2015年06月30日(火)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 4 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2006/8/4

評価〔B〕 十兵衛も無敵ではありません。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「きゃつらの悪行を終わらせる、たったひとつの細工をやるためじゃ」(本文より抜粋)


七本槍の策を罠と知りつつ、十兵衛たちは反撃を試みます。

今までの復讐は十兵衛が後ろにいるという安心感がありましたが、今回は不意打ちではなく罠に飛び込む形となったので、一歩間違えば簡単に倒されてしまう緊迫感があります。敵側もようやく弱い女性たちだと見くびらなくなり始めたので、今後は復讐を果たすのは難しくなりそうです。

それにしても、悪者を憎らしく印象付けるのが上手いと思います。言い訳がましい描写がないのがさっぱりしていて、テンポよく話が進むのが良いです。最近の漫画は敵にもそれなりの信念や同情するところがありますから、こういうのは逆に新鮮かも。また、重厚な絵柄と見せ場で見開きを使うタイミングが良く、勢いと迫力を感じます。

加藤屋敷での悪行はどのような結末をむかえるのか、次の巻も楽しみです。



スポンサーサイト
[ 2015/06/30 21:56 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月30日(火)

くまみこ 3 



著者:吉元 ますめ
発売日:2014/12/22

評価〔B〕 まち、よしお、ひびきのバランスは良いのだろうか。
キーワード:田舎、神道、現代

「――というわけでだな、その料理のウデを・・・村のために活かさないか」(本文より抜粋)


単発かと思いきや、しまむらでのお買い物の話が続いていて驚きました。ひびきも当然のように登場し、本書でも活躍(?)します。

今回は、今回もか?、よしおの村おこしが中心となっています。彼は純粋に単純に村のためを思い、まちをアルバイト、社会科見学だからと説得します。田舎の村おこしがどういうものか、あまり良く知りませんが、よしおのアイディアは間違っていない・・・と信じたい。行動力があって素晴らしいです。まちにとっては災難かもしれませんけど。

風呂場でナツが想像する「将来のまちの恋愛図」が秀逸です。かなりの確率でああなりそうで、笑えま、いや、心配です。現実味にあふれる想像図。また、あの質問タイムで異様な雰囲気にのまれるまちの表情も、彼女の心情が伝わってきて良かったです。

本書は今までどおりゆるい笑いで楽しめましたが、ちょっと調べたところ、次の4巻の評価が良くないのが気になります。下降していくのか、5巻でまた上昇するのか。すぐに次へ行かずに、少し様子をみようかな。




[ 2015/06/30 21:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月25日(木)

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ  



著者:苅谷 剛彦
発売日:2002/5/20

評価〔B+〕 疑問ではなく問いが大切です。
キーワード:自己啓発、思考法、実用、

ちょいと問いをずらしてみることで、最初の問題を真っ正面から見ているだけでは見えてこない側面をとらえる、もうひとつの視点、すなわち、複眼が見つかるのです。(第3章より抜粋)


物事を様々な視点から見て考えることが重要なのは、皆さんご存知のとおりですが、実際に多面的に観察するのは簡単ではありません。思いこみや常識、偏見、先入観などが邪魔をしますし、どのように観察や考察していくのか、その方法が分からないことが多いのではないでしょうか。そのような考える力、ものの見方をなるべく具体的に紹介しています。本の紹介分によると、『全国3万人の大学生が選んだ日本のベストティーチャーによる思考法の真髄』だそうです。いつの何のアンケートなのか気になりますね。

著者が大学の教員のためか、社会人の仕事のためのというよりは、これから大学で学ぶための、もしくは研究者になる人向けのように感じました。読書や作文は論文を書くためには必要です。分からない原因を知識不足だと考える正解信仰の根強さには、はっとさせられました。後半の疑問から問いへと発展させる手法や、具体的に例を挙げての考察は、興味深く説得力もあります。これらの具体例は学生や研究に関してだったので、できれば社会人向けにも具体的な例をたくさん挙げてほしかったです。でも、どう使うかを考えることこそ、著者が本書を読んだ読者に考えてもらいたいことかもしれませんね。

問いをさらに細かく分けて考えることは、上手く使えば様々な場面で応用が効きそうです。特に、常識的な答えになってしまった場合は、問題解決の糸口になりそう。紹介されていた個性などある概念を表す単語を禁止語にしたり、○○化という言い方を止めたりする手法も、新しい物の見かたを発見する手がかりになるでしょう。また、批判は欠点探しをするだけではなく、考える力をつけるため代替案を出す必要がある、というのは賛成です。反対だけするのは簡単なのですから。話し合いは感情的な反対ではなく、批判、そして建設的な提案を心がけたいと思います。

