2015年05月29日(金)

人体 失敗の進化論 



著者:遠藤 秀紀
発売日: 2006/6/16

評価〔B〕 具体的な進化の過程が面白いです。
キーワード:進化、脊椎動物、生物、人体、動物園、

実は、このように進化の当初の“狙い”と最終的に出来上がったものの役割が異なることは、身体の歴史としては珍しい出来事ではない。むしろ、進化の常道とすらいえるのである。(本文より抜粋)


胎児は母親のおなかの中で、生物の進化の過程を辿るように成長していくという話を聞いたことがあります。なんでも原始的な魚類のような形からどんどん成長して、時間をかけて人間の姿になっていくとか。人類が突如現れた種ではなく、前の生物の形から進化を経てきたことが分かるエピソードだと感じました。本書では、解剖学の研究者が人間がどのように進化してきたか、他の生物の進化も踏まえて解説していきます。

爬虫類が鳥類に進化しました、のような大雑把な話し方ではなく、この器官はこの骨がこのように変化して作られたと細かく説明しているので分かりやすいです。耳や骨のできる過程は興味深く面白いです。しかし、想像しやすく理解しやすい反面、血や肉、骨など生々しいものが苦手な僕としては、読むのがきつい所もありました。

後半は人間の体がどのようにして出来たかが詳しく述べられています。二足歩行と大きな脳を得るかわりに、どのような不都合が出始めたのか。ある程度知っていたとは言え、色々と短所がありなんとも言えない気分になります。また、人間社会の変化と進化の関連性も触れています。「なぜ月経があるのか」の考察は新鮮でした。

終盤、解剖学者としての姿勢や大学とお金の関係、動物園のあり方について意見を述べていますが、こうした記述が多いと不満を訴える印象が強く残ってしまうのではないでしょうか。純粋に学問に取り組みたい心境は分かりますが、さらりと書いて進化と解剖の面白さを押し出したほうが良いんじゃないのかな。




スポンサーサイト
[ 2015/05/29 20:50 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2015年05月29日(金)

韓国人による恥韓論 



著者:シンシアリー
発売日: 2014/5/1

評価〔A-〕 内側から見た韓国国内の事情
キーワード:韓国、外国、対日観、日本観、

これから、私は、そんなあなたに、この国を支配している絶対的な力を紹介したいと思います。(序章より抜粋)


日本から見た韓国分析の本は数多くでていますが、これらの本では実際に韓国の人が日本をどう見ているかは分かりません。しかし、本書は生まれも育ちも韓国の著者が、韓国人の対日観の実態を教えてくれる珍しい本です。ネットで匿名で書いたブログがもととなっています。ハンドル(ネーム)なので、本当に韓国人なのかは信じるしかありませんが、見解は日本人っぽいです。でも、相当韓国に通じた人でないと書けないことがたくさんあって、韓国の内情を知るうえで大変興味深いです。

主に反日の実態が冷静に解説されています。儒教思想と法律システムの揺らぎを起源とした反日は、なかなか説得力があると感じました。社会への不満が土壌となっているようです。逆に言えば、もしその二つが強固だったなら、韓国の日本観は違ったものになっていたのでしょうか。それとも、やはり同じ日本観になったのでしょうか。それと、韓国の過去との関連も書かれています。昔、朝鮮では王に対してマンセー(万歳)と叫べなかった、は初めて知りました。上下関係には敏感だった。勉強になります。

また、4章では競争の激化や世代間の対立と反日の悪化について書かれています。自国民を酔っていると表現する気持ちも、分かるような気がします。併合の歴史もあってか、日本に対しては感情が先にきてしまうのでしょうね。こういう関係の国々は他にもありそう・・・・・・。それにしても、韓国では身内の中で身内の批判は構わないが、外国で身内の批判は売国、みたいな言葉があったような気がしますが、よくここまで書いたと思います。いや、日本のブログだから書けたのでしょう。

著者は読者に自国の反日をよく知ってもらいたい、知らなければ始まらないと説いています。きちんと相手のことを知り、話しにくいことを避けずに対処、または話し合うことが重要だと再確認しました。続編があるみたいなので、機会があれば読んでみたいですね。




