2015年10月29日(木)

ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト 



著者:上遠野 浩平 (著), 緒方 剛志 (イラスト)
発売日: 2011/1/6

評価〔C〕 珍しく主役の出番が多め。
キーワード:シリアス、SF、超能力

「と、とにかくあいつが今気にしてんのは、その問題のレモン・クラッシュってもんなんだよ」(本文より抜粋)


男子生徒3人と女子生徒3人が、レモン・クラッシュと呼ばれる噂に興味を持ち、奇妙な事件に関係していく本シリーズらしい物語です。最近は、外伝でも本編でも強い力を持つ者ばかりが登場していた印象があるため、こうした高校生たちが中心の話は久しぶりのような気がします。

統和機構に所属する者、特殊な能力を持つ者、何も知らずに巻き込まれる者、そして我らが不気味な泡と、いつもながらの展開ではありますが、それだけに先が気になります。日常と世界規模での話がすんなり繋がっているのは、相変わらず上手いです。しかし、結末は理解したようなしていないような、分かったような分からないような複雑な、あるいは曖昧なものでした。派手で爽快な終わり方を期待していたので、当てが外れてしまいました。これも、ブギーらしいと言えばブギーらしいのですが、もう少し分かりやすい盛り上がりが欲しかったです。

珍しくブギーポップの出番と台詞が多かったと思います。なぜ出番が多いのかは読めばすぐ分かると思うので、ここでは明かしません。シリーズの本筋はまったく進みませんでしたが、こうした原点に戻ったような作品で、そういった意味では良かったのではないでしょうか。



スポンサーサイト
[ 2015/10/29 21:36 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年10月24日(土)

りとる・けいおす 2 (完) 



著者:涼川 りん
発売日: 2015/6/27

評価〔B〕 暴走する小学生たち。
キーワード:ギャグ、シュール、小学生、

「大丈夫です。カーナビがありますから。」(本文より抜粋)


表紙を見て誰だよとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、間違いなく「りとる・けいおす」の2巻です。黙っていれば美少女とはまさにこのk・・・・・・いえ、なんでもありません。

この漫画を知ったきっかけである、三段論法の回が収録されています。田中ちゃんが作った三段論法が凄いです。豚。圧倒的。機会があったら誰かに言ってみたいです。

上記に引用したカーナビの話が好きです。あの人の母親は、間違いなくこの漫画のキャラだと実感しました。いや、でも意外といそうです、こういうお方。カーナビ面白いよねカーナビ。

劇中でも書いていますが、残念ながら打ち切りとなってしまいました。下ネタあり理解しがたい笑いありでしたが、次回作でもこの個性を活かし、面白い作品を書いて欲しいですね。



[ 2015/10/24 21:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年10月24日(土)

りとる・けいおす 1 



著者:涼川 りん
発売日: 2014/10/28

評価〔B〕 シュールな少女たち。
キーワード:ギャグ、シュール、小学生、

何言ってるの? この人・・・(本文より抜粋)


表紙のような緩やかな雰囲気の中、小学生の女の子たちが発するシュールな笑いが表現しがたい日常系ギャグ漫画です。口と鼻が省略された顔が特徴的。他の人も書いていますが、なぜか表情豊かに見えます。

ゆず、うきっぺ、あきの3人組の様子が描かれていますが、可愛らしさだけではなく、ブラックジョーク・下ネタ・謎の感性と独特です。時々出てくるリアルな描写が良い味だしています。また、意外だったのが11話のラブレター大作戦です。オチが予想外で良かった。

ギャグは笑えるものもあれば、そうでないものもありました。絶賛・・・・・・ではないかな。個性的なので、気に入るか気に入らないかは、本当に人それぞれだと思います。



[ 2015/10/24 21:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年10月19日(月)

孫子・三十六計 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 



著者:湯浅 邦弘
発売日: 2008/12/25

評価〔A-〕 現代でも応用できる普遍性が凄い。
キーワード:中国、古典、戦争、孫子、

彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。(三 謀攻篇より抜粋)


