2015年07月30日(木)

野崎まど劇場 



著者:野崎まど, 森井しづき
発売日: 2012/11/9

評価〔B〕 評価不能でもいいかも。
キーワード:短編集、実験的、

「この第3局、やはり一番衝撃的だったのは伊月九段の初手でしょうか」(第60期 王座戦五番勝負 第3局より抜粋)


短編がこれでもかというほど収録されているライトノベルです。表紙折り返しに「著者・野崎まどの謎センスが電撃文庫で大暴れ」とあり、まさにそのとおりなので、他に適当な言葉が見当たりません。書き下ろしや没ネタも全部ひっくるめて24編、全体的にコミカルです。

ちょっと読んでみて分かるのは、非常に実験的な本であることです。図や記号をふんだんに使用し、漫画のような印象すら受けるものもあります。「魔王」や「ラーメン戦争」は、文章で説明することを放棄していて清々しいくらいです。非常に新しい小説の形だと評価する人がいれば、適当や悪ふざけととらえる方もいるでしょう。大抵のことは許される土壌のライトノベルだからこそ、出版できた短編集ではないでしょうか。

また、パロディとして書かれた作品が多いです。いえ、全部そうなのかも知れませんが、僕には分かりませんでした。雑誌風、テレビ中継風、映画風と様々ですが、特に印象に残ったのは「王妃 マリー・レクザンスカ」です。シェイクスピアの戯曲を読んだことがあれば、それとすぐ気がつくでしょう。最初の台詞、卑劣で厚顔な雌馬!に笑ってしまいました。言いそう。

ちょっとした思いつきを話にしたものが多いのですが、最後の短編は他の長編作品に雰囲気が似ているので、興味を持った方は他の作品も試してみてはいかがでしょうか。面白いですよ。


スポンサーサイト
[ 2015/07/30 22:23 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年07月30日(木)

危ノーマル系女子 2 



著者:真田ジューイチ
発売日: 2014/2/12

評価〔B+〕 1巻とはガラッと変わって。
キーワード:アブノーマル、学園、現代

「何処の誰か知らないが、邪魔などされて堪るか。」(本文より抜粋)


強烈な個性が次々に出てきて驚かせてくれた1巻とはガラッと雰囲気を変え、サスペンスになります。

女子たちがそれぞれの特徴を活かし、シンヤに協力するのが見ていて面白いです。ちょっとした会話が上手いので、見ていて飽きません。一方、物語として面白いのか?と聞かれれば、1巻よりは良いですが、斬新でも奇抜でもないと思います。この著者の作品は、ストーリーよりも登場人物たちの掛け合いや振る舞いのほうが面白いので、そうした雰囲気が好きな人には合っていますが、話が一番重要とする人にはあまり合わないと思います。日常系、ではありませんが日常系のようなそんな感覚です。

冒頭から新たな人物が登場しますが、その人物ももちろん平凡な人間ではありません。女子たちと比べてどちらが異常なのか、が見どころです。

ところで、表紙もそうなのですが飛び散った液体の表現がカクカクなのが気になります。何か固いものが壊れたようで、違和感があります。そういう効果を狙っているのでしたら成功ですが、そうでないならもう少しそれらしく表現してほしいですね。



[ 2015/07/30 22:02 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年07月25日(土)

ヴァルプルギスの後悔〈Fire4.〉 



著者:上遠野 浩平
発売日: 2011/12/10

評価〔B〕 魔女の影響は・・・・・・。
キーワード:ブギーポップ外伝、シリアス、超能力、現代、

「どう思うも何もあるまいよ――統和機構がひっくり返りつつある、それだけが確かなことだ」(本文より抜粋)


続けてヴァルプルギスの後悔、最終巻です。口絵を見て、〈Fire2.〉の感想でも書いたと思いますが、登場人物たちがどんどん幼くなっていると感じました。挿絵がなかなか安定しないですね・・・・・・。