本書はちょこちょこ読み進めたためか、他の本よりあまり頭の中に入っていない気がします。少々勿体なかったかな。




[ 2015/06/25 22:01 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2015年06月25日(木)

ダーウィンズゲーム 4 



著者:FLIPFLOPs
発売日:2014/7/8

評価〔B-〕 登場人物が増え、戦いも大規模になる予感。
キーワード:デスゲーム、現代、超能力

「このイベントの第一ステージはそろそろ幕引きです」(本文より抜粋)


宝探しイベント中に心強い仲間を得たカナメですが、まだまだ緊迫した状態が続きます。少し前からちらちら登場している凶悪な敵と争いになりそうです。本書はその準備期間のような感じでした。

レインの発言によって、このイベントを少し考察した場面がありますが、これが単純な宝探しゲームではなく、何か裏の意図が隠されていそうなのはちょっと意外でした。単純な超能力バトル漫画ではなさそうだとは思っていましたが。そろそろDゲームが進化と何か関わりがあるのが判明すれば、さらに盛り上がり面白くなりそうです。

目立っていませんが刑事たちも動いています。彼らが主人公たちとどのような関係になるかも、気になるところです。



[ 2015/06/25 21:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月16日(火)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 3 



著者:せがわ まさき (著), 山田 風太郎 (原著)
発売日: 2006/3/6

評価〔B〕 名乗るのが仇討ちらしくて格好良いです。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「かような修行を百年続けたとしても、七本槍の相手になどなれぬ」(本文より抜粋)


戦い慣れた相手に、素人同然の女性たちが仇討ちを挑みます。

2巻の仇討ちは用意周到に行われましたが、今回は違った状況で戦闘に入ります。毎回あの形式だったら飽きてしまうかも、と思っていただけに、この変化は嬉しいです。堀の女性たちが真っ向から戦ったら相手にならない敵でも、十兵衛の助力のためか緊迫感のある戦いとなっています。あのスピード感と大胆さは良いですね。

一方、危機感を抱いた7本槍は、ただ待ち受けるだけでなく反撃にでます。力自慢だけの集団かと思いきや、意外とそうではないところを見せます。これに対し、十兵衛と彼女たちがどのように戦っていくかが次の見どころとなりそうです。




[ 2015/06/16 18:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月16日(火)

アスペルガー症候群 



著者:岡田 尊司
発売日:2009/9/30

評価〔B〕 実直な紹介本といったところ。
キーワード:心理学、自閉症、アスペルガー、

このタイプの人にとっては、言葉を交わしてもいない相手の感情をわかることの方が、不思議に思える。(本文より抜粋)


ネットのコメント欄や掲示板などで、言葉を額面通りに受け取り裏に隠された真意が分からない人に対して、「アスペルガーなのか?」と反応する人をたまに見かけます。皮肉が通じなかったりする時、冗談が通じなかったりする時などです。今では何の前置きもなく、アスペルガーという言葉を使う人もいます。では、そもそもアスペルガー症候群とはどういった人々を指すのか、具体的にどのような特徴を持つのか。臨床医の著者が、初心者にも分かりやすいよう有名人のエピソードを交えて説明します。

特定の分野には詳しいが、他人と会話することが苦手、というイメージはあながち間違っていないことが分かりましたが、細かいところは知らないことが多く、理解の助けになりました。例えば、言葉を文字通りに受け取るのは言語能力が低いのではなく、高いけれど共感する力が弱いがために起きること。自閉症の研究から始まっただけあって、自閉症、高機能自閉症、アスペルガーは別々のものではなく、ある程度重なり合って繋がっている症状で、意外と曖昧なものなこと、です。また、パーソナリティも本書では7つに分類されていて、かっちり型にはまったものではないことが分かりました。

Amazonの書評にもありますが、少々気になったのは、アインシュタインやビル・ゲイツなど成功した天才の多くがアスペルガー症候群だったかのように書かれている点です。実際にアスペルガーの方もいたと思いますが、本書を読むとアスペルガーは天才もしくはその予備軍のように見えます。良い可能性を強調し過ぎているような・・・・・・。

とは言え、原因や特性、特性の活かし方や改善方法など、知らない人が総合的に学ぶには良い本なのではないでしょうか。次は、『境界性パーソナリティ障害』か『発達障害』の本を読もうかな。



[ 2015/06/16 18:47 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年06月12日(金)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 2 