中国の古典でおそらく論語と同じくらい有名なのが、この孫子の兵法書だと思います。後の為政者・軍人たちに大きな影響を与えたと言われれる本書。武田信玄の「風林火山」が有名です。その有名な古典を読み下し文・原文・訳文の順に書き、分かりやすく解説した孫子の入門書です。また、孫子の要点をまとめ、理解しやすくした兵法書、「三十六計」も説明しています。

全編ではありませんが、代表的なところは網羅されています。勝つための戦術的なことよりも、いかにして損害を少なくするか、負けないかを力説しています。戦乱の時に書かれ、もっと勝つことに拘っているのかと思っていたので、意外で印象に残りました。また、現代では当たりまえとなっている情報の重要性を、あの大昔に説いているのが凄いですね。用間篇でも、「成功を収めるのは予知しているから。予知とは、不可思議な力ではなく知性によって得られる情報である」とあります。格好良い。

また、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」は知っていましたが、続きがあることは知りませんでした。上記の引用文がその続きです。なるほどね。覚えておきたいものです。「三十六計、逃げるに如かず」という言葉は、劣性の時に使う計謀。正しくは「走為上(そういじょう)」で、「走るを上と為す」と言うそうです。知りませんでした。

いつの時代でも応用できそうな考え方・価値観が随所に見られます。だからこそ、長い時を越えて、外国でも読まれているのでしょう。はじめにで、哲学の書と評されていた理由が分かります。しかし、完全に理解したとは言えないので、なにかの折にまた読み返してみたいと思います。





[ 2015/10/19 22:23 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2015年10月19日(月)

未来日記 10 (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2010/3/24

評価〔B〕 ゲーム終了まであとわずか。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

「今はコレが私の『盾』となる」(本文より抜粋)


未来日記の発端、そして全員の日記の能力も明かされ、ゲームも終わりをむかえようとしています。中盤からなかなか所有者が減らないなーと思っていたのですが、この巻では久しぶりに退場者が出て、ツインタワービルでの決戦が終了します。それにしても、某はあっさりとした退場でした。あっさりし過ぎなのでは。

デウスは某に質問をされ、ある重要事項について説明します。これによって物語を構成する全てのパーツが揃いました。でも、謎が解明した訳ではなく、全貌は次の巻で明かされるでしょう。この巻かと思っていたのですが、結構引っぱりますね。ちょっと冗長な気もします。

某が、実は重要な人物だったのは意外で良かったです。ただの脇役・・・・・・では終わりませんでした。いや、優遇されているようなと思っていただけに、言われてみれば納得です。

誰がゲームの勝者になるかだけでなく、勝者は何を望むのか、世界をどうするのか、も気になるところ。あと2巻。




[ 2015/10/19 21:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年10月11日(日)

玩具修理者 



著者:小林 泰三
発売日: 1999/04

評価〔B+〕 ホラーだけど、SFの要素もあります。
キーワード:ホラー、SF、

「・・・・・・ある意味では秘密かもしれないわ。一度も人に言ったことがないから」(本文より抜粋)


短編の表題作と、長めの中編「酔歩する男」の二編で構成されているホラー小説です。なんか怖いものが読みたくなり、また読んだことのない作家の作品が読んでみたいとも思っていたので、本書を選んでみました。第2回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作品。

表題作はある男女の会話なのですが、なかなか不気味で分かりやすいホラーでした。最初は男性の言うように、この話は何の関係があるのだろうと疑問に思うのですが、徐々にそれを忘れて話に没頭してしまいます。でも、単に怖がらせるだけで終わらないのが良くて、面白かったです。

二編目はSFっぽいホラーです。ある男性がパブに行った帰りに、見知らぬ人から不思議なことを尋ねられる場面から始まります。始めは意味が分からないのは表題作と同じです。しかし、それとはまったく違う方向へと進んでいき、驚くべき運命に囚われた者の不幸を描いています。血や肉など視覚的な怖さは少ないですが、想像すればするほど怖くなってくる類のものです。状況が複雑なので分かりにくく、話が冗長に感じられる時があったのが、欠点といえば欠点かもしれません。もう少し短くても面白さは変わらなかったと思います。

