2015年01月28日(水)

センゴク外伝 桶狭間戦記 4 

センゴク外伝 桶狭間戦記(4) (KCデラックス ヤングマガジン)センゴク外伝 桶狭間戦記(4) (KCデラックス ヤングマガジン)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2010/10/06

評価〔B+〕 桶狭間へ向けて。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

「その飢饉の先に、なにが起こるのか」(本文より抜粋)


両雄がともに力をつけ、決戦の時が近づきます。

義元が尾張へ侵攻するのは上洛するためと何かで見たのですが、本書では侵攻の理由は違います。時代の流れから、唐鏡の申し子として動いたから、どちらにせよ興味深い内容です。一方、信長は巨大な勢力を前にして苦悩するわけですが、熱田や津島などの勢力とのやり取りもしっかり描かれていて良かったと思います。どのような流れで信長が戦いに挑むかが分かるので。

今川と織田の戦いは最終巻で全て語られるのかと思っていたら、本書で前哨戦というべきものが描かれています。こうした戦いもあったんですね。緊迫した雰囲気を保ちつつ、次の最終巻へと続きます。5巻も期待しています。



スポンサーサイト
[ 2015/01/28 21:17 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年01月28日(水)

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に礼 ~賽殺し編~ (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に礼 ~賽殺し編~ (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版社:講談社
出版日:2009/03/07

評価〔B+〕 エピローグ後のお話。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

時にサイコロの目が狂い、小さな変化があることはたまにあった。でも、…こんなにも強い違和感を感じさせる世界は初めてだ。

(本文より抜粋)


ひぐらし解が完結し、昭和58年の夏に起きた出来事が語られます。

読む前は、きちんと終わったのだから余計な話は付け加えないほうが……と多少危惧していたのですが、この賽殺し編が付け加えられたことにより、より本作品が深まったように感じました。今までのように不運の運命と戦うのではなく、もっと別の重要なものと向き合います。ネタばれになるから詳しく書きませんが、予期せぬ興味深い展開で良かったです。

部活のほのぼのとした光景や銃撃戦などの派手なシーンはないので、分かりやすい面白さを求めている人には向かないかもしれません。娯楽性はありませんが、物語性はあると思います。前の巻に続いて再度の幕引きになりましたが、祭囃し編まで読んで本書を未読の方は是非読んでみてください。



ちょっとだけネタばれ話↓
[ 2015/01/28 20:52 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年01月24日(土)

人の印象は3メートルと30秒で決まる―自己演出で作るパーソナルブランド 

人の印象は3メートルと30秒で決まる―自己演出で作るパーソナルブランド (祥伝社新書 105)人の印象は3メートルと30秒で決まる―自己演出で作るパーソナルブランド (祥伝社新書 105)
著者:江木 園貴
出版社:祥伝社
出版日:2008/03/26

評価〔C-〕 自己演出のための本です。
キーワード:第一印象、ファッション、エグゼクティブ、イメージ、

ほとんどの人が「相手にいかによい第一印象を与えるか」に関心があり、その重要性を感じていながら、実際の行動はあまりに無頓着です。(まえがきより抜粋)


知らない人と初めて会う時、特に仕事の場合は第一印象が大切です。第一印象は結構後まで影響し、なかなか覆らないものです。どうすれば相手に良いイメージを与えられるかを考え、上手く自分を演出する方法について紹介しています。

イメージ戦略と聞くと、ファッションや髪形など分かりやすい外見にばかり思い浮かびますが、ファッションのみならず話題、話すスピード、果ては笑い方まで細かく解説しています。トータルコーディネイトのコンサルタントをしているだけあって、豊富な知識と経験で説得力があります。目新しい項目は少なかったかな。礼儀正しく見える挨拶やお辞儀の仕方は、直ぐにでもできて効果がありそうですね。

しかし、なにかとエグゼクティブや出世、できる人、成功と書かれていると疲れてしまいます。著者の経歴を見ると、テレビのプロデューサー、アメリカ、メディア論、とあり、なんだか納得してしまいました。社会的成功を切望している人にはお薦めですが、今のところ立身出世には興味がないので、なんだか社会は厳しいと主張する就職説明会にきてしまったような心境になりました。本書を全部活用する必要のある人は、どのくらいいるのでしょうか。

本の副題と主題が逆だと思います。自分をよりよく見せる方法が主体であり、知的好奇心のほうはあくまで二の次。後者を期待して読むとなんか違うなと感じると思うので、ご注意を。



