FC2ブログ







2017年01月21日(土)

六花の勇者 archive1 Don’t pray to the flower 



著者:山形石雄 (著), 宮城 (その他)
発売日: 2016/3/25

評価〔B+〕 勇者たちの前日譚。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、サスペンス、

「あなたに頼みがあります。あなたにハンスさんを見せたのは、この頼みが可能かどうかを、確かめてもらうため」(「密偵と猫」より抜粋)


六花の勇者シリーズの短編集です。彼らが勇者に選ばれる前の日常を描いた前日譚です。

どのエピソードも登場人物たちの個性がよく出ています。特に、ハンスやフレミーは印象に残りました。なかなか内面が読めない二人を、より理解できるようになります。ハンスの異性の好みは昔からのようです。また、中には本編で起きる事件を仄めかしている場面もあります。本編を読み直す時に思い返すでしょうし、本編の続きを読む時に物語の深みに繋がると思います。

ふと思ったのですが、現在の六花ではなく過去の六花の話でも面白いかもしれませんね。多少語られていますが、過去にどのような戦いが繰り広げられた詳しく知りたいです。短編でいいから読んでみたいです。

本書を読まなくても差し支えありませんが、シリーズのファンでしたら読んでおくことをお勧めします。




スポンサーサイト
[ 2017/01/21 21:24 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2017年01月21日(土)

岸辺露伴は動かない 



著者:荒木 飛呂彦
発売日: 2013/11/19

評価〔B+〕 露伴先生らしい波乱万丈な出来事。
キーワード:ジョジョ4部、短編集、

「・・・・・・それとは別に『山奥の別荘』を買いに行くお話とか漫画にしません?」(本文より抜粋)


ジョジョの奇妙な冒険に登場する漫画家・岸部露伴が主人公の短編集です。性格はわがままですが格好良くもある人気のキャラですし、職業柄よく取材に出かけるようなので、著者も言っているようにこうした短編には向いていますね。

好奇心を刺激する不可思議でどこか怖いエピソードが魅力的です。ジョジョと言えばスタンドを連想する方が多いと思いますが、本書では本編のようなバトルはありません。しかし、同じくらいの面白さがあります。追い込まれた主人公がどう難局を乗り切るのかが見物です。上で引用した家を買いに行く話が印象深かったです。

別の短編集「死刑執行中脱獄進行中」にある短編と同じものが、1編だけ収録されていました。本書の題名からしてその短編と同じでしたので予想はしていましたけど、できれば全部新しい作品が読みたかったなあ。あの話も結構好きなので悪くはないのですが。

ジョジョを読んだことがない人が、試しに読んでみても良さそうです。露伴先生はだいたいこんな感じで活躍していますよ。



[ 2017/01/21 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)