FC2ブログ







2015年10月11日(日)

玩具修理者 



著者:小林 泰三
発売日: 1999/04

評価〔B+〕 ホラーだけど、SFの要素もあります。
キーワード:ホラー、SF、

「・・・・・・ある意味では秘密かもしれないわ。一度も人に言ったことがないから」(本文より抜粋)


短編の表題作と、長めの中編「酔歩する男」の二編で構成されているホラー小説です。なんか怖いものが読みたくなり、また読んだことのない作家の作品が読んでみたいとも思っていたので、本書を選んでみました。第2回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作品。

表題作はある男女の会話なのですが、なかなか不気味で分かりやすいホラーでした。最初は男性の言うように、この話は何の関係があるのだろうと疑問に思うのですが、徐々にそれを忘れて話に没頭してしまいます。でも、単に怖がらせるだけで終わらないのが良くて、面白かったです。

二編目はSFっぽいホラーです。ある男性がパブに行った帰りに、見知らぬ人から不思議なことを尋ねられる場面から始まります。始めは意味が分からないのは表題作と同じです。しかし、それとはまったく違う方向へと進んでいき、驚くべき運命に囚われた者の不幸を描いています。血や肉など視覚的な怖さは少ないですが、想像すればするほど怖くなってくる類のものです。状況が複雑なので分かりにくく、話が冗長に感じられる時があったのが、欠点といえば欠点かもしれません。もう少し短くても面白さは変わらなかったと思います。

二編目を絶賛している方が多そうですが、表題作のほうが明快で、読む前に期待していたホラーっぽくて好みでした。



スポンサーサイト



[ 2015/10/11 09:50 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年10月11日(日)

未来日記 9 (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2009/11/26

評価〔B+〕 再び所有者同士の戦いです。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

「愚か者め。逃げ回る程度の「日記能力」で勝てると思わん事だ」(本文より抜粋)


表紙を飾るのは9th・みねね。彼女と当面の敵、11thが中心になって物語は展開していきます。みねねと行動を共にしたがる西島刑事が、思いのほか活躍します。あの人のついでのように登場したのに、ここまで目立つとは。意外でした。

11thの大いなる野望、謎だった日記の能力が明かされます。そして、未来日記のある仕組みも同様に明らかに。彼の日記はかなり独特で便利です。それと合い重なって、単なるサバイバルゲームの参加者というよりは、最後の敵にような描かれ方をしています。まあ、特定の一人を倒してもゲームは続くのですが。

ムルムルが何か企んでいて、それを察したデウスも動き始めます。あと残り3冊。伏線もはり終え、終盤に突入していきます。



[ 2015/10/11 09:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)