FC2ブログ







2015年07月30日(木)

野崎まど劇場 



著者:野崎まど, 森井しづき
発売日: 2012/11/9

評価〔B〕 評価不能でもいいかも。
キーワード:短編集、実験的、

「この第3局、やはり一番衝撃的だったのは伊月九段の初手でしょうか」(第60期 王座戦五番勝負 第3局より抜粋)


短編がこれでもかというほど収録されているライトノベルです。表紙折り返しに「著者・野崎まどの謎センスが電撃文庫で大暴れ」とあり、まさにそのとおりなので、他に適当な言葉が見当たりません。書き下ろしや没ネタも全部ひっくるめて24編、全体的にコミカルです。

ちょっと読んでみて分かるのは、非常に実験的な本であることです。図や記号をふんだんに使用し、漫画のような印象すら受けるものもあります。「魔王」や「ラーメン戦争」は、文章で説明することを放棄していて清々しいくらいです。非常に新しい小説の形だと評価する人がいれば、適当や悪ふざけととらえる方もいるでしょう。大抵のことは許される土壌のライトノベルだからこそ、出版できた短編集ではないでしょうか。

また、パロディとして書かれた作品が多いです。いえ、全部そうなのかも知れませんが、僕には分かりませんでした。雑誌風、テレビ中継風、映画風と様々ですが、特に印象に残ったのは「王妃 マリー・レクザンスカ」です。シェイクスピアの戯曲を読んだことがあれば、それとすぐ気がつくでしょう。最初の台詞、卑劣で厚顔な雌馬!に笑ってしまいました。言いそう。

ちょっとした思いつきを話にしたものが多いのですが、最後の短編は他の長編作品に雰囲気が似ているので、興味を持った方は他の作品も試してみてはいかがでしょうか。面白いですよ。


スポンサーサイト
[ 2015/07/30 22:23 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年07月30日(木)

危ノーマル系女子 2 



著者:真田ジューイチ
発売日: 2014/2/12

評価〔B+〕 1巻とはガラッと変わって。
キーワード:アブノーマル、学園、現代

「何処の誰か知らないが、邪魔などされて堪るか。」(本文より抜粋)


強烈な個性が次々に出てきて驚かせてくれた1巻とはガラッと雰囲気を変え、サスペンスになります。

女子たちがそれぞれの特徴を活かし、シンヤに協力するのが見ていて面白いです。ちょっとした会話が上手いので、見ていて飽きません。一方、物語として面白いのか?と聞かれれば、1巻よりは良いですが、斬新でも奇抜でもないと思います。この著者の作品は、ストーリーよりも登場人物たちの掛け合いや振る舞いのほうが面白いので、そうした雰囲気が好きな人には合っていますが、話が一番重要とする人にはあまり合わないと思います。日常系、ではありませんが日常系のようなそんな感覚です。

冒頭から新たな人物が登場しますが、その人物ももちろん平凡な人間ではありません。女子たちと比べてどちらが異常なのか、が見どころです。

ところで、表紙もそうなのですが飛び散った液体の表現がカクカクなのが気になります。何か固いものが壊れたようで、違和感があります。そういう効果を狙っているのでしたら成功ですが、そうでないならもう少しそれらしく表現してほしいですね。



[ 2015/07/30 22:02 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)