も安いわけではないし。せめてあと1エピソード(2話分)欲しかった・・・・・・。



[ 2017/07/30 11:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年07月23日(日)

占星術殺人事件 (講談社文庫) 



著者:島田 荘司
発売日: 1987/7/8

評価〔B-〕 これが元ネタだったのか。
キーワード:推理、文庫化、

「この謎解きは大ざっぱにいって二つの問いかけがあると思う。一つは犯人捜し、もう一つがこのアゾート捜しだよ」(P134より抜粋)


四十年前に迷宮入りとなった殺人事件に、頭の切れる占い師・御手洗潔と、彼の友人・石岡の二人が挑みます。著者のデビュー作。

序盤の遺言状兼小説が退屈でしたが、事件の概要あたりから徐々に面白くなっていきます。古い推理小説らしく、読者への挑戦状があるので、うっかり解決編を読んでしまうことはありません。こうした著者の発言は、劇中の雰囲気を損なうこともあるので、好みが分かれそうですが。また、冗長なところあったが少々残念でした。事件の中心人物を詳しく描写するためや、推理のミスリードのためなのは分かりますが、それよりもくどいと言う印象のほうが強かったです。

事件のトリックは独創的で素晴らしかったです・・・・・・が、最後の事件のトリックに関しては、前に似たようなトリックの作品を見たことがあったので、素直に楽しめませんでした。こちらのほうが先に出版されているので、本書が元ネタだったのですね。いやー、あれに似ているなーと思ってたら、本当にあれだったとは。驚きです。最初に考えた著者は凄いですね。

実写化すれば面白そうですが、凄惨な場面があるから難しいかな。余談ではありますが、2013年に講談社文庫から改訂完全版が出版されています。読んでから完全版の存在に気がつきました。まだ未読の方はそちらを読んだほうが良さそうですね。



[ 2017/07/23 21:13 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年07月21日(金)

ねじの人々 3 (完) (再読) 



著者:若木 民喜
発売日: 2017/2/17

評価〔B+〕 最終回がきれい。
キーワード:哲学、人生、

考えるって何だろう。答えって一体何だ?(本文より抜粋)


劇中で物語について語っているのが興味深いです。その延長線上として、創作物のヒロイン問題へと展開していくのですが、分かりやすい簡単な出発点から、きちんと哲学の抽象概念に繋がっていくのは面白いですね。

難しい主題ですが、著者なりの結論を示していて良かったです。本書の帯では、めちゃくちゃ難しいと正直に述べ、ごめんなさいと謝罪していますけど、こうした漫画が読めて面白く興味深かったです。めんどくさいけれど考えてしまう。読み終わっても何度も読み返しています。

何年か経って著者の価値観に変化があったら、また哲学漫画を描いてほしいと思います。



[ 2017/07/21 23:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年07月21日(金)

ねじの人々 2 (再読) 



著者:若木 民喜
発売日: 2016/7/15

評価〔A-〕 話題が身近になったかな。
キーワード:哲学、人生、

「これぞ純粋理性恋愛というものね」(本文より抜粋)


裏表紙の「時にゆるゆる、時にキレキレ」が的を射た表現だと思います。けれども、これだけだとよく分からないよね。

多数決や奴隷道徳は、分かりやすい例を使って説明していて見せ方が上手いです。つまらなくなりそうな硬い題材を、娯楽として面白く見せるのはさすがです。このあたりが教育漫画とは違うところです。

万子の言動を見ていると、自分も似たような返事をしそうだなと共感を覚えます。しかし、客観的に見たら、やはり面倒くさい相手と思われているのかもしれませんね。簡単には納得できないのです。

あまり硬くなく身近な話題を上手く取り入れていて、1巻より受け入れられやすい内容でした。



[ 2017/07/21 23:19 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年07月16日(日)

語彙力を鍛える 



著者:石黒 圭
発売日: 2016/5/19

評価〔B+〕 言葉に品や知性がでるよね。
キーワード:語彙力、書き言葉、話し言葉、類義語、敬語、

「最も最強」のように、漢字が重なる重言はすぐに気づくのですが、漢字が重ならない重言は気づきにくいので、注意が必要です。(本文より抜粋)


当ブログを書きはじめてかなりの月日が経ちますが、未だに辞書サイトを違うタブで開きつつ書いています。少し自信のない単語は調べてから書くので、この感想文を書くのにかかる時間は、あまり短くないほうだと思います。時間のかかっていないような感想ばかり書いていますが。何度も同じような感想を書いていると、国語力、特に語彙力は重要だと痛感します。稚拙なまたは何度も使っている言葉ばかりになってしまいますし、細かいニュアンスが表現できていないと思うことが多いです。そんなわけで、本書です。

前半は言葉の数を増やす方法、後半は使う言葉の質、表現力を豊かにする方法を解説しています。どちらかと言うと、前半に興味を持って読み始めたのですが、印象に残ったのは後半のほうです。適切な時に適切な単語や表現を使うのは、なかなか難しいことです。とっさに正確に、かつふさわしい表現で意思を伝えるのは技術が要ると思います。後になって考えてみたら、なんか言い方がしっくりこなかったことは度々あります。

具体例として挙げている、幼い子供や留学生の言い間違いは、どこが間違っているのか分かりやすくて良いです。母語だから感じ取れる違和感なのですが、語彙力は適切な表現を使うことで、豊かになるものだと理解できました。それ相応の連語(語の組み合わせ)を使うと効果的なので、良い表現を見聞きしたら覚えておこうと思います。