著者:せがわ まさき (著), 山田 風太郎 (原著)
発売日: 2005/11/4

評価〔B〕 そういう作戦だったのか
キーワード:復讐、江戸時代、

「さて、いよいよ、仕掛けはあさっての夕刻じゃ。皆・・・覚悟はよいな」(本文より抜粋)


武術の達人である七本槍に、堀の女性たちは仇を討つことができるのでしょうか? 時代劇漫画の2巻です。

ついに復讐劇が始まります。いくら凄腕の先生をつけたからといっても、勝負にならないのではないかと思っていたのですが、なるほど、あの作戦が妥当といえば妥当ですね。先生も手伝ってはいますが、肝心なところは女性たちにまかせていますし。般若面がなんとも不気味で、仇討の雰囲気に合っています。

藩主・加藤明成の夢は、彼の性格がよく表れていますし、鉄斎たちが京人形を受け取る場面では、その時代らしい風習の解説があり、物語をより深いものにしていると感じました。省こうと思えば省けるのですが、こうした描写があるとないとでは、読者の印象も結構違ってきそうです。

仇討は完遂できるのか否か。期待して次も読みます。



[ 2015/06/12 18:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月12日(金)

ダーウィンズゲーム 3 



著者:FLIPFLOPs
発売日:2014/2/7

評価〔B〕 主催者が仕掛けたゲームが始まります。
キーワード:デスゲーム、現代、超能力

「私は、そうやって生き残ってきましたよ」(本文より抜粋)


突如渋谷で始まったダーウィンズゲームの宝探し。カナメは飛ばされたセントラルタワーから、どう動くのでしょうか。

今までは一対一の個人戦ばかりでしたが、今回は勝つことが目的ではない生き残りゲームです。あるプレイヤーはそのあたりをきちんと理解していて、戦わないことを選びます。勝てないから戦わないのではなく、戦略としての逃走。混乱して冷静さをかいて自滅する者はよくいますが、冷静に判断した上でそうするのは、どこか新鮮でした。こうした行動のほうが現実味があるのかもしれません。

本書で登場する異能「世界関数」が格好良い・・・・・・のですが、上手く使わないとあっという間に倒されそう。ま、この異能に限らず、効果的に使わないと長く生き残れませんが。異能って本人の性格や心に何か関係あるのでしょうか。進化の形の一つとか。

ここでじっくりこのイベントを見せようとしてか、本書は比較的進みがゆっくりです。しかし、緊張感は保っているので、面白く読めると思います。



[ 2015/06/12 18:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月07日(日)

裁判官の爆笑お言葉集 



著者:長嶺 超輝
発売日:2007/03

評価〔B〕 なかなか重い一言が多いです
キーワード:裁判所、判事、裁判傍聴、

傘の先端が尖っている必要があるのかどうか、皆さんも考えてみてください。(第6章より抜粋)


率直に言いますと爆笑という表現は合っていないと思います。裁判官の名言集が一番近い印象です。本書は、著者がライター業のかたわら裁判を傍聴し、様々な判事の言葉を集めた裁判官語録集です。

見開き2ページが一つの事件で、最初のページにお言葉が、次のページに事件の概要が書かれています。各々の事件を深く追求せず、要点だけ述べているのでテンポよく読むことができます。2ページは短いかなとも感じましたが、長く書くと裁判集になってしまいますしね。

笑える言葉が載っているのかと期待したのですが、厳粛な場所で軽い発言がされるわけもなく、当然いたって真面目な言葉が多いです。判決自体は法にしたがって下されるので、たいてい無味乾燥というイメージです。例えば「被告の行為は極めて残酷で、同情の余地はない」などニュースでも聞きますしね。しかし、判決理由の終わりに出る上記の引用のような付言・所感や、判決後のアドバイスである説諭は結構感情的であり、判事たちの優しさや厳しさ、人間らしさを感じることができて興味深かったです。

「あなたの声をもう少し聞いてから判断したかった。」「せめて今日一晩ぐらいは平穏な気持ちで、桜を楽しまれたらいかがでしょうか。」「最後の機会を与えます。」が印象深いです。興味がありましたら、本書を読んでみてください。

昔、某が最近裁判傍聴にはまっていて、すごく面白いと言っていたのを思い出しました。社会見学として見に行くのも、悪くないかもしれません。裁判や法律に詳しい人と行きたいですね。




[ 2015/06/07 22:24 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年06月07日(日)

Fランクの暴君 2 ―天才の華麗なる暴虐― 



著者:御影 瑛路
発売日:2013/10/10

評価〔B+〕 暴君の雰囲気が出てきました
キーワード:学園、現代、知恵比べ

『【七君主】が全校集会の開催を決定しました。これから緊急集会が行われます。各自、指定する場所へ集まってください』(本文より抜粋)


