FC2ブログ







2015年05月10日(日)

ウェブはバカと暇人のもの 




評価〔A-〕 ネット漬けの編集者から見た世界とは
キーワード:ネット、ブログ、SNS、炎上、

何のモチベーションがあってそんなことをするのかと一瞬悩んだものの、結論は「暇だからやっている」としか考えられないのである。(本文より抜粋)


はじめて表紙を見た時は、年配の地位のある方がネットは良くないと説く本なのかなと思ったのですが違いました。ネットに精通したニュースサイトの編集者が、情報発信において頭の良い人以外の、いわゆる普通の人や頭の良くない人たちがネットをどのように使っているのかを豊富な実例をもとに説明しています。

ネットで受けるのはB級ネタは結構説得力があります。実際、暇つぶしはそういう面白そうな題名のリンクをクリックしてますからね。凄いニュースでも難解なもの、例えば学術的な発明などはあまり取り上げられていない感じです。ネットは居酒屋で雑談する場と同じというたとえはかなり的確なのではないでしょうか。うわさ話が好きなのも似ています。企業のサイト担当者は、このことを考慮すればうまくいきそうですね。

目を引いたのはクレーマーとネット炎上です。自分に直接害が及んでないのに他人の変わって抗議をする人々を、著者は暇人だと断じています。犯罪行為ならばともかく、価値観の違いでは?と感じることについても大勢でしつこく批判するのは、好ましいとは思えません。相手が企業の権限のない人で、反論するのが難しい立場の人ならなおさらです。飲食店の店員に、些細なことで説教をする人を連想させます。以前、何か炎上しているブログのコメント欄をチラッと見たことがありますが、本人そっちのけで喧嘩していました。意見交換ではなく、叩くために叩いている人がいると思わざるを得ない。

また、世間で言うネットの可能性がいかに幻想であるかが語られています。ブログを書けば文筆業になれる、サイトを開けば会社の知名度が上がり売り上げものびる・・・・・・そんなことは滅多にないと主張しています。最後の章で、ネットは便利だが画期的ではないと述べているのが印象に残りました。

副題にもあるように、著者はネットを諦観していますが、youtubeで活躍するテレビに依存しないネット発の人気者(ユーチューバー)が現れたり、炎上やクレームは対処法をわきまえた有名人が増えてきたように感じます。出版当時よりも、少しずつネットに希望が持てるようになってきているんじゃないのかな。

この題名だとネット利用者はバカか暇人だと誤解されると思います。もう少し題名を考えれば、変な先入観を与えずに読者を増やすことができたのに。鋭い指摘を含んでいるだけに、その点が惜しいですね。



スポンサーサイト



[ 2015/05/10 11:07 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年05月10日(日)

爆笑!エリート中国人 




評価〔B〕 彼らの行動が見えてきます。
キーワード:中国、体験談、ビジネス、

中国人のモチベーションを上げるもの、それは目の前にニンジンをぶらさげ、ヨイショして持ち上げること。ニンジンとアメをうまく使えば、気持ちよく働いてくれるに違いありません。(本文より抜粋)


自国と距離の近い国の人々は容貌が似ているせいか、習慣や文化も近いであろうと思いこみがちです。しかし、そこはやはり外国で様々な面で常識が異なります。著者は、中国と日本の橋渡しをするような仕事をし中国人の部下とともに働く、中国に精通した人物です。彼女が肌で学んだ中国人の実態を紹介しています。

公私ともに中国人と接しているだけあり、ニュースで知るような中国人の姿よりもずっと身近な例が挙げられていてためになります。飛行機は着陸前から出口に並んだり、仕事の商談中であっても私用の電話に出たりと、自己主張の強さや欲に忠実なところが日本と違っていて興味深いです。日本の感覚からすると子供っぽく感じられる面があるのが、中国人の特徴でしょうか。一方で、女性にも男性と同じくらい出世して仕事を任されている人が多いことや、現場に責任者が来て即決できるのは良いところだと思います。

仕事での体験談が多いため、これから中国と取引したり中国で店を出す予定の人には、かなり役に立つ情報がのっています。中国の社会人はご褒美に弱く、国有企業は提携先としておすすめできず、できないこともできると主張する人がいるので注意するなどなど。大企業ならば色々安心といかないのが中国だそうですよ。

風習や文化の違う人々と接してこちらの常識が通じなかったときは、酷いとむやみに怒らずに、著者のように面白がる広い心が大切なのだと感じました。



[ 2015/05/10 11:02 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)