少し驚いたのは「まず最初に」の説明で、これが重言で間違っているとは気がつきませんでした。「事前予約」も自分では使いませんがよく聞く単語です。でも、これも間違い。指摘してくれる人がいないと、間違って覚えてしまう可能性があります。また、2章の『文字種を考える』では、続柄の読みは「つづきがら」、貼付は「ちょうふ」とあり、いつも迷うので今回再確認できてよかったです。あまり馴染みがない言葉なので、覚えてもすぐ忘れてしまいます。Amazonの書評で、続柄を間違えて覚えていたと書かれていた人がいて、なんか親近感がわきました。

最後に紹介された兄弟子と弟弟子の逸話のように、大切な場面で真に力のある言葉が出てくるように、言葉には気をつけようと再認識しました。


[ 2017/07/16 23:14 ] 言語 | TB(0) | CM(0)

2017年07月16日(日)

白熱日本酒教室 



著者:杉村 啓、 アザミ ユウコ
発売日: 2014/11/26

評価〔A-〕 美味しく健康的に飲みましょう。
キーワード:アルコール、日本酒、特定名称酒、居酒屋、

ここで断言してしまいますと、世の中にあなたがおいしいと思う日本酒は必ずある。それぐらい、日本酒は味の幅が広く、懐が深いお酒に進化しました。(P13より抜粋)


今年になって日本酒に興味を持ち始めました。蔵元や銘柄によって味に差があるみたいなのですが、知識がないので少しずつ調べながら味見しています。人気があるかどうかはネットを見ればだいたい分かりますが、知識がほとんどないので分からないことばかり。興味を持った今が良い機会だと思い、本で学ぶことにしました。という訳で本書です。

題名は呑兵衛のための本っぽいですが、初心者向けです。新書にも関わらず、いきなり数ページの漫画から始まるので読みやすいです。説明も堅苦しくなく、一つの項目も長くないので気軽に読めます。ラベルの読み方からお酒の選び方はもちろん、悪酔い防止法や保存法、温度と味の関係と、毎日呑んでいるいる人でも知らないかもしれないことにも触れています。

勉強になったのは、製法による名称の違いの説明です。山廃や生酒、無濾過の違いが分かって良かったです。でも、それらの味の違いももう少し説明して欲しかったかな。また、器で味わいが変わるのは初めて知りました。どうりで「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」なんてものがあるわけだ。

これらの知識を参考にして、まだ飲んだことのない自分の舌に合う酒を見つけ、二日酔いしない程度に楽しむつもりです。



[ 2017/07/16 23:09 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年07月06日(木)

信頼学の教室 



著者:中谷内 一也
発売日: 2015/12/17

評価〔A-〕 程良くくだけた会話で読みやすいです。
キーワード:信頼、心理学、現代、

ナカヤチ「さて、ここで問題です。なぜ、信頼が高いという、良い話はあまりないのでしょうか?」(2日目より抜粋)


最近は、組織や有名人の謝罪会見は珍しくありませんが、同じような失敗で誤っているのに、なぜか違う印象を受けることがあります。信頼できそうと思うこともあれば、どうもまた同じことを繰り返しそうだと感じることもあり、うまく言葉にできません。何が違うのでしょうか。本書では、信頼や信用の仕組みを丁寧に解説していきます。

通常の説明文とは異なり、若手メーカー社員のシンジ君が、心理学が専門のナカヤチ先生の個人講義を受ける形で、説明しています。冗談を交えて進むので、硬い文章が苦手な人でも比較的読みやすいです。くだけた雰囲気ではありますけど、内容はしっかりしたもので、社会調査のアンケート方法も詳しく丁寧に書かれています。また、各章の最後にまとめがあり、あとで読み返す際に便利です。

対象の信頼度によって、何が一番影響力があるのか変わってくるのが面白いです。信頼を既に得ている人の方法を、信頼されていない人が真似ても、同じ効果が得られないのは分かる気がします。賛否が分かれる行動では、公正さが重要視される点も興味深かったです。また、信頼とは逆の裏切りも一緒に議論されています。最終的な行動が同じ場合でも、自発的か受動的かによって、相手の印象が大きく変わるのは覚えておいたほうが良さそうです。

具体例が東日本大震災に少々偏っているのが気になりますが、それ以外は分かりやすく、勉強になりました。こうした読みやすくためになる新書が増えると嬉しいですね。





[ 2017/07/06 20:29 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年07月06日(木)

神さまの怨結び 3 



著者:守月 史貴
発売日: 2016/6/20

評価〔B〕 思っていたよりも複雑になってきました。
キーワード:呪い、オカルト、現代、

「・・・・・・そういえば『僕ら』の自己紹介がまだだったね」(本文より抜粋)


知霧編の続きから始まります。

呪いを本来とは違う形で使用した、知霧の行く末が描かれますが、この漫画らしい終わり方だったようが気がします。印象深い結末です。締めのクビツリの独白に、なんか納得してしまいました。

一話完結ですが、ここにきてようやく長く登場しそうな人物が現れます。当面の敵になりそうですが、まだよく分かりません。今後に期待しましょう。

余談ではありますが、電子特装版には巻末にカラーイラストが数点ついています。興味のある方は、電子書籍を購入してみはいかがでしょうか。




[ 2017/07/06 20:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)