魔女がその力を発揮し、統和機構も大きく変わろうとしています。そのあたりは本編でより詳しく語られることでしょう。それにしても、凪のがすごかったです。なんかまだ秘密が隠されていたと言われても驚かないくらい、人間離れした活躍でした。そして、話が壮大です。魔女はたちは統和機構ですら相手にならず、人知を超えた存在なので、当然といえば当然なのですが壮大過ぎてうまく想像できません。

また、凪の少女時代、性格を決めるエピソードが読めたのは良かったです。懐かしいあの人も登場します。あの人、あんな性格だったっけ? その本は何回も読んだのですが、結構忘れてしまうものですね。

結末は予想していたよりは変化があって良かったと思います。でも、もう少し分かりやすい説明が欲しかったです。凄そうなんだけど、いまいちピンとこない、というのが正直なところです。著者が意図してあのような表現にした可能性が高そう。



[ 2015/07/25 21:30 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年07月25日(土)

ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉 



著者:上遠野 浩平
発売日: 2010/8/10

評価〔B-〕 魔女が力を発揮し始めます。
キーワード:シリアス、超能力、現代、

「敵はアルケスティスの手先か? それとも統和機構の方か?」(P67より抜粋)


長い間続きを読まずに放置していたのですが、ブギーポップが読みたくなったので、まだ途中だった本シリーズから再開することにしました。本当に久しぶりです。〈Fire2〉を読んだのが3年以上前ですので、当然ほとんど覚えいていなくて、1冊目から順に再読しました。

アルケスティスが優勢となり、ようやく動き出した感じです。二人の魔女、魔女と凪、統和機構の有力者たち同士、など様々な関係が今までとは変わり始めています。本編だと末端の最前線ばかりですが、統和機構の幹部たちの動きが見られるのが興味深いですね。凪の出番は少なく、魔女たちの力の大きさが目立ちました。

初登場の某は、著者の他のシリーズと重なる「奇蹟使い」が深く関係していて、あたらめてブギーポップ本編ではないことを実感しました。著者の作品はずっと繋がっているんだよね。他のシリーズも読み返してみようかな。

しかしこれ、大暴れしたけれど最終的に何も変わらず元通り、となりそうだけど・・・・・・大丈夫でしょうか。次の巻で何らかの変化がある結末になるのを期待しています。




[ 2015/07/25 21:11 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年07月22日(水)

迷いアルパカ拾いました 



著者:似鳥 鶏
発売日: 2014/7/10

評価〔C+〕 派手すぎず、どこかのんびりした雰囲気。
キーワード:動物園、飼育員、

自分のロッカーからコートを引っぱりだしポケットに携帯電話を入れ飛び出す。迷子のアルパカ。迷いアルパカ。何だそれは。(本文より抜粋)


動物園は普段お目にかかれない生き物を見物できる、非日常の楽しい場所です。しかし、働いている人にとってはあれだけの種類と数の生き物を世話をしなければならない、かなり大変な職場だと思います。よく分かりませんが、酪農家よりも大変なのでしょうか。そんな人たちが1匹のアルパカに出会ったことから、ある出来事に巻き込まれます。似鳥鶏の動物園ミステリーシリーズ、第3弾です。

「え、第3弾?」と思ったのは、家で手に取ってからでした。この著者の作品を読んでみたいなと思い、ネットで本書の書評をちょっと見てからすぐ注文したので、シリーズものとは知りませんでした。知っていれば1冊目から読んだのに。でも、この本から読んでも違和感なく読むことができます。

重厚なというよりは読みやすく親しみやすい雰囲気の文章です。主人公が周囲の人より特徴がないので、周囲の人たちが目立ちます。動物園が舞台なので動物に関する記述が多く、内情も垣間見えるのが興味深いです。結構重い事件のはずなのに、軽く感じるのは文章のおかげでしょうか。読後感も良いです。

しかし、どうもインパクトに欠ける感じがします。事件の進展が遅いせいなのか、文章がのんびりしているせいかのか、あまり強く印象に残りませんでした。自分でもうまく表現できませんが、少し物足りない気がしました。もしかしたら、動物に強い興味を持っていないのが原因かも。やはり、1冊目の『午後からはワニ日和』から読まなかったのが良くなかったのでしょうか。1冊目を読むかは、保留ということで。



