FC2ブログ







2016年06月29日(水)

○○○○○○○○殺人事件 



著者:早坂 吝
発売日: 2014/9/4

評価〔A-〕 題材も犯人当てもユニークでした。
キーワード:推理、孤島、殺人事件、仮面、密室、

再従兄弟島は「楽園」と恥ずかしげもなく言えるくらい素晴らしいところだった。そこでの暮らしに満足した僕たちは、毎年夏にそこでオフ会を行うことにした。今回で四回目になる。(本文より抜粋)


変な題名だなーと思いながら読み始めたら、最初のページに読者にはタイトル当てをしてもらいたいと書いてありました。ちょこちょこ推理小説を読んではいますが、本のタイトルを推理する推理小説は初めてです。ヒントもありますが、分かるのだろうかと疑問を抱きながら読みました。第50回メフィスト賞受賞作。

タイトル当てと書いてあるものの、犯人は普通の推理小説同様明かされないまま、解決編へと進んでいきます。こう書くとあまり特徴のないものに見えますが、とてもユニークな作品です。テーマもトリック崩しも今まで見たことがなかった類のもので、凄い!頭良い!というよりは、なんだこれ!と衝撃的でした。その点だけでも読んでよかったです。

南海の孤島で密室が登場して、ミステリファンならば飽き飽きしてはいるけど好きそうな内容なのですが、ミステリファンが気に入るかと問われれば、おそらくそうはならないと思います。文章・内容ともライトノベルっぽく、トリックも緻密とは言い難いからです。

高評価をつけましたが、人を選ぶ本です。低く評価したり嫌う人がいるのも理解できます。おすすめも・・・・・・迷いますね。ですが、本格に拘らず風変わりな推理小説が読みたい方は、読んでみるのもいいかもしれません。



スポンサーサイト



[ 2016/06/29 21:40 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年06月29日(水)

面白いほどよくわかる! 見ため・口ぐせの心理学 



著者:渋谷昌三
発売日: 2014/6/9

評価〔B〕 他人だけでなく自分にも当てはめてみよう。
キーワード:見ため、口ぐせ、心理学、対人関係、

特定の人を指しているのではなく、漠然と「みんな」と言うことで、自分の意見をほかの誰かに責任転嫁していると思われます。(「みんなが言ってるよ」より抜粋)


相手がどのような人か判断する時、何を基準にしますか? 人間の個性は様々なものに表れますが、見た目は非常に分かりやすく、口癖は性格や考え方が色濃く出るものです。後者に特に興味を持ったので読みました。

こうした口癖の人はこのような性格や欲求を持っていると、知りたいことがまさに書かれた章があるのが良かったです。「実は」「要するに」「かわいい」「忙しい」といったよく耳にする口癖から、抽象的な「難語やカタカナ語が多い」「噂話が多い」など会話の癖まで扱っていて実用的です。他人に当てはめて推し量ることができますが、自分に当てはめて自己分析をすると面白いと思います。私だったら「なんか」かな。

見ためのほうが分量が多く、口癖の分量が少なめだったのが惜しいです。しかし、表情の左側に本音が出やすい、セクシーな服装を好む心理、嘘についてのあれこれなど興味深いものもありました。

心理学に明るい方には易しい内容だと思いますが、ちょっと心理学に興味があって触れてみたいという人には、題材も身近で分かりやすく使える本なのではないでしょうか。




[ 2016/06/29 21:11 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)