二編目を絶賛している方が多そうですが、表題作のほうが明快で、読む前に期待していたホラーっぽくて好みでした。



[ 2015/10/11 09:50 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年10月11日(日)

未来日記 9 (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2009/11/26

評価〔B+〕 再び所有者同士の戦いです。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

「愚か者め。逃げ回る程度の「日記能力」で勝てると思わん事だ」(本文より抜粋)


表紙を飾るのは9th・みねね。彼女と当面の敵、11thが中心になって物語は展開していきます。みねねと行動を共にしたがる西島刑事が、思いのほか活躍します。あの人のついでのように登場したのに、ここまで目立つとは。意外でした。

11thの大いなる野望、謎だった日記の能力が明かされます。そして、未来日記のある仕組みも同様に明らかに。彼の日記はかなり独特で便利です。それと合い重なって、単なるサバイバルゲームの参加者というよりは、最後の敵にような描かれ方をしています。まあ、特定の一人を倒してもゲームは続くのですが。

ムルムルが何か企んでいて、それを察したデウスも動き始めます。あと残り3冊。伏線もはり終え、終盤に突入していきます。



[ 2015/10/11 09:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年10月08日(木)

くまみこ 4 



著者:吉元 ますめ
発売日: 2015/5/23

評価〔C〕 こうした展開が好きな人もいると思います。しかし。
キーワード:田舎、神道、現代

この村にはなにかある。俺の勘がそう言っている。(本文より抜粋)


3巻までの流れとは少し違って、隣村で起きたある事件の捜査で、熊出村へ来た二人の刑事の話となっています。もちろんマチやナツたちも登場しますが、主役ではない、と思います。

どうも他の方の書評を読んでみて、あまり面白そうじゃないなあと感じていたのですが、こうした悪い予感は当たるものです。今までと比較すると、それほど面白くないです。続き物が書いてみたかったのか、違う笑いに挑戦したかったのか分かりませんが、マチとナツのほのぼのしたギャグに比べると落ちる気がします。本書の一話目は、いつもどおりで良かったです。

もう少しこの話は続きそうですが、次の巻ではまたいつもの田舎者、いや時代遅れギャグ(?)が見られることを期待しています。



[ 2015/10/08 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年10月08日(木)

未来日記 8 (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2009/5/26

評価〔B〕 ようやく真相がちらほら見え始めました。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

「一つだけ助かる方法があるぞ」(本文より抜粋)


個性豊かな人たちがサバイバルゲームをしているだけではなく、少しずつ変化していきます。日記を使った対決も良いですが、やはり目を引くのは由乃の異常な性格だと思うので、彼女が絡んでくるのは歓迎です。面白くなりますしね。

8巻にしてようやく日記所有者がそろいます。一対一で戦っていたらまだまだかかっていたので、当初の予想よりは早かったかな。ただ、能力が完全に明かされていない人もいるので、まだまだゲームは続きますし、次に誰が脱落するかは分からないです。

中盤の雪輝の決意によって、物語は結末へと動き始めます。しかし、それよりも重要なのが終盤のある事実の発覚です。前に読んでいたから知ってはいましたが、ようやくですか。早かったような遅かったような。これによって、また新たな謎が生まれるのですが・・・・・・それは次巻以降に持越しです。



[ 2015/10/08 21:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年10月03日(土)

うわさとは何か 



著者:松田 美佐 (著)
発売日: 2014/4/24

評価〔B〕 媒介が何かも重要です
キーワード:うわさ、おしゃべり、電話、メール、インターネット、社会学、

人はうわさを聞いたからといって、鵜呑みにするわけではない。もっともらしいと感じなければ、話半分で聞く。ゆえに、多くのうわさは「根拠」と一緒にな語られている。(本文より抜粋)


社交的ではないのであまりうわさと縁がないのですが、それでも耳に入ってくるうわさはあります。噂と言うけれど、口コミとはどう違うのでしょうか。デマ、ゴシップ、都市伝説と似たような単語がありますが、どこが同じでどこが異なるのか。コミュニケーション論・メディア論が専門の著者が、うわさについて考察します。