[ 2015/05/29 20:46 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年05月21日(木)

高畠エナガ短編集 1 Latin 


高畠エナガ短編集 1 Latin

評価〔B〕 絵柄に独特の雰囲気あり
キーワード:SF、オカルト、短編集

その写真に写っていたのは、他ならぬラテンの姿だった。(本文より抜粋)


表題作の「Latin」をはじめとして4つの短編を記載した短編集です。

陰影に線を多用した特徴ある絵柄です。特に、頬の線は見ればすぐ分かるくらい個性があります。4つ短編がありますが、どれもコンパクトによくまとまっていると感じました。登場人物の奇抜さで興味を引くのではなく、心理描写で物語に引き込むタイプだと思います。ちょっと少女漫画チックかもしれません。

「Latin」と「Reversi」の雰囲気が良いです。話をあまり捻っていないのは、短編だからでしょうか。著者の長編漫画も興味が出てきました。



[ 2015/05/21 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年05月21日(木)

続ける力―仕事・勉強で成功する王道 


続ける力―仕事・勉強で成功する王道 (幻冬舎新書)

評価〔B〕 やる気を維持するのが大切です。
キーワード:継続、目標達成、人生論・教訓

スランプに陥りそうなときには、「部分的な問題を全体視しない」「短期的な問題を永続化しない」という二つのポイントを、ぜひ自分に言い聞かせてほしいと思います。(本文より抜粋)


当サイトも2008年1月に開始して7年半経ちました。自分の読書はどのような傾向があるのか確認したり、また既読なのに忘れていた本を思い出させてくれたりするのに、意外と役立っています。少々違うかもしれませんが、継続は力なりという言葉が合うと思います。

この続ける力は、人によってまちまちです。飽きっぽい人もいれば、何年も何十年も物事を続けられる人もいます。両者は何がちがうのでしょうか。司法試験の講師である著者が受験指導の経験を踏まえて、どうすれば続けることができるのか、そのコツを教えてくれます。

やる気を上げるよりも極端に下がらないように注意することや、スランプの時はゆったりかまえることは、努力を続けるのに役立つと思います。漠然と続けよう続けようと思っていても長続きしません。目を引いたのは、「計画が遅れたらどこかでその計画を一度リセットする」です。一度計画を立てると固執しがちなので、こういう技術も重要だと再確認しました。

斬新なことはあまり書いていないように感じました。基本だ大事だということでしょう。また、終盤は著者の半生や主義・主張についてなので、好みが分かれると思います。

自分で決めたことを続けることは比較的得意なので、何か苦手なことをするときこそ活かそうと思います。努力が苦手な方は試しに読んでみてはどうでしょうか。



[ 2015/05/21 21:11 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2015年05月15日(金)

パーツのぱ 6 




評価〔C〕 入輝が目立ってたかな。
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「コワーいお客さんから電話だったよ」(本文より抜粋)


アキバのパーツショップ漫画も6巻です。

序盤で重要そうな人物が登場します。本格的に動き出すのは次の巻以降だと思いますが、少ししか喋っていないのに、既にトラブルメーカーの匂いがします。あの人の関係者だからね。

今回はちょっとした工夫で新しい商品を生んだり、なかなか手強いお客さんが現れたりと、小さなパーツショップらしい話が目をひきました。道を聞かれるなんてよくありそう。しかし、慣れてきたせいかマンネリを感じ始めました。難しいかもしれませんが、客が知らない面をもっと見せてほしいです。



[ 2015/05/15 18:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年05月15日(金)

極黒のブリュンヒルデ 12 




評価〔B-〕 メイドに造詣が深い魔女たち
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「マジだ・・・あいつ戻ってきたのか・・・?」(本文より抜粋)


病院で起きた黒服をめぐる事件の続きからです。

事件は少しだけ変化を残して、序盤でおさまります。そして、魔女たちのアルバイトへと話は移っていくのですが、この非日常と日常の切り替えが良いですね。シリアスなだけ、もしくはギャグだけにならないのが巧いです。

