2017年04月08日(土)

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 



著者:大栗 博司
発売日: 2012/5/29

評価〔A〕 物理学の最先端を垣間見た。
キーワード:重力、超弦理論、相対性理論、物理学、

アインシュタインの「最高のひらめき」とは、このニュートン以来の論理を逆転させることでした。(第三章より抜粋)


重力よりも副題の超弦理論の文字にひかれて手に取りました。高次元を解明する最先端の理論としか知らなかったので。

まずは前提となる相対性理論や量子論から始まり、超弦理論やブラックホールと進んでいくのですが、今は科学から遠ざかっている高校生の同窓生に語るつもりで書いたとあるように、かなり分かりやすく書かれています。難解な理論をほとんど数式を使うことなく、図と簡単な具体例で上手く説明しているのは鮮やかです。これなら知識なしでも読める、とは思いますが、やはり多少は知っていたほうが理解が早いですし面白いと思います。

超弦理論の超弦の意味は、高次元を表すことができる凄い紐くらいに捉えていたのですが、超対称性を前提とした弦のことだったとは初めて知りました。また、潮汐力の説明は本当に分かりやすくためになりました。今までの理解が浅かったようです。物理学を10億のステップで考えることと理論の関連性は、なるほどと関心しました。確かに新理論の存在が予見できます。

途中まではだいたい知っている内容も多く少し退屈でしたが、中盤以降はかなりワクワクしながら読みました。こんなに進んでいるんだと思う反面、まだまだ謎が多いとも感じました。事象の地平線の先から特異点まで、物質には何が起こり、最後に何が残るのでしょうか?

何度読んでもピンとこないところもあります。最先端のあの理論も、分かったような分からないような感じです。しかし、多少分からなくても、次から次へと有名人やノーベル賞受賞者が登場し、発展していった物理学の歩みは面白かったですし、興味のある人には是非読んでもらいたいです。




スポンサーサイト
[ 2017/04/08 22:01 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2017年04月08日(土)

その「つぶやき」は犯罪です 知らないとマズいネットの法律知識 



著者:神田 芳明 (著), 前田 恵美 (著), 深澤 諭史 (著), 香西 駿一郎 (著), 鳥飼 重和 (監修)
発売日: 2014/5/16

評価〔A〕 危険性は認識しておかないと。
キーワード:法律、インターネット、SNS、

まず前提として、名誉棄損罪は、その内容が真実であるかどうかは関係なく成立します。(第1章2より抜粋)


インターネットが発達したおかげで、誰でも気軽に思ったことを発言することができます。しかし、あまりに簡単なので、知らないうちに違法行為となっていたり、逆に不当な被害を受けることもあります。どこまでOKでどこからがダメなのか、情報発信の責任を勉強する本です。

まず、知らないうちに加害者となる場合を紹介していますが、様々な法律と共に説明されていて分かりやすいです。名誉棄損罪は事実でなくても、評価でも公然と相手を貶めると侮辱罪になることがあることに驚きました。具体例の一つとして、レストランの評価はどうなるのか?が書かれていますが、どうやら程度によるようです。その程度も、人によって異なるので難しいですね。

悪いことだとは知らなかったという弁明は言い訳にならない「法の不知は害する」について説明していますが、他人のためにも自分のためにも知識を身につけることは必要でしょう。できれば小さいうちに知っておけば、問題も起きにくいはずです。

一方、図らずも被害者となってしまった場合も紹介していますが、加害者のケースと比べて分量が少なかったのが残念です。欲を言えば、もっと個々の事例について判例を挙げたり、もっと色々なネット問題を紹介して欲しかったです。

法律の面から見たら本書の内容は正しいのでしょうが、このとおりに様々なことに注意すると、基本的に良いことしか書けなくなってしまいそうです。褒めてばかりの情報では有用かどうか判断しずらいし、会話としても味気のないものになりそうだし・・・・・・難しいものです。



[ 2017/04/08 21:57 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2017年04月08日(土)

2017年3月の読書メモ 

さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち〔C+〕
ダーウィンズゲーム 10〔B+〕
「自分はこんなもんじゃない」の心理〔C+〕
新装版 マジックミラー〔B+〕
Q.E.D.証明終了 43〔B+〕

タイムマシン (光文社古典新訳文庫)〔B〕
死人の声をきくがよい 9〔B+〕
視力を失わない生き方〔A-〕


以上、8冊でした。新書、漫画、小説とあまり偏ることなく読書できたほうだと思います。先月言ったように漫画が少なめですが、借りて読んでいたのでブログに感想を書かなかっただけで、数は結構読みました。

もう少し読む冊数を増やしたいですね。




[ 2017/04/08 21:46 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)