[ 2015/01/24 11:09 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年01月24日(土)

サイコろまんちか 2 

サイコろまんちか(2) (講談社コミックス)サイコろまんちか(2) (講談社コミックス)
著者:小出 もと貴
出版社:講談社
出版日:2015/01/09

評価〔B+〕 少し落ち着いてきたけど面白いです。
キーワード:心理学、コミカル、学園、

「造作もなきこと。心理学の力さえ用いれば、直ぐにでも痩せることは可能だ」(本文より抜粋)


自分の野望・欲望のため心理学研究部の成立をめざし、マッド・サイコロジス伊東は今日も暴走します。

相変わらずのくだらなさと奇抜さで楽しませてくれます。ゲラゲラ笑ってしまうことはないのですが、なんか笑ってしまいます。面白い。ただのギャグではなく心理学を紹介しているため、話を作るのは難しそうなのですが、効果的に使って単調にならないようにしているのが上手いです。

多胡(たご)さんと己斐(こい)ちゃんの回はどちらも友情の物語ですが、どちらもこの漫画の良さやらしさが出ていてお気に入りです。後者のほうは、実際にあってもおかしくないと思います。また、描き下ろしのおまけ漫画も巻末にありますので、マンガボックスを読んでいる方も楽しめます。

ひとつ気になる点がありまして、時々「!?」の文字だけのコマが出てくることです。見れば分かるしわずらわしく感じるので、わざわざ書かないほうが良いと思うのですが……。演出の好みの問題。





[ 2015/01/24 10:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年01月16日(金)

なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ新書juice) 

なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ新書juice)なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ新書juice)
著者:パコ アンダーヒル
出版社:早川書房
出版日:2009/09

評価〔A〕 現場に行こう。
キーワード:買い物、消費者、現場、ショッピングモール、

このような経営評価の手法は、ビジネススクールでは教えてくれない。利潤差額や投資収益や通貨供給量などとは無関係だからだ。店の四方の壁のなかで何が起こっているかがすべてなのだ。(第2章より抜粋)


ショッピングの科学では、商品を買うことのみならず、お客さんが店に入ってから出るまで何をしたのかを全て調べて分析します。全てです。買う買わないはもちろん、値札を見たかどうか、試着したかどうか、誰と来たか、果てはどのくらい滞在したかなど全て記録するというのですから凄いですよね。そんなショッピングの科学の第一人者である著者が、買い物についてあれこれ語った世界的ベストセラーです。

現場で知り得た多くの情報が書かれています。消費者としては当たり前に感じることも、売り手としてはきちんと観察しないと気づかないことも多いのです。例えば、トイレが汚いからあの店に行かない、欲しいものが棚の一番下にあって取りづらいから買わないなど、実際に客として入ると分かることが、店側の人間には意外と気がつかないものです。ちなみに後者の「物がとりづらい」は年配の方の意見です。とにかく観察経験が豊富なので、非常に説得力があり肯けるものが多いです。

印象に残ったのは、お客は店に入る時は入ることしか考えていないので、掲示板や壁紙はほとんど見ていないこと、です。なるほど、確かにそうかもしれないと納得してしまいました。また、商品自身の魅力ではなく、隣に何を置くかで売れ行きが違ってくるマーチャンダイジングの手法も興味深かったです。買い物の主役である女性のみならず、男性、子供、老人にも注目しているのも良いですね。この章の最後、清涼飲料メーカーの例もなかなか面白かったです。

アメリカの小売業を中心に語られていますが、著者の会社は世界展開していて、様々な国々のショッピングや商品、サービスについても紹介しています。アメリカ人なのにアメリカのショッピングがナンバー1と言わないのは、実地調査の経験の豊富さからなのだと感じました。

興味深い内容なのは良いのですが、とにかく本が厚いです。450ページを超えます。なかなか読み終わらないなぁと、途中で何度もページ数を確認してしまいました。2冊にうまく分けることはできなかったのでしょうか。そうすれば、より効率良く(もしくは楽に)読むことができたと思うのですが。個人的な回想やインターネットに対する批評など、本筋から外れたような話もありましたが、内容の濃い有益な本でした。




[ 2015/01/16 20:25 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年01月16日(金)