12巻で新キャラが登場しますが、全体的にほんの少ししか話が進まず、今までに比べると物足りなかったです。少し残念です。だんだん落ち着いてきたのか、それとも、次の巻で大事件を起こす助走段階なのか・・・・・・。

ある人物がポツリともらした孵卵に関する発言が気になります。この一言はいったいどういった意味なのか。最後の引きもうまく、今後も楽しみです。



[ 2015/05/15 18:56 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年05月10日(日)

ウェブはバカと暇人のもの 




評価〔A-〕 ネット漬けの編集者から見た世界とは
キーワード:ネット、ブログ、SNS、炎上、

何のモチベーションがあってそんなことをするのかと一瞬悩んだものの、結論は「暇だからやっている」としか考えられないのである。(本文より抜粋)


はじめて表紙を見た時は、年配の地位のある方がネットは良くないと説く本なのかなと思ったのですが違いました。ネットに精通したニュースサイトの編集者が、情報発信において頭の良い人以外の、いわゆる普通の人や頭の良くない人たちがネットをどのように使っているのかを豊富な実例をもとに説明しています。

ネットで受けるのはB級ネタは結構説得力があります。実際、暇つぶしはそういう面白そうな題名のリンクをクリックしてますからね。凄いニュースでも難解なもの、例えば学術的な発明などはあまり取り上げられていない感じです。ネットは居酒屋で雑談する場と同じというたとえはかなり的確なのではないでしょうか。うわさ話が好きなのも似ています。企業のサイト担当者は、このことを考慮すればうまくいきそうですね。

目を引いたのはクレーマーとネット炎上です。自分に直接害が及んでないのに他人の変わって抗議をする人々を、著者は暇人だと断じています。犯罪行為ならばともかく、価値観の違いでは?と感じることについても大勢でしつこく批判するのは、好ましいとは思えません。相手が企業の権限のない人で、反論するのが難しい立場の人ならなおさらです。飲食店の店員に、些細なことで説教をする人を連想させます。以前、何か炎上しているブログのコメント欄をチラッと見たことがありますが、本人そっちのけで喧嘩していました。意見交換ではなく、叩くために叩いている人がいると思わざるを得ない。

また、世間で言うネットの可能性がいかに幻想であるかが語られています。ブログを書けば文筆業になれる、サイトを開けば会社の知名度が上がり売り上げものびる・・・・・・そんなことは滅多にないと主張しています。最後の章で、ネットは便利だが画期的ではないと述べているのが印象に残りました。

副題にもあるように、著者はネットを諦観していますが、youtubeで活躍するテレビに依存しないネット発の人気者(ユーチューバー)が現れたり、炎上やクレームは対処法をわきまえた有名人が増えてきたように感じます。出版当時よりも、少しずつネットに希望が持てるようになってきているんじゃないのかな。

この題名だとネット利用者はバカか暇人だと誤解されると思います。もう少し題名を考えれば、変な先入観を与えずに読者を増やすことができたのに。鋭い指摘を含んでいるだけに、その点が惜しいですね。



[ 2015/05/10 11:07 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年05月10日(日)

爆笑!エリート中国人 




評価〔B〕 彼らの行動が見えてきます。
キーワード:中国、体験談、ビジネス、

中国人のモチベーションを上げるもの、それは目の前にニンジンをぶらさげ、ヨイショして持ち上げること。ニンジンとアメをうまく使えば、気持ちよく働いてくれるに違いありません。(本文より抜粋)


自国と距離の近い国の人々は容貌が似ているせいか、習慣や文化も近いであろうと思いこみがちです。しかし、そこはやはり外国で様々な面で常識が異なります。著者は、中国と日本の橋渡しをするような仕事をし中国人の部下とともに働く、中国に精通した人物です。彼女が肌で学んだ中国人の実態を紹介しています。