[ 2015/07/22 22:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年07月22日(水)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 6 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2007/2/6

評価〔B〕 前半戦は終了。後半へ。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「それこそおまえたちも、敵の討ち甲斐があるというものではないか?」(本文より抜粋)


江戸を出発した加藤明成一行と、それを追う十兵衛たち。奥州街道編です。

一か所に留まって戦うのとは異なり、味方も敵もわかれて移動するので、誰が誰に出会うか分かりません。全員が達人である敵に比べ、十兵衛側は心もとないところが緊張感があって良いですね。敵が減ったとはいえ、まだまだ彼らの方が不利なのですから。

道中、十兵衛たちにちょっとしたいざこざが起きます。あの集団の特徴から、あのようなこと起きないのかな?と思っていたのですが、ここにきて発生してしまいました。十兵衛も剣以外は普通の人ということでしょうか。微笑ましい感じもします。

ここまで読んでの全体的な感想ですが、バジリスクのほうが面白いと思います。物語の方向性が違うので単純に比べることはできませんが、バジリスクのほうが派手で印象深いです。儚いのが好きでないなら、Y十Mのほうが良いかもしれません。これは好みの問題なのかな? Y十Mも終盤に向け、舞台が整いました。どのような結末を迎えるのか。新たな人物も登場したことですし、バジリスクに負けないくらいの出来になってほしいですね。



[ 2015/07/22 21:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年07月13日(月)

扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫) 



著者:石持 浅海
発売日: 2008/2/8

評価〔A-〕 発覚する前の応酬が盛り上がります。
キーワード:ミステリ、倒叙、

新山はまだ眠っていると思われている。誰も怪しんではいない。第一ピリオドは、波乱なく過ぎた。伏見の思惑どおりに事態は進行している。(本文より抜粋)


倒叙ものと呼ばれる分野をご存知でしょうか。ミステリ・推理ものなのですが、通常のものは違って犯人が分かっていて、犯人の視点で物語が進んでいくことが多い形式のことです。本書もその倒叙ものです。同窓会で七人の男女がペンションに集まり、そこで殺人が起きます。2006年度「このミステリーがすごい!」第二位。

誰が犯人か?どのように犯行を行ったか?という楽しみ方はできませんが、犯行がばれてしまわないかという緊迫感が楽しめます。そして、状況を怪しまれないようにするための心理戦が盛り上がります。探偵役の某人物は論理的で強敵です。自分が犯行を知らないと仮定して、皆を自分の有利な状況に矛盾なく説得していくのは難しいので、どう切り抜けていくのかドキドキしながら読みました。

動機が納得できない、いまいち説得力に欠けるとした書評を見ました。確かに腑に落ちないかもしれませんが、現実でも小説でも何がきっかけで感情を爆発させてしまうかは、他人には分かりづらいと思うので、あまり気にしていません。動機に現実味がないと駄目な方は、本書は向いていないかもしれません。また、トリックについても斬新ではないので、トリック重視の人もちょっと・・・・・・。本書は駆け引きが好きな人向きだと思います。

犯行が発覚してからうまく言い逃れる展開ではないので、結構新鮮でした。まさに題名どおり。探偵役として犯人を当てるのではなく、たまには犯人側から事件を見るのも面白いと思いますよ。



ネタばれ↓
[ 2015/07/13 22:26 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年07月13日(月)

イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか 



著者:宮田 律
発売日: 2013/9/14

評価〔B〕 日本とアラブ、イスラムの関係を考える。
キーワード:イスラム、アラブ、イスラム教、外交、対日感情、

イスラムの人々が日本人を評価するのは、彼らが理想とするような心意気や感情を日本人が備えていると見ているからである。(第1章より抜粋)


ネットで中東のテレビ番組が日本のことを褒めている知り、視聴したことがあります。確か公園でゴミを落とした人が、自分のゴミを拾って持ち帰る場面を見て、素晴らしいと賞賛していましたと記憶しています。本書の題名を見て、ちょうどそのことを思い出しました。ちなみに、この番組のことは第1章に書かれていました。最近外国を紹介する番組が多いですが、日本人にとってイスラム、アラブ世界はまだまだ未知の部分が多いと思います。彼らの対日感情はどのようなものか、過去の日本との関係はどのようなものだったのか、を分かりやすく論じています。