全地球凍結 

全地球凍結 (集英社新書)全地球凍結 (集英社新書)
著者:川上 紳一
出版社:集英社
出版日:2003/09

評価〔C-〕 数億年前に何が起きたのか?
キーワード:地質学、地球科学、先カンブリア時代、

すなわち、長い間謎とされた氷河堆積物とそれを覆う縞状炭酸塩岩の奇妙な組み合わせは、「全球凍結仮説」では合理的に説明がつけられるのです。(本文より抜粋)


かつて氷河期と呼ばれる時代があり、一部の地域が氷に閉ざされていたことは多くの人が知っています。では、氷が一部だけでなく地球全体をすっぽり覆ってしまう時代があったとしたら、どう思いますか? 大陸移動説(プレートテクトニクス)に匹敵するかもしれない大胆な全球凍結仮説(スノーボール・アース仮説)について、専門家が詳しく解説しています。

著者もこの研究に携わっているようで、参加者ならではの報告を読むことができ、地質学・地球科学の最先端はこのようなことをしているのかと知ることができます。仮説の裏付けを取るために、世界各地で丹念に地層を調べていくのは非常に根気のいる作業で、こうした人々の努力によって学問が進歩していると思うと頭が下がります。それと、地層や化学分析なども写真やグラフを添えて丁寧に説明しています。グラフは分かりやすいですよね。また、仮説によっていくつかの謎に合理的な説明がつくので注目されていますが、対立する仮説の話も面白いです。

しかし、仮説をいかに実証するかに大部分が割かれていて、凍結した時に何が起きていたのか、凍結前後の生命の動きなどは少ししか書かれていません。どのような環境だったのかを詳しく知りたかったので、かなり残念でした。学者なのでまずは実証に力を入れるのは当然だと思いますが、新書なのでもう少し具体的に当時の様子が想像できるような記述も欲しかったです。

地質学・地球科学に興味を持っている人が読むには十分面白いと思います。



[ 2015/01/16 20:21 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2015年01月07日(水)

センゴク外伝 桶狭間戦記 3 

センゴク外伝 桶狭間戦記(3) (KCデラックス ヤングマガジン)センゴク外伝 桶狭間戦記(3) (KCデラックス ヤングマガジン)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2010/06/04

評価〔B+〕 尾張の内情と権力争いです。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

「いつかは義元を超える才と見込んだのです……」(本文より抜粋)


信長は弾正忠家を継ぎ、ついに歴史の表舞台へと現れます。

彼がはじめから尾張一国を治めていたわけではないと知っていましたが、ここまで熾烈な権力争いが行われていたとは知りませんでした。下剋上の世と呼ぶにふさわしい成り行きです。尾張以外でもこのような状態だったのでしょうか。時と同じくして今川家の二人も動き出し、物語は熱を帯びてきます。平手中務の事件では、あの人物の才を見せつけられ驚きました。近くにこんな人物がいたら怖いですね。

義元の尾張進行への発端となる三国同盟も見どころです。雪斎が織田と戦う道を選んだ理由が、実に彼らしくて良かったです。しかし、この人、桶狭間の戦いの主役でもないのに1巻から存在感があって、格好良くて気に入っています。

前置きの部分のほぼ終わり、そろそろ対決の時が近づいてきました。どのように描いてくれるのか楽しみです。




[ 2015/01/07 21:51 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年01月07日(水)

還りの会で言ってやる 

還りの会で言ってやる (メディアワークス文庫)還りの会で言ってやる (メディアワークス文庫)
著者:八重野 統摩
出版社:アスキーメディアワークス
出版日:2012/06/23

評価〔B〕 テーマの割りに明るい雰囲気。
キーワード:青春、学園、いじめ、

「だからこそ、俺がこのちびっこをダメ人間から真人間に更生してやろうってわけだ。実に面白そうだろう?」(本文より抜粋)


いじめがテーマの小説、と書くと、さぞかし重くて読むのもつらそうに感じるかもしれませんが、題材のわりには雰囲気も読後感も良い青春小説もしくは青春ミステリ小説です。

野球部に所属する男子生徒・沖永創吾は、幼なじみの柚舞がいじめを受けているのを知り、でも何も行動を起こせないことに思い悩んでいるのですが、突然謎の人物が登場していじめを解決すべく皆で奔走します。いじめを扱っているにも関わらず、どこかしらコミカルな雰囲気になっているのは、著者のユーモアもしくは文章力のおかげでしょうか。軽いのではなく、悲壮感が弱められている感じ。