公私ともに中国人と接しているだけあり、ニュースで知るような中国人の姿よりもずっと身近な例が挙げられていてためになります。飛行機は着陸前から出口に並んだり、仕事の商談中であっても私用の電話に出たりと、自己主張の強さや欲に忠実なところが日本と違っていて興味深いです。日本の感覚からすると子供っぽく感じられる面があるのが、中国人の特徴でしょうか。一方で、女性にも男性と同じくらい出世して仕事を任されている人が多いことや、現場に責任者が来て即決できるのは良いところだと思います。

仕事での体験談が多いため、これから中国と取引したり中国で店を出す予定の人には、かなり役に立つ情報がのっています。中国の社会人はご褒美に弱く、国有企業は提携先としておすすめできず、できないこともできると主張する人がいるので注意するなどなど。大企業ならば色々安心といかないのが中国だそうですよ。

風習や文化の違う人々と接してこちらの常識が通じなかったときは、酷いとむやみに怒らずに、著者のように面白がる広い心が大切なのだと感じました。



[ 2015/05/10 11:02 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年05月05日(火)

ストレッチ 1 



著者:アキリ
発売日: 2014/2/28

評価〔B〕 ストレッチ+女子+日常
キーワード:ストレッチ、、日常、現代、二人暮らし

「・・・・・・何してんの、お前。」(本文より抜粋)


ストレッチって運動不足の人にとって重要だと思います。いきなり動くとどこか痛めそうですし、ストレッチだけでも運動になりそうです。子供の頃は柔軟運動や準備運動なんてしなくても運動して大丈夫だよと思っていたのに。

題名のとおり、毎回ストレッチ体操をするシーンがあります。巻末の参考文献からも分かるように、意外に(といっては失礼かもしれませんが)実用的です。二人暮らしをしているOLの慧子と大学生の蘭の日常を描きつつも、合間にきちんとストレッチの解説が入っているのが特徴です。ただストレッチがメインというよりはストレッチもある日常系漫画といった感じです。

彼女たちの日常は基本的にコミカルですが、結構現実味があり、時折シリアスな面が見え隠れするので気になります。本書ではほとんど明かされないので2巻以降に期待しましょう。

すごく面白いってわけでもありませんが、気がつけば幾度となく読んでいる、そんな本です。絵も結構好みですし、4コマ漫画のように繰り返し読んでいます。



[ 2015/05/05 22:29 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年05月05日(火)

99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 




評価〔B-〕 科学も不変ではありません
キーワード:科学史、科学読み物、仮説、

われわれは、いくら白にみえる仮説でもいつグレーから黒に変わるかわからない、と肝に銘じておくべきなのです。もちろん、その逆も然りです。(第3章より抜粋)


科学が発達した現代において、科学は絶対不変の真理のように語られることがありますが、実はそのようなことはなく覆ることは珍しくないと説き、物事を柔軟な見方を気づかせてくれる科学読み物です。

著者は物理が専門なので自然科学の例ばかりですが、科学はいつも絶対正しいものではないことが分かります。天動説と地動説の対立からも分かるように、時には感覚や感情が優先され認められないことも多々あります。科学の歴史を解説していて興味深いのですが、既読の『理性の限界』をはじめとする限界シリーズや、『哲学的な何か、あと科学とか』と内容が重なっている部分が多く新鮮味は感じませんでした。本書を先に読んでいたら凄く目新しく感動したと思います。

詳しく知らなかったロボトミー手術は、当時賞賛されていた理論でも容易に覆る好例で、科学に人間が振り回された歴史として知っておいたほうがいいと思います。天動説よりも時代が近いため、より身近に感じられるのではないでしょうか。また、名前だけ知っていたホーキンス博士の実証論は今までにない概念で面白かったです。単なる宇宙論学者ではなかったのですね。

科学は変わりうるものだからひとつの仮説を絶対視せず、相対的に物事を見て判断し理解する努力をしようという著者の意見は説得力があります。物事を柔軟にとらえる心がまえは忘れないようにしたいです。




[ 2015/05/05 21:35 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2015年05月03日(日)

ナナマルサンバツ 5 




評価〔B+〕 他校の脇役たちも個性が出てます。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「冒険しなきゃあつまんないでしょ~~。ゲームなんだしさあ」(本文より抜粋)