序盤は日本を褒めてばかりでよくある日本礼賛の書かと思ったのですが、対日感情を歴史から考察し、具体的な宗教観や文化を紹介し、逆に日本の外交を論じたりと、予想より幅広く書かれていました。興味深かったのは、後半のイスラム教の細かい概念の説明です。イスラムの寛容性や「イスラムの家」「戦争の家」という価値観、ジハードの起源と意味などは具体的でかなり分かりやすいと感じました。

また、ページ数は少ないですが、中東各国の日本への要望・注文が書かれた章があったのが良かったと思います。経済的援助を望んでいるなど抽象的な単語ではなく、なるべく生の声を伝えようとしている姿勢が好感が持てます。そういえば、日本でも観光の分野では対応しはじめていて、イスラム教の戒律を守って作られるハラール料理を用意している場所が増えてきているそうです。ゆっくりでもいいから相互理解が進むと良いですね。



[ 2015/07/13 21:51 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年07月11日(土)

ナナマルサンバツ 7 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2013/12/27

評価〔B+〕 どんどん強敵やライバルが増えていく
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「本日は麻ヶ丘例会にご参加いただきありがとうございました」(本文より抜粋)


色々な面白さを見せてくれた例会も、この巻で終わりをむかえます。終盤ではライバル対決が盛り上がりました。勝ち上がるにつれレベルはあがりますが、序盤のころの皆が楽しく真剣にクイズに挑む姿がこの例会の見どころだったのではないでしょうか。

中盤、井上が主役の話があります。越山とはまったく性格が違うだけに新鮮でした。見開きで歌詞が書かれている箇所がありますが、実際にあの歌を聴きながら読んだら、もっと感慨深くなりそうです。

次の目標も笹島の口から出て、新たなスタートを切ろうとした矢先に、ある出来事が起きます。この出来事はもっともっと先になるだろうと思っていただけに、結構意外でした。最後のクイズの行方がどうなるのか注目です。

巻末クイズは易しめだったけど37点でした。けっこううろ覚えのものが多かったです。次回もがんばります。



[ 2015/07/11 22:39 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年07月11日(土)

危ノーマル系女子 1 



著者:真田ジューイチ
発売日: 2013/1/10

評価〔B+〕 人物紹介だけでも面白いです。
キーワード:アブノーマル、学園、現代

俺は知っている。“女”ってヤツがロクなものじゃないと・・・。(本文より抜粋)


「アブノーマルな女の子」「異常な女子生徒」という単語を聞いて、どのような人物を想像するでしょうか。今、あなたが頭の中に浮かんだ人物像は、おそらくこの漫画の中で登場すると思います。

著者の真田ジューイチは、以前はカトウハルアキ名義で漫画を描いていました。なぜペンネームを変えたのでしょうか。心機一転?

高校生のシイナシンヤの周りにいる女子は、異常な女の子ばかりです。彼と彼女たちの日常が描かれているのですが、今のところ目標というか目的のようなものは見当たらず、日常系のような漫画です。しかし、出てくる人物が皆アブノーマルなので、日常系にあるゆったりとした雰囲気はまるでありません。次から次へと多種多様な女子が出てきて驚きました。ひとりひとりが他の漫画だったら主人公に成り得る個性の強さです。大盤振る舞い。一見、ハーレムもののように見えますが、シンヤは彼女たちに振り回されず逆に冷静なところを見ると、一番異常なのは彼なのか?と思わなくもないです。ちなみに一番アブノーマル度が低いのは夢路、ではなく僕は夜子だと思います。

それにしても、やはりこの著者の描く漫画はテンポが良く面白いです。ヒャッコのように中途半端にならないでほしいです。


[ 2015/07/11 22:35 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年07月05日(日)