途中、事件が起きて推理小説のようになるのですが、謎よりも心理描写に力が入っていたと感じたので、本書は青春小説だと思います。それに、いじめと共にあるもう一つのテーマのほうが重要ですしね。どんでん返しや構成の巧みさではなく、高校生たちの心情や人間関係を上手く見せるタイプの小説でした。



ちょっとしたネタばれ話↓
[ 2015/01/07 21:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年01月02日(金)

極黒のブリュンヒルデ 10 (ヤングジャンプコミックス) 

極黒のブリュンヒルデ 10 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 10 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2014/07/18

評価〔B+〕 これで大きな区切り。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「いや、まだ可能性はある」(本文より抜粋)


アニメでは中途半端になってしまったヴァルキュリアとの対決です。

望みが絶たれたヴァルキュリアは全て破壊しようとするのですが、そこはすんなりいかず、事態が二転三転しハラハラする展開となっています。中盤で急にまるで違うバトル漫画のようになったのは驚きましたが、珍しく派手なシーンもあり、今までのように村上の頭脳のみに頼りきりでなかったのが良かったです。個人的には「願いを叶えてあげた」あの人物が格好良かった。そしてなんか違和感が凄い。(笑)

また、読者が多分忘れているあの場面の真相も、ここにきて明かされます。盛り上がっている時に、突然伏線を回収するところが心憎いですよね。こうした工夫によってスピード感があるように感じるのかも。

ヴァルキュリア編もほぼ終わり、大きな区切りがつきました。次はどのような話になるのか楽しみです。



[ 2015/01/02 18:39 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年01月02日(金)

センゴク外伝 桶狭間戦記 2 

センゴク外伝 桶狭間戦記(2) (KCデラックス ヤングマガジン)センゴク外伝 桶狭間戦記(2) (KCデラックス ヤングマガジン)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2009/03/06

評価〔C+〕 今度は織田家側からです。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

「好かん、“わろ”と呼べ」(本文より抜粋)


織田信長の幼少期から表舞台に出るまでを、経済の面に注目しながら描いています。今川義元や太原雪斎が活躍していた頃と同じ時期に、尾張では何が起きていたのかが明らかになります。

1巻では今川家の統治方法を説明していたのに対し、本書では戦国時代の経済と尾張の支配状況を解説しています。武力と借用書が密接な関係にあるのは興味深いです。契約書や通貨は後ろ盾があってこそだから当然なのですが、軍事力によって保証されているのはあまりピンとこないです。内戦や隣国と戦争の多い国はこの感覚が分かるのだと思います。なんにせよ商人はしたたかですよね。また、信長の個人的な恋愛についても触れています。信長はうつけと呼ばれていた、と大まかにしか知らなかったので、なかなか新鮮でした。

しかし、1巻に比べるとどうも少し落ちる気がします。作品の質はあまり変わらないのですが、題材が経済・金融とそれほど興味のない分野だったことと、1巻の義元と雪斎がかなり魅力的だったのが原因だと思います。このあたりは好みの問題なので、気に入る人もたくさんいることでしょう。

あと3冊あるので、直接対決はもうしばらく後になりそうです。じっくり読んでいくつもりです。



[ 2015/01/02 18:06 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年01月02日(金)

2014年12月の読書メモ 

あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

12月のまとめは年別まとめの前に入れることが多かったのですが、今年は年が明けてからですって調べてみたら、昨年も同じことをしていました。忘れっぽいです。

人間はどこまで耐えられるのか〔A〕
ウワガキ 4 (完)〔B+〕
ヒト喰イ 3〔B+〕
折れない心を育てる 自画自賛力 〔C+〕
つかぬことをうかがいますが…―科学者も思わず苦笑した102の質問〔B-〕

誘爆発作 4〔B〕
赤村崎葵子の分析はデタラメ〔A-〕
パーツのぱ 5〔B〕
頼子のために (講談社文庫)〔A-〕
俺の棒銀と女王の穴熊 4〔B〕

君は淫らな僕の女王〔B+〕
センゴク外伝桶狭間戦記 1〔B+〕


以上、12冊でした。バランスよく読んだつもりだったのですが、漫画が6冊と半分を占めています。小説が1冊しか読んでいなかったとは。

Aが多いかな~と思ったのですが、改めて見ると順当かな。最後に読んだ桶狭間の1巻もA-で良かったかもしれませんね。なんにせよ、今年も評価が良い本のほうが多くなると良いですね。



[ 2015/01/02 17:55 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)