4巻に続いて麻ヶ丘例会の2Rです。

苑原弟の明良は今まで登場したどのプレイヤーとも違うのが面白いです。知識量、反射神経以外にも武器があることが分かります。彼の流儀は型破りですが、一つの作戦として興味深いですね。

ラウンドが進むにつれ緊張感が高まってきました。真剣勝負。ようやく登場した御来屋も実力を見せます。さすがガチ勢、気合が違います。そして、ペーパークイズ1位2位以外にも強い敵がたくさんいます。そうした他校の脇役たちも個性が出始めて、だいぶ賑やかになってきました。

巻末のクイズは某が作った例会対策クイズです。50問中22問正解。クイズガチ勢じゃないのにガチ勢の某と僅差です。6巻のクイズも頑張ります。




[ 2015/05/03 18:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年05月03日(日)

RE-TAKE 4 

著者:スタジオKIMIGABUCHI
サイト:http://www.kimigabuchi.com/
発効日:2006/08/11

評価〔A〕 ようやく完結まで読めました
キーワード:SF、ロボット、新世紀エヴァンゲリオン、

「まだ、終わってません」(本文より抜粋)


いつ読んだかを記録しておきたかったので、同人誌ですが感想を書きます。

表紙を見れば分かりますが、新世紀エヴァンゲリオンの同人誌です。発行されてから何年も経ってから、ニコニコ動画のエヴァ関連の動画をみて初めて存在を知りました。その動画で、このシリーズが本編でも良いなんてコメントが残されていて、人気もあるようだったので興味を持ちました。それでときどき通販サイトをのぞいては1冊ずつ集めていたのですが、今回ようやく完結までそろえることができました。

シリーズは、旧劇場版の続きから始まり紆余曲折ありますが、この4巻でクライマックスをむかえます。絵柄が似ていてすんなり読めますし、そして何より大切なエヴァのあの暗い雰囲気がよく表現されていて、よくできていると思います。同人誌では完結しない作品も多々ある中、きちんと最後まで終わらせているところも良いです。厚めの本なので読みごたえありますよ。

注意しなければならないのは、本書が18歳未満禁止、俗にいう18禁、R18である点です。実際そういうシーンは数ページなのですが、購入する際はご注意を。でも、18歳未満の方もご心配なく。全年齢対象版が計3冊でていますのでそちらをご覧ください。僕が持っている1から4は全部R18です。

エヴァの世界をなるべく壊さず、それでいて納得するような結末を考えるのは難しかったと思います。しかし、この結末ならば納得する人も多いのではないでしょうか。テレビ放映から時間が経っていてエヴァの記憶も薄れているため評価はAですが、旧劇場版が終わったころに本シリーズを読んでいたらSをつけていたかも。



注:ネットで本書のことを調べていたら、Yahoo知恵袋に「東毅先生とstudiokimigabuchiのきみまる氏は同一人物」という書き込みを見つけました。東毅名義でサンデーで連載しているそうです。もう商業誌デビューはたしていたのですね。



[ 2015/05/03 08:55 ] WEB漫画・同人漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年05月03日(日)

2015年4月の読書メモ 

自称分析官ヴィルヘルムの迷推理〔B-〕
ヒト喰イ 4〔C〕
日本人はこれから何を買うのか?〔C〕
ナナマルサンバツ 4〔B+〕
十角館の殺人 (講談社文庫)〔B-〕

魚舟・獣舟 〔B-〕
Q.E.D.証明終了 38〔A-〕
Fランクの暴君 1 ―堕ちた天才の凱旋― 〔B〕


以上、8冊でした。漫画より活字本のほうが多いのは久しぶり・・・・・・と思ったけど、先月もそうだったので意外と漫画を読んでいないようです。友達から借りた漫画が多いから勘違いしてしまいました。こうして見返してみるとフィクションが多かったようですね。そして、全体的に評価が低めでした。

4月末に漫画を補充したので、5月は漫画が多くなりそうです。しかし、漫画は本棚の場所を取るなあ・・・・・・。



[ 2015/05/03 08:50 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)