明日の幸せを科学する 



著者:ダニエル・ギルバート (著)
    熊谷淳子 (翻訳)
発売日: 2013/12/11

評価〔A〕 想像力とうまく付き合う方法。
キーワード:未来、想像力、心理学、幸せ、

あなたのあやまちは、よく考えずに、想像したものを事実の正確な反映であるかのように扱ったことだ。(第3部より抜粋)


こうしたら楽しい、こうなったら幸せな気分になるだろうと思って予定を立てたのに、実際に行動を起こす時になってみると、どうも想像していたほど満足感を得らなかったことは多々あると思います。自分も周囲の人も知らないことに挑戦するなら、失敗しても納得がいきますが、自分の好みや要望に合わせて動いても失敗することがあるのはなぜでしょうか。

本書の著者はハーバード大学の人気教授で、社会心理学が専門です。そうした未来を想像する時に何が起きて、どのような利点や欠点があるのか考察しています。はじめにに書いてあるように、幸せがテーマではなく自己の未来予測の仕組みがテーマです。「幸せはいつもちょっと先にある」を改題文庫化したものです。

翻訳のせいか著者が回りくどい説明の仕方が好きなせいか分かりませんが、冗長な例や説明が目立ちました。例がないよりはあったほうが理解の助けになりますが、場合によっては論点が何なのか分かりづらくなっていると感じました。テンポよく読むのが難しいのが欠点です。

しかし、そうした欠点があっても面白かったと思うくらい興味深い本です。幸せと思うのはどのような時か、他人と幸福度を比べるのか可能かから始まり、想像力の3つの欠点、そして解決策が述べられています。未来のことを想像するのに、現在の状況や心境に縛られてしまうのは意外でした。うつ病患者の明日の気分予想の例が非常に説得力があり、感心してしまいました。また、防衛機制の合理化は知識として知ってはいましたが、具体例を見てみると深く理解できていなかったことが分かります。同じような選択肢でも、合理化によって見方をゆがめられ、結果として感情や気分も変化してくるのを予想するのは難しそうです。

解決策に関しては、評価が分かれそうですね。AさんとBさんのどちらと旅行に行くか等の私的なことには使えませんが、解説を読むとそれなりに有益そうです。まずは、先のことを想像する時は、注意して細部までしっかり想像してみることを心がけていこうと思います。



[ 2015/07/05 12:08 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年07月05日(日)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 5 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日:2006/10/6

評価〔B+〕 前半戦は終了。後半へ。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「これは天樹院様に御注進いたさねば!!」(本文より抜粋)


十兵衛の強さと格好良さばかりが目立つシリーズですが、本書では残された女性たちも意地と覚悟を見せてくれます。彼女たちの行動力に十兵衛も感心してしまうのが、どこか微笑ましい感じがします。

相手の本拠地での出来事だったので、一気に決着がついてしまうのではと思っていたのですが、予想よりも派手な展開にはなりませんでした。しかし、追い詰められた七本槍の一人が覚悟を決め、逆に堀の女性たちを追います。この戦闘で活躍した某は、敵ながら立派でした。和尚も褒めていたしね。

加藤明成の帰郷により、舞台は江戸から会津へと変わることになりそうです。道中は敵味方とも一か所にまとまらず幾つかの小集団に分かれるので、到着するまでにまた一波乱ありそうでです。



[ 2015/07/05 11:06 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年07月05日(日)

2015年6月の読書メモ 

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 1〔B〕
ナナマルサンバツ 6〔B+〕
Fランクの暴君 2 ―天才の華麗なる暴虐―〔B+〕
裁判官の爆笑お言葉集〔B〕
ダーウィンズゲーム 3〔B〕

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 2〔B〕
アスペルガー症候群〔B〕
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 3〔B〕
ダーウィンズゲーム 4〔B-〕
知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ〔B+〕

くまみこ 3〔B〕
Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 4〔B〕


以上、12冊でした。こうして見てみると漫画、それもY十Mばかり読んでいた一か月だったようです。来月も読みますので、しばらくは漫画が多くなると思います。積読の漫画がまだ何冊かありますので。

それにしても、評価がBだけというのは珍しい。よく言えば、安定して外れなしといったところでしょうか。来月はAが出ることを期待。



[ 2015/07/05 11:00 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)