FC2ブログ







2015年02月01日(日)

センゴク外伝 桶狭間戦記 5 完 

センゴク外伝 桶狭間戦記(5) <完> (KCデラックス ヤングマガジン)センゴク外伝 桶狭間戦記(5) <完> (KCデラックス ヤングマガジン)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2010/12/29

評価〔B+〕 これも歴史の流れなのか。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

決戦の地に“奇跡の雨”が降り出していた。(本文より抜粋)


冒頭の商人たちの思惑とは裏腹に、戦いは激戦となります。

それぞれの軍勢がどのように動いたかが分かるのも良いですが、それ以上に信長や義元の気概や考えが伝わってきたのが良かったです。前にも書きましたが、義元は今まであまり良い評価をされていないだけに、本シリーズでは才気ある人物として描かれています。決戦に挑む姿が堂々としていて格好良い。雪斎とともに非常に魅力的でした。もし雪斎がいたとしたら、戦いの成り行きもだいぶ違ったのでしょうか。

一方、信長も決死の覚悟で挑む姿は迫力があり、義元とは違う感じで目を引きます。完成された今川家と対比するように、銭の申し子で弱さを持つ者。義元は時代の流れを感じていたように見えましたが、信長はどうだったんだろう。「人間の限り業を尽くすのみ」の台詞の後の行動が、本シリーズの信長らしく、そして格好良く感慨深かったです。

戦国時代に興味がない人も読んでもらいたい漫画です。桶狭間の結果を知っていても十分楽しめると思います。




スポンサーサイト



[ 2015/02/01 22:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年02月01日(日)

慟哭 (創元推理文庫) 

慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
著者:貫井 徳郎
出版社:東京創元社
出版日:1999/03

評価〔C+〕 面白くなくはないけど・・・・・・。
キーワード:警察、新興宗教、誘拐事件、

「ただ、あなたを見れば、誰でもわかることです。あなたが救いを求めて、この教団にいらしたことも。」(P148より抜粋)


誘拐事件と新興宗教の様子を並行して描いた推理小説です。1999年初版と古めの小説ですが、ネットで推薦している人が何人かいたので読んでみました。

中盤まで派手な展開はないものの、警察内部の対立と捜査の様子は現実味がありますし、ある人物が新興宗教に興味を持つ過程も興味深いです。地味ではありますが、地に足のついたという表現が合う文章だと思います。内容も構成も、そして終盤明かされる驚くべき真相も質が高いと感じました。

しかし、面白いの?と問われたら、かなり困ります。つまらなくはないけれど、面白いとも言い難い。面白くなくもない。そんな感じです。質が低くなく盛り上がるシーンもあるのに、なぜなのでしょう。テーマが重いので爽快感がないせいか、読後感があまり良くないためか・・・・・・。読んでいるうちにトリックが半分くらい分かってしまったから、じゃないよね。

組織や家族など色々考えさせられる人間ドラマの面が強いので、そうした味のある推理小説をお望みの方にはお薦めできます。娯楽作品としては、うーん、笑いや心温まるものが読みたい人にはおそらく不向きです。



ちょっとだけネタばれ話↓
[ 2015/02/01 21:59 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年02月01日(日)

2015年1月の読書メモ 

センゴク外伝 桶狭間戦記 2〔C+〕
極黒のブリュンヒルデ 10〔B+〕
還りの会で言ってやる〔B〕
センゴク外伝 桶狭間戦記 3〔B+〕
全地球凍結〔C-〕

なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学〔A〕
サイコろまんちか 2〔B+〕
人の印象は3メートルと30秒で決まる〔C-〕
ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (講談社BOX)〔B+〕
センゴク外伝 桶狭間戦記 4〔B+〕


以上、10冊でした。半分は漫画、半分はそれ以外となりました。小説、新書、ラノベとそれなりに適度に読んでいると思います。

AもCももう少し気軽につけてみるか、ということで、評価に幅があります。Cが多くなってしまったのは、まー、好みと運の問題かな。来月はもう少し合った本が見つかると嬉しいです。



[ 2015/02/01 21:55 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)