FC2ブログ







2015年09月12日(土)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 11 (完) 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2008/8/6

評価〔B+〕 あっさり、しかしまとまった終わり方でした。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「その日その時が、いま来たと思え」(本文より抜粋)


堀の女たちの復讐劇、最終巻です。

おゆらの思い、銅伯や明成の結末など見るべき山場は多いのですが、一番盛り上がったのは、私以外の読者も期待していたであろうあの対決でした。いやー、ここまで長かったです。いつ戦うのだろう?と待ち望んでいただけに、最後の最後で実現して良かったです。結果も納得いくものだったと思います。

おまけのような感じで登場した某によって、あの人の意外な一面も見ることができて面白かったです。ただ、終わり方はだいぶあっさりしたものでした。無駄に多くを語るより良かったのかもしれません。

全体的には、迫力があり色気もあり、話のテンポにバラつきがありましたが楽しめました。なによりきちんとしっかり完結したのが良かったです。十兵衛の格好良さが印象に残りました。ただ、予想よりも堀の女たちの出番が少なかったのが残念でした。後半は、おゆらや銅伯に見せ場を取られてしまった感がありましたしね。シリーズとしての評価はBかB+のどちらかです。うーん、好みの問題かもしれませんが、バジリスクには劣ると思います。



スポンサーサイト



[ 2015/09/12 21:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年09月12日(土)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 10 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2008/4/4

評価〔B+〕 決戦は近い。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「ただ一太刀で成敗しては・・・胸が癒えぬと思わぬかえ?」(本文より抜粋)


長く激しい戦いになるかと思った9巻終盤のあの戦いは、早々に決着がつきます。え、これで終わり?って感じで。意外でした。

今まで脇役だった明成の妻・おゆらが活躍・・・ではなく物語の重要な役を果たすことになります。藩主の妻であり銅伯の娘という立場が、関係者全員にとって無視できない存在となってきます。この人毎回艶めかしいですね。

再度危機に陥った十兵衛が、どのようにして脱出するのかが見どころです。明成・七本槍側は罠が多いよね。それも実に明成たちらしく、また拷問でないところが良いです。

次が最終巻。復讐は完遂できるのか、あの二人の決闘はあるのか、明成と銅伯の結末がどうなるのか。期待したいです。



[ 2015/09/12 21:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年09月12日(土)

図解 日本の城 歴史がおもしろいシリーズ 



著者:中山良昭
発売日: 2010/1/5

評価〔B〕 お城とは何なのか。
キーワード:城、大名、安土桃山時代、江戸時代、歴史、

日本の城が、独特の発展をしたのは、単なる文化の違いではなく、日本の地質や地形から必然的に生み出されたものなのです。(本文より抜粋)


観光地には博物館やご当地タワーなど色々見どころががありますが、行ってみたくなる名所の一つがお城です。タワーや塔ほうが高いのですが、何故かお城を見てみたくなります。昔の人も同じ目線で同じ景色を見ていたと思うと、なんか感慨深くなります。とは言え、お城に詳しくはなく、知識もほとんどありません。この本では、日本の城を歴史・分類・・人物・逸話と様々な面から分かりやすく説明しています。

全ての大名が城を持っていたわけではないことや、曲輪(くるわ)の配置によって形式が決まることなど、いろいろと細かく分類されていることが分かり興味深いです。地域によって土塁が多いか石垣が多いか違うのも面白いです。どれも見開き2ページで説明が一区切りつくので読みやすいと思います。

後半は、全国各地の城を歴史と特徴をまじえて解説しています。数が多いので単調な感じがします。それにしてもたくさんあるものですね。昔の天守が残っているものはやはり少ないですが、お城を見て楽しむということなら、後から作った天守でも十分かもしれません。堀だけの城址ではつまらなさそうですが。

題名に図解とあるように、解説書というより図鑑です。お城初心者レベル向けだと思います。興味を持った方はより詳しい解説書に進むと良いでしょう。



[ 2015/09/12 20:46 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)