エリカとの勝負の後、Fランクながらも力を手に入れた藤白カンナが、さらなる権力を求めて突き進みます。

今まではそれほど力がなかったためか、野心溢れる生徒としか見えませんでしたが、今回はからはその能力と称号で段々と暴君らしくなってきました。心の声だけ聞いていると、酷い主人公です。(笑)

最大の障害物を乗り越えてしまったため、もう盛り上がるような展開にはなりづらいのでは?と危惧していたのですが、そんなことはありませんでした。見せ場ではあの人物の作戦が明かされないので、何を考えて発言しているのか推理する面白さがありました。結末だけ見ればあっさりしたものですが・・・・・・うまく騙されました。

前回ほんの少しだけ登場した高ステータスの彼は、まだまだその力を発揮していないように見えます。今後、カンナは次々と権力を奪っていくのか、また違う展開になるのか。知恵比べは好きなので、また楽しませてほしいです。




[ 2015/06/07 21:52 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年06月02日(火)

ナナマルサンバツ 6 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2013/9/4

評価〔B+〕 クイズのルールが練られていて面白い。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

条件は同じ、真っ向勝負だ。(本文より抜粋)


表紙は各学校の部長たちです。このメンバーとクイズをしたら、一問も押させてもらえなさそう。例会は3ラウンドの終盤へ。最後の一枠は誰が取ることになるのか。

色々なクイズの面白さを見せてくれましたが、この6巻でも違う面白さを見せてくれます。正解を導き出す方法が一つでないことや、出題者の意図を読むことの重要さが描かれています。特に、3ラウンド最後の問題のオチは見事だと思いました。うまい。

毎回好例の巻末クイズは、笹島が作った『つい人に出したくなる』クイズです。なるほど、答えを聞くとなんか納得してしまうそんな問題ばかりです。知っていると楽しい雑学とでも言いますか。50問中20問正解でした。やっぱり難しいです。



[ 2015/06/02 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月02日(火)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 1 



著者:せがわ まさき (著), 山田 風太郎 (原著)
発売日: 2005/11/4

評価〔B〕 まだまだ序盤ですが、雰囲気は良いです。
キーワード:復讐、江戸時代、

「必ずや女人の手によって、厳しき罰が下されようぞ」(本文より抜粋)


江戸時代初期、謀反を起こし処罰された夫や兄弟たちのため、女性たちが仇を討とうとする物語です。山田風太郎の柳生忍法帖を漫画化したものらしいです。この二人のコンビは、『バジリスク~甲賀忍法帖~』のアニメを見て知っていたので、おそらく他の作品も面白いだろうと期待して読み始めました。

バジリスクのように実力が拮抗した者同士ではなく、力の差が歴然としている集団同士が戦います。一見勝負にならなさそうなのですが、題名から連想できると思いますが、女性側には心強い味方が現れます。ただし条件つきなので、それがどう影響してくるのかが楽しみです。

絵柄は濃い感じで、悪役はいやらしく、女性たちは色っぽく描かれています。絵は好みがあるので、少し眺めてみれば分かると思います。物語の冒頭から強烈なシーンが出てくるので、血生臭いのが苦手な方にはお薦めできません。

テンポは良いと思うのですが、1巻ということでこれから、というところで終わってしまうのが残念でした。でも、今後が期待できそうです。




[ 2015/06/02 20:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年06月02日(火)

2015年5月の読書メモ 

RE-TAKE 4〔A〕
ナナマルサンバツ 5〔B+〕
99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方〔B-〕
ストレッチ 1〔B〕
爆笑!エリート中国人〔B〕

ウェブはバカと暇人のもの〔A-〕
極黒のブリュンヒルデ 12〔B-〕
パーツのぱ 6〔C〕
続ける力―仕事・勉強で成功する王道〔B〕
高畠エナガ短編集 1 Latin〔B〕

韓国人による恥韓論〔A-〕
人体 失敗の進化論〔B〕


以上、12冊でした。漫画は同人誌が1冊を含めて6冊で、それなりに読みました。新書も結構読むことができたので満足しています。小説とラノベが1冊もなかったのは意外でした。

同人誌は書こうかどうか迷ったのですが、一応記録ということで書いておきました。カテゴリもひとまず『WEB漫画・同人漫画』で。

ブログを読んでいる方には関係ないですが、FC2のマイショップ機能が今月末で終了となります。これのおかげでAmazonの書影(商品リンク)が簡単に作れたので残念です。今後はAmazonから直接タグを取得しなければならず、一手間増えるのでちょっとめんどくさいですね。




[ 2015/06/02 20:29 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)