FC2ブログ







2016年03月02日(水)

アラクニド 14 (完) 



著者:村田 真哉、いふじ シンセン
発売日: 2016/2/22

評価〔B+〕 ダラダラ続くよりは良いと思います。
キーワード:殺し屋、昆虫、現代、バトル

「教えてやろう。「ボス」の正体は・・・」(本文より抜粋)


13巻の感想で『次の巻が最終巻でもおかしくない』と書いたら、本当に14巻で終わりとなってしまいました。最終巻です。強い敵が次から次へと登場し、もうアリスに対抗できるような敵がいなくなってしまったのでは?と感じていたので、ダラダラ続けるよりは潔くて良かったのかもしれません。

最後ということで、存在するのかしないのか不明のボスの正体も明かされ、組織の成り立ちやボスの目的なども語られています。バトルは少なめで物足りないと思う方もいると思いますが、意外性もあり、なんかこう味のある幕引きで良かったと思います。

昆虫の生態・能力と戦闘を合わせた、分かりやすく読みやすい漫画でした。筋書きは単調に感じましたが、昆虫の解説は面白く、個性ある蟲たちも結構好きでした。シリーズ全体としてはB+くらいかな。次の漫画も期待しています。



ボスについてちょっとだけネタばれ話↓

スポンサーサイト



[ 2016/03/02 18:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年03月02日(水)

黄昏乙女×アムネジア 10 (完) 



著者:めいびい
発売日: 2013/11/22

評価〔B+〕 良い感じの終わり方でした。
キーワード:オカルト、幽霊、ホラー、コミカル、学園

「・・・・・・だって、寂しいじゃないですか」(本文より抜粋)


最終巻です。夕子はどうなったのか、その結末とは。

謎も消えて盛り上がる要素はないんじゃないのかなーと思っていたのですが、予想以上に上手くまとまって終わりました。静かに終わっていくのかななどと漠然と思っていただけに、この結末は良かったです。後半のエピローグも、怪異調査部の面々の元気な、霧江にいたっては元気過ぎる姿が見られて楽しませてもらいました。エピローグ1の最後のページの彼女の表情が秀逸。

おまけのページに書いてありましたが、この漫画の企画案ではヒロインの魅力が第一で、ホラーはあくまでサブだったようです。事実、本編もそうなっています。しかし、僕は基本的にホラーでラブコメの要素もある漫画とずっと誤解、もしくは期待していました。どうりで二人のイチャついているシーンが多いはずですよ。まあ、それでも、ホラーの部分もきちんと決着をつけてくれたので安心しました。需要と供給の齟齬?があったので、シリーズ全体の評価はB-~C+くらいかな。

絵が綺麗で、漫画の見せ方も手馴れているので、今度は恋ラブコメはなく違うタイプの漫画を見てみたいですね。



[ 2016/03/02 18:51 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年03月02日(水)

2016年2月の読書メモ 

他人をほめる人、けなす人 (草思社文庫)〔C〕
傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学〔A〕
神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)〔B+〕
最後のレストラン 3 (再読)〔A〕
黄昏乙女×アムネジア 8〔B-〕

ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか (角川文庫)〔S-〕
黄昏乙女×アムネジア 9〔B〕


以上、7冊でした。段々忙しくなってきたので、2月は少なめでした。

1月と同じくらい評価がばらつきましたね。S-からCまであります。評価S-の「ヒューマン」は、時間と手間と資金を惜しみなく費やして作られた贅沢なドキュメンタリー、ノンフィクションだと思います。感想にも書きましたが、NHKの取材したものをまとめた本は質が高く興味深いです。

来月は漫画が多くなりそうな予感。



[ 2016/03/02 18:49 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)