FC2ブログ







2016年09月20日(火)

極黒のブリュンヒルデ 15 



著者:岡本 倫
発売日: 2015/10/19

評価〔B〕 ギャグが多め、高屋が目立ってます。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「まじでこれ!? こんな所に行くの!?」(本文より抜粋)


前回からの恋愛のいざこざもひとまず落ち着き、日常に戻った魔女たちは思いがけない出来事に直面します。

なにかとギャグが多めの巻です。高屋の言動は今までにも増して極端なもので笑ってしまいました。バカンスを語るのは良いのですが、もう少し笑顔でお願いします。初菜はよく頑張った。

また、佳奈と彼女の姉の関係は、新しい局面を迎えます。最後の頃まで進展しないだろうと思っていたので意外でした。終わりに向かって動き出した感じがします。

他の方の書評にもありましたけど、終盤の「UCHU・・・」は一体どういうことなんでしょうか。間違い? いや、著者ならではのギャグだったんでしょうね、きっと。次の巻は波乱の展開になりそうです。




スポンサーサイト



[ 2016/09/20 20:51 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年09月20日(火)

「超」集中法 成功するのは2割を制する人 



著者:野口 悠紀雄
発売日: 2015/9/17

評価〔C〕 その2割を見つけるのが難しい。
キーワード:実用、勉強、仕事、

世の中では、「重要なのは2割程度であり、それで全体の8割程度の効果が得られる」場合が多いのです。(本文より抜粋)


学校の勉強でも職場の仕事でも、本当に大切な部分は全体の2割ぐらいで、その部分に力を入れれば全体の8割くらい把握するのと同じことである、というのが著者の主張する法則です。どこかで見聞きした「2:8の法則」と同じですが、これがいかに日常生活に当てはまるのか、そしてどうすれば効率よく物事を進められるのかについて検討しています。

何事も一様ではないことは経験から知っていますが、問題はどこか重要なのか知ること、発見することです。それについては本書でも述べられていますが、その核心部分(コア)の見つけ方が『能力のある人から教えてもらう又は見て盗む』で、あまり参考にならなかったのが残念です。もう少し具体的な方法が欲しかったです。難しいとは思いますが。

また、終盤で残り8割の部分は無視できないとしながら、しかしやはり2割が重要であるとも強調していて、少々混乱しました。このような書き方ですと、結局どちらが大切なのかよく分からなくなってしまいそうです。

一方、書類整理やべき乗分布のくだりは興味深かったです。特に前者の使う頻度の高いものを揃える手法は、物が多い場合は有効かもしれませんね。私も本棚で似たようなことをしています。こうした良い点もありましたが、全体的には良くなかった点が目立ってしまいました。



[ 2016/09/20 20:45 ] 実用 | TB(0) | CM(0)