とらえどころのなさそうなテーマを、どのように説明するのか興味ありましたが、影響力・歴史・効果など様々な面から全体像を解明しようと試みています。中でも、「流布量は重要さと曖昧さの積に比例する」とした論が説得力があって面白かったです。たしかに取るに足らない話題や、白黒はっきりしている問題は、噂には不向きです。逆に、予知できない天災は人々の関心が高く、ネットでもたびたび噂になります。いつどこで大地震が起きる、なんてうわさが良い例ですね。また、うさわが何で伝わっていくのか、その形式によって違いが出てくるのも興味深いです。内容だけで決まらないとは意外でした。

某信用金庫のうわさの伝達例が取り上げられ、分かりやすく全体像が見れたことはとても良かったです。表現は悪いですが、まるでインフルエンザのようです。ところで、この例ってテレビ番組で扱ったことありませんでしたっけ? なんか見覚えがあるような・・・・・・。

メディアの特徴も詳しく説明し、全体的に過不足ない内容だと思います。しかし、核心であるうわさの正体や対処法は、説明が簡素だったように感じました。ややぼんやりした結論、といった印象です。うわさ自体があやふやなもので、かつ研究の余地もまだありそうだからかもしれません。





[ 2015/10/03 21:26 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年10月03日(土)

知っておきたい伝説の秘境・魔境・古代文明 



著者:秦野 啓 (監修)
発売日: 2009/02

評価〔B〕 空想と実在が入り混じっています。
キーワード:遺跡、伝説、伝承、オカルト、歴史、

「これのどこが理想郷だ」と思う人もいるかもしれないし、「なるほどこれは理想郷だ」と思う人もいるかもしれない。(ユートピアより抜粋)


桃源郷や不夜城、黄泉の国・・・・・・聞いたことがあるし、まったく知らなくはないけれど、詳しくは知らない場所や建物は多々あります。架空のものだけでなく、実在するエルサレム神殿やオリュンポス山も同じです。そうした世界各地の伝承の地や、古代文明が短かめに分かりやすく書かれた解説書です。

ムー大陸、エデンの園、ネバーランドと誰もが聞いたことがありそうなものから、バビロンの空中庭園、鬼が島など変わったところもあります。95項目ありますので、聞いたことのあるものや興味のあるものだけ読むのもありだと思います。実在するものの中には世界遺産もあります。クレタ島、チチェン・イツァ、グレート・ジンバブエ。世界史は取っていなかったので勉強になります。

「もっと知りたい」というコーナーで、余談が書かれているのですが、ゲームや漫画に関することが多いです。RPGと相性がいいせいか、ドラゴンクエストとファイナルファンタジーの登場回数が多め。特に前者は、古い作品の核心部分があっさりと明かされているのですが、良いのでしょうか・・・・・・少々心配です。

じっくり読んでも良いですし、暇つぶしにも良いと思います。クイズに強くなれそうな一冊です。




[ 2015/10/03 21:24 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年10月03日(土)

2015年9月の読書メモ 

中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい? (新潮文庫)〔B+〕
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 9〔B+〕
死体を買う男 (講談社文庫)〔B-〕
しない生活〔B-〕
図解 日本の城 歴史がおもしろいシリーズ〔B〕

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 10〔B+〕
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 11 (完)〔B+〕
六花の勇者 3〔B+〕
アラクニド 13〔B〕
生徒会役員共 12〔B+〕

人間はどこまで動物か (新潮文庫)〔C〕
サイコろまんちか 3 (完)〔B+〕
未来日記 6〔C+〕
未来日記 7〔B〕

以上、14冊でした。前半は漫画以外のものを意識して読んでいたのですが、後半は漫画ばかりになってしまいました。優先して集めている漫画の続きが重なったのも、そうなった理由の一つです。

Y十M~柳生忍法帖~が読み終わったので、次に集中的に読むのは未来日記にしようと思っています。全12巻ですから、あと5冊ですね。年内には読み終わりそうです。



[ 2015/10/03 21:01 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)